おすすめ推理小説 サスペンス一覧(作家別)

【特撰】国内作家が描くハードボイルド小説人気の12選をご紹介

1920年代のアメリカで一躍人気の出たハードボイルド小説、日本国内でも第二次世界大戦後に外国のものが翻訳紹介されて人気が沸騰します。

そんな人気のハードボイルド小説、国内で人気の12選をご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

【特撰】国内作家が描くハードボイルド小説人気の12選をご紹介

ハードボイルドってよく聞くけど、どういう意味なのか。

「カッコイイ男のこと?」「シブイ男のこと?」間違いではないと思います。

人それぞれ色々と捉え方は有ります。

色々と調査した結果、

・困難にあっても決して諦めず
・ひとのことを思いやる気持ちを忘れず
・やることはキッチリやる男

管理人の独自の調査の結果、このような結論に達しました。

前置きが長くなりましたが、そんな男たちが活躍するハードボイルド小説、人気の12選をご紹介させていただきます。

①『狐狼の血』柚月裕子

ここがポイント

破天荒な刑事がヤクザ絡みの事件を追っていく作品です。

女性作家とは思えないほどの筆致で迫力満点との呼び声が高く、読み始めると途中で抜け出せない読者が続出です。

深作欣二監督の映画「仁義なき戦い」を彷彿するような描写に浸れます。

②『ジョーカー・ゲーム』柳広司

ここがポイント

秘密裏に設立されたスパイ養成学校の精鋭達が諜報戦を繰り広げる作品です。

アニメ化もされている短編集であり、大日本帝国陸軍の思想とか内情もよくわかります。

第30回吉川英治文学新人賞、第62回日本推理作家協会賞を受賞しています。

続編を読みたくなるような作品であることは間違いないです。

③『連鎖』真保裕一

ここがポイント

食品Gメンの主人公が汚染食品の横流しの真相究明をしていく作品です。

単なる社会問題の提起のみで終わることなく、ミステリーとしての落としどころも周到に用意されています。

第37回江戸川乱歩賞、受賞作品であり、二転三転する展開には驚くこと間違いありません。

④『そして夜は甦る』原尞

私立探偵、沢崎シリーズ第1作目の作品で、デビュー作となります。

巨匠、レイモンド・チャンドラー氏の影響をかなり受けていて、テンポの良いスピーディな展開に引き込まれます。

ここがポイント

読み終えた後の達成感は半端ないです。

⑤『マイク・ハマーへ伝言』矢作俊彦

ここがポイント

死んだ友人の無念を晴らすために警察組織へ挑戦する、元不良少年達が活躍する作品です。

文体にスピード感があり、古き良きヨコハマを彷彿させてくれます。

終盤でのカーチェイス・シーンの迫力は、あたかも現場で見ているかのごとく圧巻です。

⑥『疫病神』黒川博行

関西が舞台で二人の主人公が欲望と暴力が渦巻く世界に立ち向かっていく作品です。

小気味よいスピード感のある関西弁に圧倒されるのはもちろんのこと、最高のコンビネーションに感服です。

ここがポイント

休むことなく一気読みしてしまうくらい面白い作品です。

⑦『消し屋A』ヒキタクニオ

ここがポイント

プロの殺し屋(消し屋)が殺しではない難しい依頼を引き受ける作品です。

殺し屋の凶気な面とすこぶる冷静な面との対比がすごいと評判であり、読み始めたら、途中で止めることができなくなるくらい面白さが増していきます。

シビレるという言葉が主人公にピッタリ当てはまります。

⑧『砂のクロニクル』船戸与一

イラン・イラク戦争後のクルド人が自らの国家を作るために武装蜂起を計画する作品です。

民族対立という難しい問題に取り組みながらも、決して主題からは外れることなく、男たちのカッコ良さを描いています。

ここがポイント

著者の最高傑作と言われている作品であり、第5回山本周五郎賞を受賞しています。

⑨『雪蛍』大沢在昌

失踪した娘を探して欲しいという依頼を受けた主人公である探偵、佐久間公シリーズ作品です。

決して交わらないふたつの話が同時進行していきますがどちらも飽きることなく楽しめます。

ここがポイント

大澤氏曰く「探偵とは生き様である」ということがわかる、人間の心を丁寧に描いた作品です。

⑩『半端者(はんぱもん)』東直己

ここがポイント

飲み友達を殺された探偵が犯人を探すといった作品です。

よくある警察組織の腐敗、暴力団の横暴に立ち向かう話なのですが、話の流れ、会話の面白さに思わず引き込まれてしまいます。

シリーズの中では一番との呼び声も高く、本当にスカットします。

⑪『テロリストのパラソル』藤原伊織

アル中のバーテンダーである主人公が爆弾テロ事件に巻き込まれ事件の真相に迫る作品です。

今では殆どなくなった熱い時代の大学紛争の話も出てきます。

ここがポイント

小説史上に類を見ない直木賞と江戸川乱歩賞をダブル受賞しています。

今は無き、河島英五氏の「酒と涙と男と女」という歌を思い出してしまいました。

⑫『野獣死すべし』大藪春彦

敗戦で戦地から引き上げてきた少年が父親を陥れた相手に復讐する作品です。

鋼のようなタフな肉体と強靭な精神を武器にして宿敵に立ち向かっていく姿が印象的です。

今から60年くらい前の作品ですが、色褪せることなく人気があります。

ここがポイント

日本のハードボイルドの礎を作った作品といっても過言はないです。

スポンサーリンク

まとめ

ハードボイルド小説の印象は男くさい、野蛮である、暴力的だ等と捉えがちになりますが、

決してそれだけではなく、人間的な生き方を示唆してくれるものも沢山あります。

是非この機会にご紹介させていただいた作品を読んでみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-おすすめ推理小説, サスペンス一覧(作家別)

Copyright© サスペンスLIFE , 2019 All Rights Reserved.