サスペンス一覧(シチュエーション別) サスペンス一覧(作家別) サスペンス原作本

女流作家のおすすめミステリー小説7選のご紹介

更新日:

日本にはたくさんの小説家がいます。

読書家の皆様にとりましてはお気に入りの作家の作品があると思います。

推理小説に限ってもかなりの作品があり、その作家独自の趣向を凝らしています。

読者が惹きつけられる魅力を持った作品の選別はタイトル、裏書・作者によって決定されるか、あるいは友達や知人に勧めれれてという方もみえると思います。

スポンサーリンク

女流作家のおすすめミステリー 7選のご紹介

女流作家の中にはシリーズものがあり、テレビのサスペンスで定期的に放送されているものもあります。

女性ならではの着眼点とそれに基づく構成によって、興味を抱かせるような媚薬があるかもしれません。

そんな女流ミステリー作家のおすすめ7作品を厳選してご紹介させていただこうと思います。

おすすめ①『猫は知っていた』仁木悦子

兄妹探偵が事件のトリックに挑み事件を解決に導く作品です。

今は亡き仁木女史ですが松本清張氏と共に推理小説の発展に貢献したと言っても過言はないと思います。

殺人事件の度に現れるクロネコは事件の真相を知っているのか。

第1回江戸川乱歩賞受賞作品です。

おすすめ②『血の季節』小泉喜美子

日本における吸血鬼伝説の作品となります。

ホラーがあまり好きではない方にとっては少しとっつきにくいかもしれませんが、ミステリーとして見るならば最高だと思います。

東京で40年前にあった出来事が青山墓地で発生した幼女惨殺事件にどう絡むのか。

おすすめ③『第三の女』夏樹静子

たまたま出会った男女による交換殺人の作品。

お互いの殺人は成功し、二人でフランスへ逃亡するのだが、そこに待っていたのは、、、。

なお彼女の作品には「検事 霞夕子」シリーズや「弁護士 朝吹里矢子」シリーズがあり共にテレビドラマ化されています。

おすすめ④『坂本竜馬殺人事件』山村美紗

タイトルどおり坂本龍馬に関連する殺人事件で、ミステリー界の女王呼ばれる彼女の人気作品のひとつです。

勿論、舞台は京都で龍馬の命日の11月15日に龍馬の墓前で切腹事件が起きたことから事件は展開していきます。

おすすめ⑤『屍鬼』1~5 小野不由美

全5巻からなる長編ミステリー。

秋の夜長には最高ですね。

わずか1300人しかいない村で発見される3体の腐乱死体、その後奇々怪々なことばかり。

登場人物が多いので、訳がわからなくなりそうで少しホラーぽいですが、本当に楽しめる作品です。

おすすめ⑥『未明の家 建築探偵桜井京介の事件簿』篠田真由美

建築探偵、桜井京介が活躍する作品です。

別荘で起こる事件を通常のアリバイとかトリックとかではなく別荘の構造とかの視点から解決していくという展開です。

一風変わった解決方法ですが飽きのこない作品です。

おすすめ⑦『OUT』上・下 桐野夏生

どこにでもいる平凡な主婦が事件に関わる作品です。

それぞれ自分の家庭に何かしらの問題を持った主婦たち4人がパート先の弁当工場で知り合い事件は展開していきます。

少しでも生活にゆとりを持てるようにと努力するのですが果たしてその末路はいかに。

スポンサーリンク

まとめ

新旧のミステリー女流作家の作品7編をご紹介させていただきました。

技法や捉え方はそれぞれ異なりますが、いづれの作品にも訴求したい何かを含んでいるように思えます。

その時代に沿った作品は世相に何かを訴えているようにも感じます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-サスペンス一覧(シチュエーション別), サスペンス一覧(作家別), サスペンス原作本

Copyright© サスペンスLIFE , 2019 All Rights Reserved.