おすすめ本 恋愛小説

三浦しをんのおすすめ12選をご紹介~巧みな文章世界に浸る~

更新日:

 

三浦しをん氏のおすすめの作品を12選ご紹介させていただきます。

三浦氏は小さい頃から本が好きだったようで気に入った作品は何度も繰り返して読んでいたそうです。

小説を書く上で心掛けていることは人の善良な部分、特に希望や明るい面を描いていきたいとのことです。

作風としては家族や、一つの仕事や物事に真剣に取り組んでいる人を描いたり、恐ろしいこと、悲しいことの側面を描いている作品も多くなっています。

スポンサーリンク

三浦しをんのおすすめ12選をご紹介~巧みな文章世界に浸る~

2000年4月に自らの就職活動の経験をもとにした「格闘する者に〇」で作家デビューを果たします。

その後は次々にヒット作を連発し、20代の若さながら「まほろ駅前多田便利軒」という作品で2006年上半期の直木賞を受賞します。

最近では彼女の功績が認められて小説各賞の選考委員も務めています。

そんな三浦しをん氏のおすすめの作品を刊行順に12選ご紹介させていただきますのでお楽しみください。

《格闘する者に〇》

就活に励む主人公の可南子と進路に悩む弟の旅人の心境の変化が巧みに描かれている話。

ここがオススメ

これから進んでいこういう社会の現実を垣間見て、理想との違いに幻滅したりする様子が面白く描かれています。

自由で好きなことをして生きているようで、家族間の微妙な空気を読み取り、芯が通っている可南子にとても共感します。

文章に軽々しさは全く感じられなくて、全ての登場人物に好感が持てます。

これがデビュー作とは脱帽です。

《私が語りはじめた彼は》

大学教授の村川融をめぐる、女、男、妻、息子それぞれの人間模様を描いた6編からなる連作短編集。

話の核には必ず村川教授が見え隠れしますがその実態がなかなか掴めなく、やきもきしてしまいます。

ここがオススメ

一人の人間の人生が本人の知らないところで、どれほどまでに他人の人生に影響を及ぼしているのかということをかなり考えさせられます。

章が進むにつれて様々な謎が絡み合い戸惑ってしまいます。

知らず知らずのうちに引き込まれてしまう妖しい魅力の作品です。

《まほろ駅前多田便利軒》

便利屋に舞い込んでくる様々な依頼をこなしていく過程の中で、主要登場人物、多田と行天の内面が見えてくる話。

舞台は東京のはずれに位置する”まほろ市″。二人の空気感がとても心地良く、まるで漫画のような掛け合いや出来事に微笑んでしまいます。

ここがオススメ

破天荒な行天の懐の深さ、地道で正統派の多田にとても引き込まれます。

じんわりと胸にしみる作品です。

《風が強く吹いている》

箱根駅伝への出場という目標に向かって竹青荘の寄せ集め集団が挑む話。

10人それぞれの葛藤や想いが胸を熱くし、思っていた以上の青春を謳歌している様子が描かれています。

ここがオススメ

個性的な面々が同じ目標に向かっていく、絆と信頼感そして、ひたむきな姿に何度も目頭が熱くなってしまいます。

年始恒例の箱根駅伝の見方が少し変わるかもしれません。

《きみはポラリス》

11作品が収録された、最強の恋愛小説短編集。

恋愛がメインの短編集ですが、ミステリーやコメディ、純文学風などなかなかバラエティに富んでいます。

切ない感情を押し出しているような表現ではありませんので比較的読みやすくなっています。

ここがオススメ

普段は気付かずにいる、何気ない日常の幸せを指示してくれるような感じで楽しめます。

《仏果を得ず》

文楽の義太夫を極めることを目指す若手大夫の奮闘を描く青春小説。

文楽の世界で義大夫の健が恋、芸を通して成長していく様が描かれています。

古典芸能の知識がなくても、とても読みやすく楽しみながら文楽の世界にどっぷりと浸れます。

ここがオススメ

若者には敬遠されがちな、古典芸能との距離を見事に縮めてくれる粋な作品です。

《光》

光あふれる美しい島の描写から始まる話、そしてそれとは真逆の人間の深い闇を描いた話です。

圧倒的な自然災害の力とその中で体験する様々な人の暴力、その体験がその後の人生にそれぞれ大きく関わっていきます。

同じ体験をしているのにその後の生き方が全く違ったものになってしまいます。

ここがオススメ

結局、人間は自分を守るためなら何でもしてしまう生き物かもしれません。

《神去なあなあ日常》

都会の青年が携帯も通じない田舎の「神去村」での山仕事体験を青年自身の目線で描いた話。

林業について、大変丁寧に取材されていて、田舎の良さと閉鎖的な環境を圧倒的な世界観で表現しています。

神去村での生活は人間として無理がなく、楽しいさまが伝わってきますし、今まで知らなかった山仕事の様子も伺えます。

ここがオススメ

幸せな気持ちになれる作品です。

《天国旅行》

心中をテーマにした7編からなる短編集。それぞれにテイストは異なりますが、ヒヤッとする話が多いように思います。

どの話の世界観も儚く美しい印象で、どんでん返しあり、温かい気持ちになる話、ユーモアがある話等かなり楽しむことができます。

ここがオススメ

心中がテーマの割には読後感は悪くなく、目の前に迫ってくるような描写に圧倒されます。

《木暮荘物語》

木暮荘に住む人々を描いた7編からなる連作短編集。独特な個性を持った人、どこにでもいそうな人、そんな人たちが集まって暮らしています。

各章の主人公それぞれが、性に悩みながら逞しく生きている様は、イヤらしさを通り過ぎ笑いに変えてしまいます。

ここがオススメ

人と関わり、悩みながらも生きていく人たちの応援歌のような作品です。

《舟を編む》

ここがオススメ

辞書つくりを巡って紡がれる人間関係と、言葉の奥ゆかしさを感じる話です。

多くの人が知りえない辞書を作り上げる過程を丁寧に描いていて、さらに随所に人間描写や恋愛描写もあり、飽きることなく読み進んでいけます。

辞書は言葉の海を渡る舟、その海を渡るにふさわしい舟を編む、つまり辞書の編集であり、それがタイトルです。

この作品の魅力はしばらく色褪せることがないと思います。

《あの家に暮らす四人の女》

4人の女性が暮らす家で起きる様々な事件やそれぞれの気持ちを描いた話。

日々の嬉しさ、悲しい感情を分け合う家族のような繋がりが何とも素敵に思ってしまいます。

ここがオススメ

序盤は和やかな気持ちでゆったりと、終盤にかけては笑ったり、涙ぐんだりと心が温かくなる話です。

爽快な読後感に浸ってしまいます。

スポンサーリンク

まとめ

圧倒的なファンが多い三浦しをん氏の作品はいかがでしたでしょうか。

巧みな文章世界に浸っていただけましたか。

まだ読んでいない作品がありましたらこの機会に是非読んでみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-おすすめ本, 恋愛小説

Copyright© サスペンスLIFE , 2019 All Rights Reserved.