サスペンス一覧(作家別) ホラー小説

平山夢明おすすめ作品10選をご紹介~その圧倒的筆力が魅力~

更新日:

当サイトが厳選した平山夢明氏のおすすめ作品を10選ご紹介させていただきます。

「異常快楽殺人」という作品で作家デビューを果たし、ホラー小説を中心として執筆活動を続けています。

執筆に関して、「物語を作ることは野犬を捕まえるようなもの」と言っているように、理解を後回しにするような圧倒的な情報量が必要であり、読者に対してもそういう描写が必要だとのことです。

スポンサーリンク

平山夢明おすすめ作品10選をご紹介~その圧倒的筆力が魅力~

平山氏がいつも心掛けていることはありふれた話は書かないようにしていることと、読者が読む前と読んだ後で心情が変化するような作品を書きたいとのことのようです。

要するに自分の作品を読んでくれた読者の方に高揚感を与えたいとのことです。

そんな平山夢明氏のおすすめの作品を刊行順に10選ご紹介させていただきますので楽しんでください。

『異常快楽殺人』

7人のシリアルキラーを挙げ、犯行の手口から殺害後の行動まで生々しく描かれている話。

どの殺人鬼も幼少期の性的虐待が爪痕となって、そこから異常な行動に走ってしまったことがよく分かります。

もしも彼らに必要な教育や治療などを受けることができていたなら、彼らの破滅的な最後は避けられていたかもしれません。

幼少期の虐待はこれほどまでに、人間を変えてしまうものなのかが分かります。

『メルキオールの惨劇』

全身不随の老人の依頼で悲劇的で凄惨な殺人を犯した、母親のところへ行き調査する男の話。

息子を殺した母親の真相に迫りながら、残された天才兄弟の互いに裏をかく騙し合いの殺し合いに巻き込まれていく展開です。

無邪気で白痴なシーンや涎が止まらなくなるような食事のシーンが、とても魅力的であり楽しくもなります。

救いのない話なのですが、救われたような読後感になってしまいます。

『独白するユニバーサル横メルカトル』

残酷な描写が多い8編を収めた短編集。

全ての話が壮絶な世界観を持っていて、強く引き込まれてしまい、エグさより、アイデアとか文体の巧みさ、知的さの表現に惹かれてしまいます。

心理描写がうまく表現されていて、現実に起こりえることと思ってしまいそうになります。

何とも言えない余韻が残る魅力的な作品集です。

『大江戸怪談草紙 井戸端婢子』

大江戸版の超怖い話であり、いつものように強烈な人間の狂気に焦点をあてた話はない代わりに、狐や狸が人を化かす話があったり、のんびりした話で構成されています。

因果応報的な内容が多く残酷な末路の怖さよりも、もの悲しさや、やるせない行いに対する仕打ちの納得感があります。

いつの時代でもやっぱり怖いのは人間です。

『他人事』

理不尽な暴力がひたすら続く14編からなる短編集。

時折、ミステリー要素の話があるものの、理不尽な暴力、弱者と強者等繰り広げられる狂気と悪夢の世界の描写一辺倒です。

自分とは関係ないこと、まさに他人事として読まなければ悲しさに押しつぶされそうになります。

他人の不幸は蜜の味です。

『ミサイルマン』

SFやホラー等バラエティ豊かな7編からなる短編集。

鬼畜の所業が活字で表現されていますが現実離れしすぎていて、イメージが追い付いていかなくなります。

進んで悲劇を引き起こすパターンが大半ですが、大切なものを守るためにあえて巻き込まれていく話もあり、感慨に耽ってしまいます。

圧倒的なエネルギーを叩きつけられるような作品群です。

『ダイナー』

プロの殺し屋が集う会員制の定食屋ダイナーで、強制的にウエイトレスをすることになったヒロインを主軸に展開される話。

とにかくエグくてひたすらグロい表現の連続なのに、なぜか真直ぐに心を打つ物語が繰り広げられていきます。

終盤に進むにつれ、人間の心情をつぶさに描いていくような繊細なやり取りが出てきてかなり引き込まれます。

なぜか無性にハンバーガーが食べたくなります。

『或るろくでなしの死』

「死」をテーマにした7編からなる短編集。

タイトルから察しられるように、さまざまなろくでなしの末路や挙句を描いています。

悲惨、陰惨、酷薄等という言葉が浮かんでくるような本当に低俗で卑猥卑小な人間の死に方であったり、ただそれが理不尽に描かれているだけなのになぜか惹きつけられてしまいます。

不快になりますが読まずにいられない強烈さに圧倒されます。

『暗くて静かでロックな娘』

全く救いがない話が詰まった10編からなる短編集。

人間のクズであることを忘れてしまうような人もいれば、救いようのないクズも出てきます。

乱暴で悲惨で下品で半分狂っているような作品が多いですが、読みやすくなっていて楽しめます。

ジャンクフードのような味わいの作品です。

『デブを捨てに』

独特の世界観で描かれている4編からなる短編集。

何かしらの不幸を抱え、絶望と孤独に喘ぐ人たち。

ほんの僅かですが、人生の最後に光を見出す話です。

イヤミスとも異なる何ともシュールな読後感があり、人間臭さが漂ってきます。

相変わらずの劇薬のような作品です。

スポンサーリンク

まとめ

平山夢明氏の劇薬のような作品はいかがでしたでしょうか。

かなり強烈な表現もあり、初めて作品を読む方にとっては少しダメ、いや、かなりきついと思います。

しかしそれがまたクセになって手を伸ばしてしまうのです。

この機会に是非読んでみて下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-サスペンス一覧(作家別), ホラー小説

Copyright© サスペンスLIFE , 2019 All Rights Reserved.