サスペンス一覧(作家別) サスペンス原作本

警察関連ミステリーおすすめ5作品のご紹介

警察官に関連したミステリーはたくさんあります。

その中の刑事を題材にした、作品を集めてみました。

犯人を追い詰めるまで決して諦めない、様々な困難に立ち向かいながらも事件に挑んでいく。

執念と努力で警察の底力を発揮しながら、人間模様にも複雑にからんでいく。

日本の警察機構の内部も垣間見ることができると思います。

スポンサーリンク

警察関連ミステリーおすすめ5作品のご紹介

ミステリー小説の殺人事件が絡む作品には必ずといっていいほど、警察官が登場します。

優しい警察官、目が鋭く見るからに刑事かヤクザか分からないくらいの刑事等様々です。

そして犯人逮捕時に手錠をかける、スカットする場面です。

しかしそんな警察官の中にも悪人の警察官が潜んでいる可能性があります。

警察官(刑事)をテーマにしたおすすめミステリー5作品をご紹介させていただきます。

おすすめ①『あなたのための誘拐』知念実希人

自分自身の失敗で警察官の職を追われた元刑事。

そして4年後以前と同じような誘拐事件が発生する。

しかも犯人からの要求は失職した元刑事を身代金引渡し役に指名した。

手に汗握る展開の中、衝撃の結末が待ち受けている。

おすすめ②『警官の紋章』佐々木譲

警察の不祥事をクローズアップした作品。

父である警察官が事故で亡くなった真相を探る為、警察官となった息子が再び父の死の真相を突き止めるべく動く。

北海道洞爺湖で開かれるサミットが手がかりか・・・。真相は究明されるのか。

おすすめ③『第三の時効』横山秀夫

6篇の作品からなる短編集の中の1作品。

殺人を犯し逃亡し続ける犯人、武内、時効成立まで15年。

台湾に逃亡していた7日間を含めて15年と7日間。

そしてそれも過ぎ時効が成立したかのように思える。

しかし犯人、武内を待ち受けていたものは・・・。

おすすめ④『刑事のまなざし』薬丸岳

7篇の作品からなる短編集の中の1作品。

娘が襲われ植物人間にされてしまった、父親、夏目。

犯人を追うために現在の仕事を辞して刑事の道へ歩むこととなる。

娘を襲った犯人を目撃していた同級生がその犯人を脅し始める。

殺すしかないと思い始めていた矢先、その恐喝者も殺されてしまう。

夏目刑事はどうやって事件の真髄に迫っていくのか。

おすすめ⑤『後悔と真実の色』貫井徳郎

警視庁捜査一課の刑事、西條が挑む作品。

殺人後、被害者の人差し指を切り取るといった猟奇的な犯行。

警察を嘲笑う「指収集家」と名乗る犯人に西條は近づけるのか。

追い詰められた西條、警察に内通者がいるかもしれない・・・。

スポンサーリンク

まとめ

世の中で発生するいろいろな事件、何らかの形で警察が関与します。

上記5作品は主に刑事に視点をあてて紹介させていただきました。

一味違った警察ミステリーをお楽しみいただけると思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-サスペンス一覧(作家別), サスペンス原作本

Copyright© サスペンスLIFE , 2019 All Rights Reserved.