おすすめ推理小説 サスペンス一覧(シチュエーション別) サスペンス一覧(作家別)

思わずハマってしまう人気のSFミステリー小説20選をご紹介

更新日:

SF(サイエンス フィクション)の面白さは、読んでみないと分かりません。

そんなおもしろさにハマるSFのミステリー小説、人気の20選をご紹介させていただきます。

・奇想天外なものが読みたい
・ありきたりではないのか
・楽しくて読みやすいものがいい

このような疑問やご意見のある方にピッタリの作品ばかりを集めてみました。

子供の頃、夢だと思っていたことが現実になったりと、科学の進歩には目覚しいものがあります。

思わず熱中してしまう作品ばかりですので、お楽しみいただけること間違いないです。

スポンサーリンク

思わずハマってしまう人気のSFミステリー小説20選をご紹介

SFミステリーとひとくちにいってもかなりの分野があり、何を読んだら、面白いのだろうかと思う方もいらっしゃると思います。

そんな方に是非おすすめしたい、人気の20選をご案内させていただきます。

①『生ける屍の死』山口雅也

アメリカを舞台にした、死者が甦るという謎の現象に視点をあてた本格SFミステリー作品です。

1988~1997年、10年間のミステリーベスト10、国内編第1位。

1988~2008年版、ベスト・オブ・ベスト、国内編第2位を獲得しています。

アメリカを舞台にした、作品ならではの死生観が巧妙に表現されています。

ラストの叙情的な余韻に、浸れること間違いないと思います。

②『多聞寺討伐』光瀬龍

時代SFミステリー11篇からなる短編集です。

舞台が江戸時代なので、一般の時代小説のように読みやすくなっています。

また、自分がタイムスリップしたかのような臨場感にも浸れます。

SFファンのみならず、時代小説ファンにも人気の作品に仕上がっています。

③『龍は眠る』宮部みゆき

主人公が出逢った超能力を持つ、二人の少年の苦悩と悲劇が描かれた作品です。

1992年第45回日本推理作家協会賞の長編部門を受賞しています。

筆者のリアリティを感じさせられる描写にハマってしまいます。

読み始めるやいなやで、物語の世界に引きずり込まれてしまうこと間違いないです。

④『蒲生邸事件』宮部みゆき

続いても宮部みゆき女史の作品です。

ホテル火災に遭遇した受験生が、二・二六事件の真っ只中へタイムスリップするというお話です。

第18回日本SF大賞を受賞しています。

歴史的史実も良く分かり、筆者特有の視点から描いた作品であり、贅沢極まりない必読の1冊です。

⑤『マリオネット症候群』乾くるみ

自分が意識しないのに身体がまるで、マリオネットのように操られていく作品です。

読みやすい文章であり、低年齢層の方でもスラスラと読めると思います。

お気軽に読むにはかなりおすすめです。

⑥『蝿男』海野十三

殆ど完全な密室で富豪が殺された。その謎と解決に挑んでいく探偵が登場する作品です。

探偵ミステリーの王道を行くような作品であり、作者お得意の科学分野を駆使しているのが分かります。

今から80年も前に執筆されたにも関わらず、時代を感じさせない名作です。

⑦『BG、あるいは死せるカイニス』石持浅海

人類全てが女性として生まれ、そのうち選ばれた人間だけが男性に変異するといった内容の作品です。

筆者の描いた独特な世界観に引き込まれる、読者が続出しています。

現代のSFファンタジーとも言えますが、不思議と違和感なく読むことができます。

⑧『七回死んだ男』西澤保彦

不思議な能力をもった主人公が、何度も死ぬ祖父の死をくい止めようとする作品です。

綿密に練られた展開や登場キャラクターの設定は、実にうまく描かれています。

ラストは予想していた展開を軽く飛び越える真相が用意されています。

⑨『星の国のアリス』田中啓文

主人公が搭乗した宇宙船の中で、発生する奇妙な殺人事件の作品です。

大変テンポのいい展開で、意外にあっさり読むことができます。

悪い後味は一切なくなる終焉には爽快感さえ味わえます。

⑩『女王の100年密室 GOD SAVE THE QUEEN』森博嗣

