おすすめ推理小説 サスペンス一覧(作家別) サスペンス原作本

堂場瞬一おすすめ作品15選をご紹介~アナザーフェイスだけじゃない~

更新日:

当サイト厳選の堂場瞬一氏の作品15選をご紹介させていただきます。

堂場氏はスポーツ小説と警察小説のジャンルで活躍している作家です。

前職が新聞記者であったので、かなりの速筆で次々に作品を発表し続けています。

本人によると、量産する理由は書きたいことがたくさんあるので、それを死ぬまでに全部書きたいとのことです。

スポンサーリンク

堂場瞬一おすすめ作品15選をご紹介~アナザーフェイスだけじゃない~

2000年に「8年」という作品で第13回小説すばる新人賞を受賞してから、破竹の勢いで作品を量産していきます。

シリーズ作品も数多く執筆しており、作品の数もデビューしてから100作品を超えています。

また、作品のアイデアは新聞記者時代に培った経験がかなり役立っているとのことです。

そんな堂場瞬一氏の厳選したおすすめの作品15選をご紹介いたします。

1、『雪虫』

鳴沢了シリーズの第1弾です。親子3代にわたっての警察官である鳴沢が、新興宗教の教祖だった老婆が殺された事件を調べていく話です。

緊迫感に包まれた展開で話は進んでいき、ページをめくる手が止まりません。

鳴沢の真直ぐさは、惚れ惚れしてしまいますが、時には折れることの大切さも学んでほしいです。

続編を期待する読者が多い作品です。

2、『破弾』

鳴沢了シリーズの第2弾です。美女刑事とコンビを組んだ鳴沢は、ホームレス障害事件を追っていくうち、過去の闇に遭遇する話です。

ストイックで生真面目で不器用な鳴沢ですが、人間として刑事としての生き方にとても心惹かれます。

人間味がタップリ味わえる作品です。

3、『久遠』上・下

鳴沢了シリーズ完結編です。鳴沢が事件の犯人と疑われ、巻き込まれていく話です。

誰の助けも得られない孤独と異様なストーリー展開に気味悪ささえ感じてしまいます。

鳴沢は本当に不器用な人間ですが、たくさんの人に愛されていたことが分かります。

ストレスなく読める感動作品です。

4、『大延長』

刑事ものと双璧を成す堂場氏のスポーツ小説です。

甲子園常連の私立高校と公立の進学校が決勝で対決する話です。

高校野球という健全なスポーツの裏に隠された闇をリアリティ感たっぷりに描いています。

また、試合展開も事細かに描かれていて、あたかも自分が球場にいるように感じでしまいます。

終盤には登場人物の高校野球にかける熱い思いが伝わってきて胸が熱くなります。

夢中になって読める作品です。

5、『消失者 アナザーフェイス4』

アナザーフェイスシリーズの第4弾で、老スリの現行犯逮捕に駆り出された主人公が、殺人事件に関与していく話です。

序盤は大企業の金を巡る事件まで発展していき、中盤以降は徐々に事件解決の糸口が見えてくる展開で、

とても目まぐるしいですが、惹きつけられます。

事件の設定がしっかりしていて、登場人物の心情も大変丁寧に描かれています。

シリーズ最高傑作と言われる作品に間違いないと思います。

6、『チーム』

箱根駅伝の「学連選抜」チームに視点をあてた、感動と激走を描いた話です。

「学連選抜」のチームのことがドラマチックに描かれていて臨場感がタップリと味わえます。

ただ走るだけのスポーツの駅伝、そこにある、チームとはいったい何なのかを考えさせられます。

ドキドキ感とワクワク感が交互に湧いてきて、箱根駅伝への思いが感動に変わります。

駅伝の面白さがさらに感じられる作品です。

7、『チームⅡ』

前作品「チーム」の7年後の物語で、かって箱根駅伝の学連選抜で走った男の話です。

天才と呼ばれたランナーの初めての挫折がリアリティ感たっぷりに描かれています。

「誰のために走るのか若い力をすりへらし」という今は亡き東京オリンピックで、マラソン銅メダルの円谷幸吉氏のことを綴った歌を思い出してしまいました。

続編を期待する読者が多いです。

8、『邪心 警視庁犯罪被害者支援課2』

