おすすめ推理小説 サスペンス一覧(作家別)

[意外な結末]にハマってしまう短編ミステリー小説15選をご紹介

更新日:

自分が思い描いていた結末とは違った意外な結末、

そんな意外な結末を描いたミステリー小説の短編を15選ご紹介させていただきます。

・長編は好きだけど、途中読みになってしまう。
・昼の休憩時間等に読み切れるものがいい。
・サクッと読めるものがいい。

そんな読者の方にピッタリの短編ミステリー小説をご紹介させていただきます。

短編といえども決して長編にも引けを取らない内容が凝縮されています。

初めてミステリー小説を読む方にもご満足いただけると思います。

スポンサーリンク

[意外な結末]にハマってしまう短編ミステリー小説15選をご紹介

長編ミステリー小説には長編の良さがあり、じっくり読むには最高です。

短編の一番の魅力は一冊で数々のストーリーを楽しむことができ、短い時間でも作品を堪能できることではないでしょうか。

意外な結末をサクサク読んで楽しんでいただければと思います。

①『押入れのちよ』荻原浩

筆者、荻原浩氏の初の9篇からなる短編集で少しホラーっぽいですがほっこりする作品が収録されています。

大変読みやすくて、様々なテイストが楽しめ、不思議な気持ちにさせらます。

人間の恨み辛みがなんとなく分かります。

¥637 (2019/06/24 13:55:54時点 Amazon調べ-詳細)

②『第三の時効』横山秀夫

F県強行犯シリーズの全6篇からなる連作短編集です。

長編ミステリー好みの方でも本格推理小説の醍醐味が味わえるとかなり評判の高い作品です。

警察の内部の人間模様も如実に描かれており、短編ならではの切れ味も抜群で読み応えがあります。

再読する読者が続出してます。

¥680 (2019/06/24 13:55:55時点 Amazon調べ-詳細)

③『サファイア』湊かなえ

宝石の名称が各タイトルになっている、若い女性が主人公の7篇からなる短編集です。

いろいろなタイプの女性のリアリティ感がこの一冊で味わうことができます。

イヤミスの女王らしさを表現しつつも、読後感のいい作品になっています。

¥680 (2019/06/24 13:55:55時点 Amazon調べ-詳細)

④『終末のフール』伊坂幸太郎

全8篇を収めたサイエンスフィクションのような連作短編集です。

地球滅亡までの残された年月のなか、登場する主人公の思惑や行動を描いています。

短編ですがしっくりと心に残る作品であり、人間の生き方の方向性を示唆してくれているように思います。

集英社
¥680 (2019/06/24 13:55:56時点 Amazon調べ-詳細)

⑤『鬼の跫音』道尾秀介

6篇からなるホラーとミステリーが融合したような連作短編集です。

人の心の中に潜む悪を描いていて、じわりじわりと染み込んでくるような恐怖感があります。

一つの物語が終わりかけた頃にゾゾーッとして、背筋が凍りつくような気持ちになります。

¥555 (2019/06/24 13:55:56時点 Amazon調べ-詳細)

⑥『GOTH 夜の章』乙一

3篇からなるホラーとミステリーが融合した短編集です。

第3回本格ミステリ大賞受賞作品です。

サクサク読めて物語の中に知らず知らずのうちに引き込まれていく読者が多いようです。

読み進むにつれて、リアル感が沸いてきて映像を観ているような感覚に陥ります。

最後の数行に驚愕の事実が待ち受けています。

¥475 (2019/06/24 13:55:56時点 Amazon調べ-詳細)

⑦『刑事のまなざし』薬丸岳

法務技官から刑事に転職したひとりの男が様々な事件を解決していく7篇の連作短編集です。

短編でありながら何冊も読んだという感覚に陥ってしまうような、読後感があります。

罪を償うことの意味が改めて感じさせられる作品です。

講談社
¥700 (2019/06/24 13:55:57時点 Amazon調べ-詳細)

