記事内に広告が含まれています。

おすすめ推理小説 サスペンス一覧(作家別) サスペンス原作本 ファンタジー 青春もの

我孫子武丸おすすめ小説10選をご紹介~その多才さで読者を虜に~

無限の輪

バラエティーに富んだ作品を描く、我孫子武丸氏のおすすめ作品10選をご紹介させていただきます。

我孫子氏はコミカルな作品から、重いタッチの作品まで手掛けていて、大変人気があります。

また、サウンドノベルゲームソフト「かまいたちの夜」の原作者としても知られており、小説以上とも言われる名声を得ているとのことです。

スポンサーリンク

我孫子武丸おすすめ小説10選をご紹介~その多才さで読者を虜に~

我孫子氏は1989年「8の殺人」で小説家デビューを果たし、数々のジャンルの作品を発表するだけでなく、漫画作品の原作も手掛けています。

またテレビのクイズ番組等の問題作成ブレーンとして、その多才さを発揮していた時期もありました。

そんな数多くのジャンルで活躍している、我孫子武丸氏のおすすめの作品10選をご紹介させていただきますのでお楽しみ下さい。

1、『8の殺人』

速水三兄弟シリーズの第一弾であり、我孫子氏のデビュー作となります。

8の形をした屋敷で起こる殺人事件を解決する話です。

重い事件なのにコミカルに描かれているので、ユーモアたっぷりで、とても読みやすくなっています。

ここがポイント

シンプルですが、トリックが駆使されているので、謎解きの楽しさも実感でき楽しむことが出来ます。

軽い気持ちで楽しめる作品です。

2、『0の殺人』

速水三兄弟シリーズ第二弾であり、絞られた容疑者4人から、誰が犯人かを当てる話です。

ここがポイント

序盤から読者も参加するような展開で、ストーリーは展開していきます。

個々にはどうにもつながらないような事件が、最後の最後にはつながっていく様は目が離せません。

読後感はいたって爽快になれる作品です。

3、『メビウスの殺人』

速水三兄弟シリーズ第三弾であり、ゲーム感覚で行われる猟奇的殺人に挑む話です。

推理がユーモアに溢れているので、さほど深刻にならずに読み進んでいけます。

ここがポイント

しかし、ミステリー感もおざなりにはしておらず、コメディ感も忘れていないので、かなり楽しむことができます。

続きがあってもよさそうな、最終巻の作品です。

4、『人形はこたつで推理する』

鞠小路鞠夫シリーズ第一弾であり、幼稚園の保母さんの視点から綴られている4編からなる短編集です。

内気な腹話術師の朝永嘉夫が操る人形の迷コンビが、事件を解決する話です。

登場人物のキャラクター設定と、斬新なトリックに魅入られてしまいます。

ここがポイント

重くならず安心して読める作品ばかりなので、ほのぼのとした気分に浸れます。

ユーモアたっぷりですが、本格的なミステリが味わえる作品です。

5、『探偵映画』

映画監督が撮影途中で失踪してしまう話です。

ここがポイント

作中作の「ミステリ映画」の中の犯人を作中の人物が、当てようとする異色のミステリなのです。

スピーディーなテンポと絵的な分かりやすさで、ストーリーは展開していき、映画による叙述トリックを小説で再現しています。

読者も一緒になって推理できるので、かなり楽しめてとてもウキウキしてしまいます。

小気味よい、隠れた名作です。

¥682 (2024/05/28 23:27:55時点 Amazon調べ-詳細)

6、『殺戮にいたる病』

大都会、東京の繁華街で次々に猟奇的殺人を繰り返すサイコ・キラーの話です。

加害者の視点、被害者からの視点と、切り替わりながら、ストーリーは展開していきます。

ここがポイント

それぞれの生き方や感情が交錯していく様が、臨場感タップリに描かれていて、目が離せません。

叙述トリックの傑作作品に間違いありません。

7、『腐蝕の街』

近未来の東京を舞台に、一人の刑事が死から蘇った殺人鬼を相手に活躍する話です。

SFミステリーでありながら、リアルに近いと思える展開で手に汗、握ってしまいます。

ここがポイント

設定を小出しにする我孫子氏独特のテクニックが、読む者を楽しませてくれます。

ハードボイルドチックに溢れた作品です。

¥660 (2024/05/28 22:27:04時点 Amazon調べ-詳細)

8、『まほろ市の殺人 夏-夏に散る花』

春夏秋冬ごとに、4人の作家が架空都市「まほろ市」を舞台に描く競作ミステリーです。

我孫子氏は夏を担当し、短い作品でありながらもなかなかひねりが利いていて楽しめます。

ここがポイント

我孫子氏が仕掛けた罠にはまらずに、終盤まで読み進んで、真実を見つけてください。

短いながらも、かなり楽しめる作品です。

9、『弥勒の掌』

妻を殺害され、汚職の疑いをかけられた刑事と、妻が失踪し、途方に暮れる高校教師の二人が、事件捜査に挑む話です。

事件の背後には、新興宗教の陰が見え隠れして、不穏な空気が漂い、ストーリーは展開していきます。

ここがポイント

メインのトリックにも注目ですが、細かな技巧が施されていることに、驚きを隠せません。

やはり、予想外のラストに驚愕します。

¥601 (2024/05/29 05:01:40時点 Amazon調べ-詳細)

10、『狼と兎のゲーム』

DVの父親が、息子とその友達を殺そうと執拗に追いかけていく話です。

序盤から怖すぎる展開で話は進んでいきます。

ここがポイント

子供同士の微妙な関係をとてもリアルに描いていて、その異常性に驚いてしまいます。

ラストの事実に絶句してしまいます。

スポンサーリンク

まとめ

我孫子武丸氏の作品のご紹介は、お楽しみ頂けましたでしょうか。

バラエティーにとんだ作品で、軽いタッチのものから、重くて気分が落ち込むようなものまで描く筆力は凄いの一言です。

まだ読んでいない作品がありましたら、この機会に是非読んでみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-おすすめ推理小説, サスペンス一覧(作家別), サスペンス原作本, ファンタジー, 青春もの

© 2024 サスペンスLIFE