おすすめ推理小説 サスペンス一覧(作家別)

青柳碧人おすすめ作品8選をご紹介~想像の幅を拡げて描写する~

投稿日:

当サイトが厳選した、青柳碧人氏のおすすめの作品8選をご紹介させていただきます。

大学卒業後、2009年に学習塾に勤務しながら執筆した、「浜村渚の計算ノート」という作品で、第3回講談社Birthの小説部門を受賞し小説家デビューを果たします。

また、同作品はその後、シリーズ化されて、名実ともに青柳氏の代表作となっています。

スポンサーリンク

青柳碧人おすすめ作品8選をご紹介~想像の幅を拡げて描写する~

青柳氏は小説執筆だけでなく、漫画原作も手がけていて、「浜村渚の計算ノート」は勿論のこと、「利根川りりかの実験室」や「放課後ミンコフスキー」などの作品も、世に送り出しています。

作風としましても、デビュー以後はミステリ、青春小説、SFなど幅広い分野で活躍する、若手小説家の一人です。

そんな青柳碧人氏のおすすめ作品8選をご紹介いたしますので、お楽しみください。

『浜村渚の計算ノート』

天才数学者、高木源一郎のテロ活動に対抗するため、女子中学生の浜村渚が立ち上がる話です。

数学の得意な中学生の女の子が、警察に協力して、無差別テロの殺人事件に立ち向かっていくのです。

出てくる数学の内容は結構難しいのですが、ワクワクして挑んでしまいます。

ここがポイント

数学が苦手で敬遠しがちな人でも、渚ちゃんを通してだと、なるほどという気分になり、数学の知識が身につく気分になってしまいます。

数学が苦手なあなたもハマってしまう作品です。

講談社
¥660 (2019/10/16 09:31:14時点 Amazon調べ-詳細)

『判決はCMのあとで ストロベリー・マーキュリー殺人事件』

裁判がバラエティー番組として、なんとゴールデンタイムに生中継されるようになった日本の話です。

裁判中継が娯楽となり、そこから誕生した裁判アイドルグループのCSB法廷8という女の子グループが存在するとんでもない設定です。

ここがポイント

裁判にも法律にも興味のない主人公が、裁判員に選ばれ、裁判を通じて、裁判の意味や法とか何かを考えながら成長していきます。

コメディ感がありますが、意外にもしっかりとした法廷もので、ミステリー要素も備えていて、司法とはなにかということを考えさせられる作品です。

『希土類少女』

身体からレアメタルが生成されるようになる、奇病にかかった少女たちの話です。

彼女たちはレアメタル生成症候群であり、発症すると国の管理下におかれ、施設に送られて短い一生を終えてしまうのです。

彼女たちは国にとっては無比の財産となるため、たとえ少女であっても、いざという時にも意志が尊重されないのです。

それでも現実に向き合って、願いを叶えようとする少女たちを応援したくなります。

ここがポイント

設定は斬新ですが、圧し掛かってくるような重いテーマの作品です。

講談社
¥704 (2019/10/15 10:17:37時点 Amazon調べ-詳細)

『国語・数学・理科・誘拐』

小学6年の女子の塾生が誘拐されて、犯人から脅迫メールが送られてくる話です。

犯人からの身代金の要求は何と五千円で、しかもすべて一円玉で用意し、千円ずつに分けて、五人の講師に持たせろという奇妙な要求だったのです。

ミステリー色はそれほど濃くありませんが、領域の問題やデオキシリボ核酸、椋鳩十といった、小中学校で習う内容が懐かしくまた、面白くその内容が、描かれています。

ここがポイント

塾の雰囲気を含めて、思わず共感してしまう内容が多い作品です。

¥737 (2019/10/16 09:31:15時点 Amazon調べ-詳細)

『むかしむかしあるところに、死体がありました。』

皆さんがご存知の昔話に新しいトリック等を加え、オリジナルとは違う視点から構成されている五つの話です。

「一寸法師の不在証明」、「花咲か死者伝言」、「つるの倒叙がえし」、「空室龍宮城」、「絶海の鬼ヶ島」とタイトルからして面白さが溢れ出ています。

ここがポイント

あくまでも原作の昔話の世界観や雰囲気は、壊さず大事にしながら、なるほど、そうなるのかというサスペンス展開になります。

タイトルは少々ふざけているような感がありますが、なかなかどうして、本格ミステリーの要素がタップリ味わえる作品です。

『悪魔のトリック』

超難解の離れ業トリックに、刑事二人が挑む5編からなる短編集です。

強い殺意を感じた時だけに、悪魔が現れて、一つだけ、希望の力を与えてくれるのです。

そして悪魔から力を授かった犯人たちが、どんな力を使って、どのように殺人を犯したのかを、普段とは違った謎解きで楽しむ事ができます。

ここがポイント

トリックは万能に見えながらも、程よい制限がされていて、どの話も大変凝っている内容で、仕掛けにも変化を付けているので、パターン化に陥らない工夫が伺えます。

トリッキーな謎解きが楽しめる作品です。

¥748 (2019/10/16 09:31:16時点 Amazon調べ-詳細)

『二人の推理は夢見がち』

祖父の死に不審を抱いた孫の早紀が、特殊な能力を持つ青年、司と共にその真相に挑んでいく話です。

青年、司は「夢見がち」という特殊能力(人の思い入れの強いものを持って寝ると、そのものの体験の夢が見れる)があったのです。

田舎での祖父の死後、次々に殺人事件が発生し、早紀と司が事件に巻き込まれていくストーリー展開になります。

人間のドロドロした悪意が描かれていて、予想できない鬱屈した思いが事の心底にあり、重く感じてしまいます。

ここがポイント

オカルト的要素も味わえるミステリー作品です。

¥1,540 (2019/10/16 09:31:17時点 Amazon調べ-詳細)

『家庭教師は知っている』

家庭教師が派遣先で遭遇する、児童虐待問題に絡んだ5編からなる連作短編集です。

家庭訪問するうちに見えてくる事の実態は教育なのか、虐待なのかの判断に迷ってしまいます。

ここがポイント

求めすぎる我儘とスルーされ切なさ、そして、報われることのない感情の捻じれを家庭教師という人間を通して描かれています。

子供たちの生活や未来を縛り付ける、大人たちに対して、憤りしか感じません。

意外なラストが心に残ってしまう作品です。

¥682 (2019/10/16 09:31:17時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

まとめ

青柳碧人氏の作品は楽しんでいただけましたでしょうか。

まだ読んでいない作品がありましたら、是非この機会に読んでみてください。

読書の楽しみが広がると思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-おすすめ推理小説, サスペンス一覧(作家別)

Copyright© サスペンスLIFE , 2019 All Rights Reserved.