⑧『巻きぞえ』新津きよみ

7篇からなる日常に潜んでいる恐怖を描く短編集です。

作品全てが死体というモチーフで描かれていますが、グロく感じることは殆どなく淡々としています。

デイリーサスペンスの女王と呼ばれるだけあって、ジワリジワリと来て最後にゾクッときます。

紙一重で変わってしまう人生の怖さが実感できると思います。

¥23,588 (2019/06/24 13:55:57時点 Amazon調べ-詳細)

⑨『満願』米澤穂信

6篇からなる短編集でミステリーの要素、ホラーの要素等、いろいろな内容が楽しめる作品です。

張り巡らせた伏線が、スッキリ回収される結末には思わずゾクッとします。

第27回山本周五郎賞、2015年版国内編「このミステリーがすごい!」の1位を獲得してます。

短編集の傑作と言われているのも分かります。

¥724 (2019/06/24 13:55:58時点 Amazon調べ-詳細)

⑩『ハッピーエンドにさよならを』歌野晶午

11篇からなるタイトル通りのハッピーエンドにならない短編集です。

手抜きなしの様々なトリックに圧倒されながらも一気に読める展開です。

イヤミスの連続で最後のページまで気が抜けないほど、引き込まれます。

沢山のゾクゾク感が欲しい方は必読です。

¥637 (2019/06/25 08:25:19時点 Amazon調べ-詳細)

⑪『素敵な日本人』東野圭吾

9篇からなる大変キレ味のある短編集です。

普段あまり読書をしない方でも大変楽しく読めると評判です。

一話が30P前後と短いですが、面白さがギッシリ凝縮されています。

スキマ時間に読むには至極の1冊になること間違いないと思います。

¥827 (2019/06/24 13:55:58時点 Amazon調べ-詳細)

⑫『死神の精度』伊坂幸太郎

6篇からなる連作短編集であり、千葉と名乗る死神が人間の死に関わる作品です。

ミステリー的な要素もしっかりあり、精巧に張り巡らせた仕掛けもあります。

金城武主演で映画化もされています。

ミステリーでありながらスッキリ、爽やかささえ感じられる作品です。

文藝春秋
¥605 (2019/06/24 13:55:59時点 Amazon調べ-詳細)

⑬『「このミス」が選ぶオールタイム・ベスト短編ミステリー赤』

オールタイム・ベスト国内短編ミステリーベスト10にランクインした、

そうそうたる作家先生たちの作品を集めた短編集5作品です。

顔ぶれとしましては、泡坂妻夫氏、江戸川乱歩氏、高木彬光氏、連城三紀彦氏の4名です。

どれもこれも珠玉の短編揃いで、圧倒されます。

世代を超えた名作、読んでみる価値はかなりあります。

⑭『「このミス」が選ぶオールタイム・ベスト短編ミステリー黒』

第二弾、オールタイム・ベスト国内ミステリーベスト10にランクインした後編の黒です。

第一弾の赤同様、ミステリー界の重鎮の作家先生の短編集5作品です。

顔ぶれとしましては、鮎川哲也氏、江戸川乱歩氏、大坪砂男氏、横山秀夫氏の4名です。

ミステリーのお手本のような作品ばかりでこんなアンソロジーは他に類がないと思います。

一読必至の作品です。

⑮『短編工場』

今では押しも押されない作家先生たち12名の作品を収めた超贅沢短編集です。

顔ぶれとしましては、浅田次郎氏、伊坂幸太郎氏、石田衣良氏、荻原浩氏、奥田英朗氏、乙一氏。

さらには熊谷達也氏、桜木紫乃氏、桜庭一樹氏、道尾秀介氏、宮部みゆき氏、村山由佳氏の12名です。

作家先生それぞれの作風がこれ一冊で分かることは嬉しいです。

思う存分短編を楽しんでいただけると思います。

¥778 (2019/06/24 13:56:00時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

まとめ

スキマ時間にサクッと読める意外な結末の短編ミステリー小説15選のご紹介をさせて頂きました。

かなり前の作品から最近の作品まで、まちまちですが、初めての方でも楽しく読めるものばかりです。

短編ミステリーの面白さにハマってみませんか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-おすすめ推理小説, サスペンス一覧(作家別)

Copyright© サスペンスLIFE , 2019 All Rights Reserved.