ご当地モノ サスペンス一覧(シチュエーション別) サスペンス一覧(作家別) サスペンス原作本

横浜限定!ミステリー好きな方におすすめする厳選5選

更新日:

日本を代表する港町、横浜。

横浜には数々の名所があります。また、ミステリーの題材としてもよく登場します。

そんな横浜を題材にしたミステリー小説をご紹介させていただきます。

江戸時代から明治時代への激動期、異国情緒漂う街で発生する様々な事件。

ミステリーの題材には絶好の街ではないでしょうか。

スポンサーリンク

横浜限定!ミステリー好きな方におすすめする厳選5選

横浜のことがもっと知りたい、そんな方にミステリーを読みながらでも、横浜のことが少しでもわかっていただけるよう、私なりに選別しました、

厳選した横浜ミステリー5選をご紹介させていただきたいと思います。

おすすめ①『横浜幻燈館』山崎洋子

人力車を引く、18歳の娘、おりん。

舞台は明治時代、横浜、洋妾風の女をを車に乗せたおりん。

おりんが巻き込まれる4つの事件の短編が集結。

関内、馬車道といった地名は今も健在。

おすすめ②『港町ヨコハマ異人館の秘密』山崎洋子

これまた、俥引き、おりんの作品。

実はおりんはミッション系女学校に通うお嬢様なのです。

夜に家業の俥家を手伝いながら、横浜の街を駆けずり回っています。

そんな彼女が目撃したのが同級生が今にも自殺しようとしているところ。

事件は思わぬ展開へ発展。

明治の横浜の様子が手に取るように解ります。

元町、山手そしてニューグランドホテルが出てきます。

おすすめ③『横浜殺人事件』内田康夫

浅見光彦シリーズ作品。

テレビ局のレポーターが殺害された。

「赤い靴」「青い眼の人形」の二つの童謡に隠された真実はいかに。

横浜の名所、外人墓地、赤い靴履いてた女の子の像、山手十番館、人形の家等、横浜ゆかりの名所が数々登場します。

名探偵、浅見光彦が事件を追って真相究明となるか。

おすすめ④『生きのびる 横浜異人街事件帖』白石一郎

時代物ミステリー、今は亡き白石一郎氏最後の作品。

幕末の横浜で罠にはめられて殺害された、仲間の犯人を追って上海へ行く、衣笠卯之助と塩田正五郎・・・。

幕末の背景がよく描写されていて、日本の夜明けが人間模様とともに表現されています。

おすすめ⑤『暗闇坂の人喰いの木』島田荘司

名探偵、御手洗潔シリーズ作品。

タイトルの「人喰いの木」はいかにも人を飲み込んでしまうような不気味な響きがあります。

樹齢二千年の大楠を中心に事件は展開してきます。

実際に横浜市西区にある暗闇坂、夜、歩くのが怖くなります。飲み込まれそうで。

スポンサーリンク

まとめ

時代物中心のミステリー5選をご紹介させていただきました。

幕末から文明開化、明治、まさに日本が長い鎖国から移り変わる転換期を題材にした作品です。

横浜というとちょっとかっこいいイメージがありますが様々な人間模様が交錯する街ということも考えさせられました。

浜っ子の歴史は奥が深いですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-ご当地モノ, サスペンス一覧(シチュエーション別), サスペンス一覧(作家別), サスペンス原作本

Copyright© サスペンスLIFE , 2019 All Rights Reserved.