サスペンス一覧(シチュエーション別) サスペンス一覧(作家別) サスペンス原作本

女流作家おすすめミステリー小説7選をご紹介

日本にはたくさんの小説家がいます。

読書好きの皆様にとりましては、お気に入りの作家や作品があると思います。

推理小説だけに限ってもかなりの作品があり、その作家独自の趣向を楽しむことができます。

読者が惹きつけられる魅力を持った作品の選別はタイトル、裏書・作者によって決定されるか、あるいは友達や知人に勧められてという方もみえると思います。

スポンサーリンク

女流作家おすすめミステリー小説7選をご紹介

女流作家の作品も大変人気があり、テレビドラマで定期的に放送されているものもあります。

女性ならではの着眼点とそれに基づく構成によって、興味を抱かせるような媚薬があるのかもしれません。

そんな女流ミステリー作家のおすすめ作品7選を、厳選してご紹介させていただきますので、お楽しみ下さい。

おすすめ①『猫は知っていた』仁木悦子

兄妹探偵が事件のトリックに挑み、事件を解決に導いていく話です。

今は亡き仁木氏ですが、松本清張氏と共に推理小説の発展に貢献したと言っても過言ではないと思います。

殺人事件の度に現れるクロネコは、果たして事件の真相を知っているのでしょうか。

ここがポイント

記念すべき第1回の江戸川乱歩賞受賞作品です。

おすすめ②『血の季節』小泉喜美子

日本における吸血鬼伝説の作品となります。

ここがポイント

ホラーがあまり好きではない方にとっては少しとっつきにくいかもしれませんが、ミステリーとして捉えるのであれば、かなり楽しむことができます。

東京で40年前にあった出来事が、青山墓地で発生した幼女惨殺事件にどのように絡んでいくのかが、見ものです。

予想外の展開から目が離せなくなります。

おすすめ③『第三の女』夏樹静子

ヨーロッパの古いホテルで偶然出会った、男女による交換殺人の話です。

停電の暗闇の中、お互いの顔も分からないまま、二人は夢か幻のような愛をかわすのです。

日本に戻り、男の殺意の標的が殺害され、交換殺人が進行中であることを男は知ります。

そうして男もあの女が、憎んでいるという人物を殺すことをたくらむのです。

ここがポイント

見事な伏線に思わず唸ってしまう、衝撃の結末が用意されています。

日本人で初めてフランス犯罪小説大賞(ロマン・アバンチュール賞)を受賞した作品です。

おすすめ④『坂本龍馬殺人事件』山村美紗

タイトルどおり坂本龍馬に関連する殺人事件であり、ミステリー界の女王呼ばれる彼女の人気作品のひとつです。

坂本龍馬の命日の11月15日に、その墓前で切腹事件が発生します。

ここがポイント

更に色々なところで事件が発生し、名探偵キャサリンが龍馬暗殺の謎と、彼を取り巻く複雑な女性関係を追いかけながら、意外な真犯人に迫っていきます。

果たして、真実は解明されるのでしょうか。

おすすめ⑤『屍鬼』一~五 小野不由美

全5巻からなる長編ミステリーです。

ここがポイント

かなりの長編ですが、一度読みだしたら、もう脱け出ることが、出来なくなってしまいます。

わずか1,300人しかいない村で発見される3体の腐乱死体に村で唯一の医者は不信感を抱くのですが、村人たちの判断で事件性はないと判断されてしまうのです。

しかし、その後も、村人が次々に死んでいき、奇々怪々なことばかりが起こってしまいます。

登場人物が多く、訳がわからなくなりそうで、少しホラー要素もあり、時間を忘れて楽しめる作品です。

¥880 (2022/05/28 00:11:30時点 Amazon調べ-詳細)
新潮社
¥737 (2022/05/28 00:11:29時点 Amazon調べ-詳細)
新潮社
¥880 (2022/05/27 03:50:08時点 Amazon調べ-詳細)

おすすめ⑥『建築探偵桜井京介の事件簿 未明の家』篠田真由美

建築探偵、桜井京介が活躍する話です。

別荘で起こる事件を通常のアリバイとかトリックとかではなく、別荘の構造とかの視点から事件を解決していくという展開になります。

ここがポイント

一軒の家に、持ち主がどのような想いを持っていたのかを解き明かしながら、現実の事件の謎も解明に導いていくのです。

一風変わった事件解決方法ですが、斬新で飽きのこない作品です。

おすすめ⑦『OUT』上・下 桐野夏生

どこにでもいる平凡な主婦が、事件に関わってしまう話です。

それぞれ自分の家庭に何かしらの問題を持った主婦たち4人が、パート先の弁当工場で知り合い、事件は展開していきます。

少しでも生活にゆとりを持てるようにと努力するのですが、果たしてその末路は、とんでもない方向へと進んでいってしまうのです。

ここがポイント

平凡な主婦が一番怖いのかもしれません。

講談社
¥734 (2022/05/27 15:41:21時点 Amazon調べ-詳細)
講談社
¥681 (2022/05/27 15:41:21時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

まとめ

新旧のミステリー女流作家の作品、7編をご紹介させていただきました。

技法や捉え方はそれぞれ異なりますが、いずれの作品にも訴求したい何かを含んでいるように思えます。

その時代に沿った作品は、世相に何かを訴えているようにも感じてしまいます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-サスペンス一覧(シチュエーション別), サスペンス一覧(作家別), サスペンス原作本

© 2022 サスペンスLIFE