シリーズ第2弾でリベンジポルノの問題から殺人事件へ発展する話です。

自分のことしか考えていない男女に起こった事件であり、微妙に共感できない節もあります。

何が正義なのか、共感も同情もできない状況でも避けては通れないようなストーリーとなっています。

真相が明らかにされる中で、浮き彫りになる人間の弱さが分かります。

組織と個人のかかわりを考えさせられる作品です。

9、『愚者の連鎖 アナザーフェイス7』

アナザーフェイスシリーズの第7弾であり、完全黙秘を続ける連続窃盗犯の男を調べることになった主人公の話です。

完全黙秘の裏側に隠れたものは何なのか、タイトルの連鎖のように様々なことがつながっていきます。

登場人物の人間描写が絶妙で臨場感がタップリと味わえます。

次作も楽しみになるシリーズです。

10、『社長室の冬』

経営不振に陥った日本の新聞社が外資系IT企業に買収されるかどうかの話です。

元新聞記者の堂場氏ならではの新聞に対する愛着が垣間見えるように思います。

様々な立場の人物の思惑や駆け引きなど飽きることなく、ストーリーは展開していきます。

メイディアの在り方、新聞の役割を考えさせてくれる作品です。

11、『身代わりの空 警視庁犯罪被害者支援課4』上・下

シリーズ第4弾で飛行機事故の犠牲者の一人から思わぬ事件に発展していく話です。

中盤に差し掛かるあたりから謎に謎が絡まっていき面白くなっていきます。

人間関係が複雑で予測のつかない展開になますが、事故の真実が丁寧に描かれていて、分かりやすくなっています。

堂場ファン必読の作品だと思います。

12、『内通者』

内部告発により企業の汚職事件を追っていた刑事がそのせいで娘の誘拐事件に巻き込まれていく話です。

いわれなき告発により自らの立場が揺らいでいく中、主人公はどう対応していくのだろうかが見ものです。

登場人物がいきいきと描かれていて、会話のリズム感がいいのでサクサクと読み進んでいけます。

家族の絆の大切さがわかる作品です。

13、『グレイ』

破格のアルバイト料につられた苦学生が事件に巻き込まれていく話です。

今では考えられないバブル前後の東京が舞台であり、自動車電話やボケットベルなどの時代を感じさせる描写もあります。

段々と変わっていく主人公の運命にハラハラ・ドキドキしてしまいます。

「グレイ」な世界にはまってしまった若者の姿が見事に描写されています。

続編を待ち望む読者の多い作品です。

14、『零れた明日ー刑事の挑戦・一之瀬拓真』

一ノ瀬拓真シリーズの第6弾です。警視庁内の他の係の尻拭いを強いられる主人公が、芸能界の闇に切り込んでいく話です。

飽きさせない設定で二転三転する事件なのですが丁寧に描いているので、安定感があります。

事件とは別に、主人公がパパになった子供の成長物語の属面もみることができます。

読んで共感できる作品です。

15、『影の守護者 警視庁犯罪被害者支援課5』

シリーズ第5弾で交番襲撃事件によって殺された警察官の息子が秘密裏にその真相に迫っていく話です。

刑事である息子は関係者であるため堂々と捜査に参加できない、そんな中、犯罪被害者支援課に要請がかかります。

事件の真相には思ったよりも根深い問題が隠されていますが、ひとつひとつのほころびをほどいていくと、事件の真相が明らかになっていきます。

警察官の倫理に問いかける作品です。

スポンサーリンク

まとめ

シリーズ物をたくさん送り出している堂場氏の作品の多さに驚きを隠せません。

どの作品も堂場氏の熱き魂の息吹が感じられ、読むのが楽しみになってしまいます。

そんな数ある作品の中から選りすぐりの15作品をご紹介させていただきました。

どうぞ楽しんでください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-おすすめ推理小説, サスペンス一覧(作家別), サスペンス原作本

Copyright© サスペンスLIFE , 2019 All Rights Reserved.