サスペンス一覧(シチュエーション別) サスペンス一覧(作家別) サスペンス原作本

どんでん返しミステリー作品おすすめ10選をご紹介

当サイト厳選の終盤に大どんでん返しがある、ミステリー作品を10選ご紹介させていただきます。

たまに友達などと話をしていて、その内容に同調したり、また反対の意見を言ったりすることがあります。

終盤に「え~それって本当」等と思うこともたまにあります。

自分が思っていたものとあまりにもかけ離れた結末になると、誰もが意外だと思ってしまうんですね。

スポンサーリンク

どんでん返しミステリー作品おすすめ10選をご紹介

そんな意外な結末が用意された、ミステリー小説をご紹介させていただきます。

作品それぞれのシチュエーションは異なりますが、人気の作家の秀作を集めたものばかりです。

どうぞ、これらの作品の終盤の大どんでん返しを存分にお楽しみください。

おすすめ作品① 『十三回忌』小島 正樹

今年度最大級の「どんでん返し」と銘打った作品です。

一周忌、三回忌、七回忌、法要のたびに少女が殺されていくのです。

そして迎えた十三回忌、厳戒態勢の中、またしても事件が起きてしまうのです。

次々におきる予測不能な殺人事件、犯人の真の動機は果たして何なのでしょうか。

トリックの斬新さや大胆さが味わえる作品です。

おすすめ作品② 『仮面山荘殺人事件』東野 圭吾

さすが、東野圭吾氏、予想外の結末で終わるのです。

閉ざされた空間の山荘で起こる殺人事件、8人の男女と逃亡中の銀行強盗の駆け引きがとにかく面白く描かれています。

タイトルに成程と納得してしまう作品です。

おすすめ作品③ 『ロートレック荘事件』筒井 康隆

今までに類を見ないトリックが駆使された作品です。

ロートレックの絵がたくさん飾られている別荘で発生する殺人事件。

そしてラストにまさかと思う展開が待ち受けていたのです。

おすすめ作品④ 『悪いものが来ませんように』芦沢 央

女性向けの作品というか母親たる人に読んでいただきたい作品の一つです。

女性二人を取り巻く現状から発展していく現実、だが実際その真実は、、、。

おすすめ作品⑤ 『弁護側の証人』小泉喜美子

かなり前の古典的名作であり、言い回しなどは古めかしい表現を使っていますが、決して期待を裏切らない作品です。

冤罪を視点においていますが、果たして担当弁護士は見破ることが出来るのだろうか。

おすすめ作品⑥ 『ハサミ男』殊能将之

トリックが好きな方におすすめの作品です。

猟奇的殺人犯が、次のターゲットを狙い実行に移す前に模倣犯に殺されてしまうのです。

そんなところから作品はスタートします。

ミスリードしながら最後には大どんでん返しの結末に驚愕必至です。

おすすめ作品⑦ 『七回死んだ男』西澤保彦

高校生探偵が失敗を繰り返しながらも、事件解明に挑んでいく作品です。

タイムスリップの能力を身につけた高校生が、殺人事件回避のために活躍する作品です。

SF好きな方にはたまらなく楽しめると思います。

おすすめ作品⑧ 『慟哭』貫井徳郎

衝撃の一冊と言える作品です。

連続幼児誘拐殺人事件の捜査と、新興宗教にのめり込む男の話が交互に進んでいきます。

完璧な男、エリート刑事佐伯の末路はいかに。

救いのないラストは予想をはるかに超えています。

おすすめ作品⑨ 『殺しの双曲線』西村京太郎

トラベルミステリーの大家、西村京太郎が挑む密室殺人作品です。

アガサ・クリスティ「そして誰もいなくなった」を意識して書かれたとのことです。

双子の兄弟が引き起こすトリックを楽しみながら、果たして事件は解決にたどり着けるのでしょうか。

おすすめ作品⑩ 『そして二人だけになった』 森博嗣

全てのものがトリックに包まれている作品です。

核シェルターである、橋の支えとなるバルブという空間に選ばれた6人が入っていく話です。

シリーズものにはない面白さが溢れています。

スポンサーリンク

まとめ

サスペンス作品には有名な探偵が登場して事件を解決に導いたり、綿密に練られたトリック・謎解きがあったりして読者を楽しませてくれます。

しかしなんと言っても醍醐味は[大どんでん返し]ではないかと私は思っています。

過去に読みあさった作品からおすすめ10作品をご紹介させていただきました。

楽しんで頂ければと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-サスペンス一覧(シチュエーション別), サスペンス一覧(作家別), サスペンス原作本

© 2020 サスペンスLIFE