おすすめ推理小説 サスペンス一覧(作家別) サスペンス原作本

北村薫おすすめ作品12選をご紹介~日常の謎に迫る名手~

更新日:

若手、推理小説家に多大な影響を与えた、北村薫氏の厳選した12作品をご紹介させていただきます。

北村氏は若い女性を主人公にしたミステリー等で人気がある作家のひとりです。

また、小説を書くことよりもむしろ読むことを大切に思っているとのことで、書くもバトルですが読むもまたバトルなのだそうです。

そんなわけで優れた読み手としての見識も買われていて、各文学賞の選考委員なども務めています。

スポンサーリンク

北村薫おすすめ作品12選をご紹介~日常の謎に迫る名手~

北村氏は大学卒業後、高校の国語教師をしながら覆面作家として「空飛ぶ馬」でデビューを果たします。

その後も各種文学賞を受賞し、推理作家業界の重鎮の一人として、活躍し続けています。

北村氏の作品は基本的に「日常の謎」を描くことであり、その優しく温かな世界観は読者を虜にしてしまいます。

そんな北村氏のおすすめ作品を12選ご紹介させていただきます。

1、『覆面作家は二人いる』

覆面作家シリーズの第1弾であり、大富豪令嬢の主人公(覆面作家)が、編集者と一緒に事件の謎を解いていく話です。

3編からなる中編でスラスラ読めるライト・ミステリーで、登場人物の設定がかなり面白くなっています。

コミカルな展開でユーモアのある会話もかなり楽しむことができます。

あっさりと読めるのにホッとする作品です。

2、『空飛ぶ馬』

円紫さんシリーズ第1弾で噺家である春桜亭円紫師匠と私による、6編からなる短編集で、日常的な謎を解き明かしていく話です。

知性的な文章構成で女子大生の日常に視点をあてていて、円紫師匠との掛け合いも面白いです。

一つ一つの作品が丁寧に描かれているので、読んでいて心地よくなります。

上品で気持ちが優しくなる作品です。

3、『スキップ』

17歳の女子高生がうたた寝から目覚めたら、42歳の母親になっていたという話です。

25年先にタイムスリップしてしまった主人公が前向きに生きていく姿が何とも印象的です。

残酷な運命に心が折れそうになりながらも自尊心を失わない主人公には感動します。

心をとらえて離さない作品です。

4、『ターン』

不慮の事故により毎日が繰り返す世界に陥ってしまう話です。

その世界には人の居た気配はあるのに誰もいなく、鳥の声も虫の声も聞こえない状況なのです。

そしてそんな繰り返しの毎日から150日が過ぎたあたりに運命を変える1本の電話が鳴ります。

終盤に差し掛かるころにはハラハラする展開になり、かなり楽しむことができます。

頑張れる生き方ができそうな作品です。

5、『月の砂漠をさばさばと』

童話のようなタッチで母と娘の日常を描いている12の掌編です。

親子でありながら友達のような仲良しの日常として楽しく読み進んでいけます。

母子二人の向き合い方がとても素敵で時に温かく時に切なく心に迫ってきます。

いろんなことが感じられる感性になってしまう作品です。

6、『盤上の敵』

猟銃を持った殺人犯から人質になった妻を救い出そうとする夫の話です。

思いもよらない展開に翻弄されながらもどんどん引き込まれてしまいます。

一見無関係に思われる二つの物語が一つに収束されていく手腕は流石に気持ちが昂ぶってしまいます。

北村氏にしては異色の作品で、不思議な読後感に浸れます。

7、『リセット』

戦争によって引き裂かれた愛を輪廻・転生によって時代を超えて成就に導くSFチックな話です。

序盤は戦時中の話で淡々と展開していき、終盤にかけての怒涛の筆致はお見事の一言につきます。

戦争とか事故とかが描かれていますが、ゆったりとした時の流れが感じられます。

幸せな気分になれる作品です。

8、『街の灯』

ベッキーさんシリーズ第1弾で昭和7年を舞台にした、上流階級のお嬢様と雇われ女性運転手が織りなす三つの話です。

魅力的なキャラクター設定で堅苦しくなく、昭和初期の情景が手に取るように分かります。

日常の謎は女性運転手がヒントを出して、お嬢様が謎を解いていくという流れになっています。

穏やかな時代背景と舞台にほっこりできて優しい気持ちに浸れます。

続編が読みたくなる作品です。

9、『夜の蝉』

円紫さんシリーズ第2弾であり、人間的成長をテーマにした3作が収録されています。

謎解きの楽しさは勿論のこと、日常のほんの小さな出来事に対しても事細かに描かれています。

かなり前の作品ですが全く古さを感じなく、読んでいて心地よくなります。

余韻が残る味わい深い作品です。

10、『ひとがた流し』

幼馴染である3人の親友のそれぞれの視点で描かれた日常の話です。

決して派手でもなく、劇的な展開もありませんが深みがある日常が描かれています。

お互いを理解しあい、適切な距離感を保って付き合っていくことの大切さが分かります。

人とのつながりを大切に感じる作品です。

11、『鷺と雪』

ベッキーさんシリーズの第3弾であり、昭和9年から11年までの出来事3編を収録した作品です。

勿論、ごく普通の日常に絡んだミステリーであり二人のコンビが謎を解き明かしていく展開です。

ベッキーさんの鋭い観察力と推理が冴えわたり文章が流れるように美しく感じでしまいます。

第141回直木賞受賞作品であり、見逃せない作品です。

12、『八月の六日間』

雑誌副編集長である40歳を目前にした女性が登山の魅力に目覚めた話です。

豊かで時には厳しい自然と触れ合いながら自分と向き合う様子がしっかりと描かれています。

登山という非日常の中で楽しい出会いもあれば困難もあり、そしていつもの日常に戻っていくのです。

癒される気持ちになる作品です。

スポンサーリンク

まとめ

北村氏の心にしみる作品はいかがでしたでしょうか。

まだ読んでいない作品がありましたら是非読んでみてください。

きっとあなたの心を温めてくれると思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-おすすめ推理小説, サスペンス一覧(作家別), サスペンス原作本

Copyright© サスペンスLIFE , 2019 All Rights Reserved.