おすすめ推理小説 サスペンス一覧(作家別) 恋愛小説

桜木紫乃おすすめ作品8選をご紹介~最上級の人間ドラマを描く~

人間の悲哀を描く、桜木紫乃氏のおすすめ作品8選をご紹介させていただきます。

高校卒業後、裁判所でタイピストとして働いていましたが、結婚を機に24歳で退職して、専業主婦となります。

夫の転勤に伴い、北海道各地に住み、27歳で長男を出産し、続いて二人目の長女出産直後から小説を書き始めます。

そして2007年に「水平線」という作品で作家デビューを果たします。

その後も各文学賞の候補に挙がり、ついに、2013年「ホテルローヤル」という作品で第149回の直木賞を受賞します。

スポンサーリンク

桜木紫乃おすすめ作品8選をご紹介~最上級の人間ドラマを描く~

作風としては、ほとんどの作品が北海道を舞台にしていて、性愛文学の代表的作家として、人間の本能的行為としての悲哀を描いています。

熱狂的なゴールデンボンバーのファンとしても知られていて、ラジオ番組で、鬼龍院翔との初対面も果たしています。

また、金澤伊代名義で詩人としても活動していて、詩集も刊行しています。

そんな桜木紫乃氏のおすすめ作品8選をご紹介いたしますので、お楽しみください。

『ラブレス』

昭和初期、北海道の開拓村で極貧の家に産まれた姉妹、壮絶な人生を歩むことになる姉の百合江と、堅実な道を歩む妹の里実の話です。

ここがポイント

多くの理不尽な出来事を乗り越えて生きた、姉妹の人生は想像を絶する過酷さが伺われます。

貧困の中に巣食う卑劣さや悲哀に満ちた展開は、読んでいて、とても辛く、苦しくなってしまいます。

傍目から見れば、不幸せに見える姉、百合江の人生ですが、百合江自身は最後のその時まで、幸せだったのではと、思っていたのです。

強い女性の生き様を感じる作品です。

¥737 (2020/09/26 09:05:19時点 Amazon調べ-詳細)

『ワン・モア』

大人の恋愛を中心に描かれた6編からなる連作短編集です。

どの話も北海道が舞台になっていて、癌で余命宣告をされた医師の鈴音と彼女に関わる人々の生きる姿が、北海道の自然を背景に静かに語られていきます。

6つの話はそれぞれ繋がっていて、ラストの表題作へ向かっていくのです。

ここがポイント

人は何のために生きているのか、生きていて、何が幸せと呼べるのか、余命を宣告された鈴音の心の揺れを通してしみじみと考えさせられます。

登場人物たちの味わい深い台詞も多く、最後に一筋の希望の光が望めるような展開の作品です。

『ホテルローヤル』

北海道東部のラブホテルを舞台に展開される、7編からなる連作短編集です。

廃業したホテルを舞台にした短編で始まり、最後はそのホテルの開業を決心する男の話で終わるという、実際とは逆の時間軸で構成されています。

登場人物も各作品で繋がっていて、ラブホテルが舞台だけに、じめじめしているのかと思いきや、人物自体に焦点を当てることで、身体の欲望よりも内心に目を向けさせているのです。

ここがポイント

慎ましく暮らす人々の心情がうまく描かれていて、昭和の寂れた風景や空気感を感じることができます。

様々な人間模様が見え隠れする作品です。

『誰もいない夜に咲く』

北海道を舞台にした女性が主人公の7編からなる短編集です。

北の大地に生きる強く逞しい女性たちの、浮き沈みのある人生模様が描かれています。

自らの下した決断に責任を取り、後悔せずに今を懸命に生きようとしている、男以上の力強さを感じてしまいます。

なのに何故、ダメな男に引っかかってしまうのかと、口惜しくなってしまいます。

もっと視野を広げて、世間を見れば、まともな男はたくさんいるのです。

ここがポイント

男性以上の女性の覚悟に、圧倒される作品です。

『蛇行する月』

6人の女性の名前がタイトルに入っている、6編からなる連作短編集です。

二十も歳が離れている年上の職人と駆け落ちした順子より、自分たちの方がまだましだと思っていた節のある、みんなであったが、順子の生き方がブレていないのが分かると、自分の方が幸せなのにと、動揺してしまうのです。

他人の不幸を見て、自分の幸せを確認するのは、現実でも無意識にやってしまっていることなのかもしれません。

6人のどの女性も所謂、絵にかいたような幸せとは縁のない人生の中、与えられた場所で、精一杯生き抜いていくしかないのです。

ここがポイント

実際、幸せは他人と比較するものではないし、幸せの価値観も人それぞれに違うのです。

その人にとっての幸せは、考え方次第だと思わせてくれる作品です。

『星々たち』

親子三代に渡る物語を人生を通して、実に見事に描いた9編からなる連作短編集です。

自由奔放でひとところに留まらない母、どこか幼稚で胸ばかり大きく人間味のない娘、そんな二人の存在すら知らない孫。

誰も気に留めない人生、死んだことも伝わらない家族、それでも生きていく意味があるのでしょうか。

ここがポイント

墜ちて流れていく女の姿態を情感を漂わせて、哀切という他ない性や業の物語として描いています。

何ともやりきれない、余情に浸ってしまう作品です。

『氷の轍 北海道警釧路方面本部刑事第一課・大門真由』

釧路の海岸で80歳の元タクシー運転手の死体が発見され、釧路署の女刑事の大門真由とベテラン刑事の片桐が、事件に挑む話です。

あまりにも孤独な老人の過去を明らかにしながら、二人の刑事は核心へと向かっていきます。

北の寂れた街で、哀しい境遇を背負い、懸命に生きる親子、刑事自身の境遇や新興宗教なども絡んでいて、一気に物語に引き込まれてしまいます。

ここがポイント

ただ生きることだけに精一杯だった人たちの価値観の違いが、重なったことにより、何とも悲しい理由が明かされるのです。

派手な展開はありませんが、胸にグッとくる作品です。

『ふたりぐらし』

夫婦とは何ぞやを綴った10編からなる連作短編集です。

映写技師の信好と看護師の紗弓、夫婦それぞれの視点が入れ替わりながら話は進んでいきます。

夫は、ほとんど仕事がなく、ヒモ状態で、今でも脚本家になる儚い夢を持ち続けているのです。

お互いの距離に気を遣い、お互いの実家にはより気を遣い、そして、二人の周りにある、いくつもの二人暮らしを見つめ、思いながらの道程。

そこにじんわり染み入る様な感動が散りばめられているのです。

ここがポイント

静かな日常に、ささやかな幸せを感じる作品です。

¥1,595 (2020/09/26 09:05:23時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

まとめ

桜木紫乃氏の作品はお楽しみいただけましたでしょうか。

まだ読んでいない作品がありましたら、是非この機会に読んでみてください。

読書の楽しみがひろがりますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-おすすめ推理小説, サスペンス一覧(作家別), 恋愛小説

© 2020 サスペンスLIFE