現在から100年先の宇宙で繰り広げられる、殺人事件を想定した作品です。

不思議な世界観が漂っていて、読み進んでいくうちに筆者の描いた世界に引き込まれていきます。

SFとミステリーがうまく融合していて楽しさが倍増します。

⑪『エッシャー宇宙の殺人』荒巻義雄

世界的だまし絵画家の第一人者のエッシャーが描いた街で起こる、殺人事件に挑む探偵の連作短編集です。

幻想的な世界とミステリーが見事に融合されています。

本格ミステリーの要素も程よく発揮されている作品であり、飽きることなく熱中できます。

⑫『クラインの壺』岡嶋二人

バーチャルゲームの世界が現実と入れ替わってしまうようなSFミステリー作品です。

序盤から終盤までを一気に読み終えてしまうほど面白さが溢れています。

30年ほど前に刊行された岡嶋二人としての最後の作品です。

現在を予測したような内容になっているのには、ただ驚くばかりです。

⑬『新世界より』貴志祐介

人間が呪力を使えるようになる1000年後の世界を舞台にした作品です。

第29回日本SF大賞を受賞しています。

読み始めはなんだろうと思いながらも読み進むにつれ、段々と引き込まれていきます。

ドキドキ感がたまらなく感じ、続編を読みたくなる人が続出です。

⑭『パラドックス13』東野圭吾

超常現象により異次元の世界に迷い込んだ、男女13人のサバイバル・ストーリー作品です。

東野圭吾氏にしては珍しくSFっぽいものなのですが、さすがに物語に引き込む展開は凄いとしか言いようがありません。

極限状態に陥いった人間の心理状態が手に取るように分かります。

⑮『ドグラマグラ』夢野久作

精神異常を利用した犯罪に巻き込まれた、記憶喪失の主人公が徐々に記憶を取り戻していくという作品です。

奇々怪々の内容で今までこのたぐいの作品を読んだことがないという人が続出してます。

日本探偵小説三大奇書の一つで、現在でもその内容の強烈さは衰えていません。

⑯『不確定世界の探偵物語』鏡明

世界に1台しかないタイムマシンで過去が変えられ、現在が変化していくという作品です。

SFとミステリーの融和が絶妙で、古き良き時代の探偵の姿が伺えます。

最後にはかなりの叙情性が湧き上がってきて、何とも言えない不思議な感覚に陥ります。

⑰『神は沈黙せず』山本弘

超常現象が世界中で発生し、ついに神が人類の前に姿を現すといった作品です。

正確な資料に裏付けされた描写で、筆者の知識の豊富さに圧倒され続けます。

結構長編ですが、そんなことが気にならない程、楽しく読めます。

⑱『未来警察殺人課』都筑道夫

短編15篇からなるSFミステリーの連作をまとめた作品です。

未来の警察をフィクショナルに描いていて、殺人願望に取り憑かれた刑事たちを描いています。

ハードボイルド色も濃く、結構レトロ感が有りますが、楽しめます。

懐かしい感じの展開に浸れる一冊です。

⑲『海を見る人』小林泰三

いろいろな世界が味わえる、7篇からなるハードSF短編集です。

どの作品も内容が充実していて違った話なので、飽きることなく読めると評判です。

SFを読んだことがない方でもスンナリ入っていける内容です。

ハードSFでありながらファンタジックな気分にも浸れます。

⑳『複製症候群』西澤保彦

突然変異でできた壁に触れるとコピー人間が出来てしまうというSFミステリー作品です。

コメディー的な要素もあり、人間の狂気と本質が描かれています。

自分と同じ人間がもうひとりいると思うだけで、なにか恐怖さえ感じます。

夢から覚めるような幕切れが爽快です。

スポンサーリンク

まとめ

想像でしかないSFの世界。そんな世界に入り込んでみるのも楽しいものです。

ご紹介させていただきました20作品は、どれも人気のあるものを選定させて頂きました。

SFの世界を垣間見て頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-おすすめ推理小説, サスペンス一覧(シチュエーション別), サスペンス一覧(作家別)

Copyright© サスペンスLIFE , 2019 All Rights Reserved.