おすすめ推理小説 サスペンス一覧(作家別)

雫井脩介おすすめの作品10選をご紹介~魂を揺さぶる描写~

更新日:

当サイトが厳選した雫井脩介氏のおすすめの作品を10選ご紹介いたします。

雫井氏は大学を卒業してから出版社や社会保険労務士事務所の勤務を経て2000年に「栄光一途」という作品で作家デビューを果たします。

その後は本格ミステリーを中心に活動を続けていきますが、2006年に刊行した「クローズド・ノート」以降は恋愛小説や家族小説などにも作風をひろげていきます。

スポンサーリンク

雫井脩介おすすめの作品10選をご紹介~魂を揺さぶる描写~

圧倒的なリーダビリティや心理描写で人気のある雫井氏ですが「実人生でなかなか出会えない新しい感情」が読者の経験になればこそ執筆する意味があると言っています。

また雫井氏は心理描写を描くということを具体的なシーンや台詞で形にすることが作家の使命だとも考えているようです。

そんな雫井氏の是非おすすめしたい作品を刊行順に10選ご紹介させていただきます。

《栄光一途》

日本柔道界に潜むドーピング疑惑を密かに探ることを命じられたコーチの篠子。

オリンピック候補の男子選手二人の闇を探ろうとするのだけれども、なかなか一筋縄ではいかない障害に突きあたる。

スポーツ界で今なお問題視されているドーピングに注目していて、何をもって禁止とするのか、判断基準や線引きの難しさが実感できます。

ラストに意外性が隠されています。

《火の粉》

自分が無罪判決を下した元被告の男が隣に引っ越してきたと同時に不可解な事件が起こり始める。

普通に幸せな日常がジワジワと浸食されていく恐怖が、丁寧に描かれているので読みやすいけれど何かソクっとしてしまう。

また家族の絆もこんなに簡単に壊されてしまうのかという怖さもスリル満点に描かれている。

まさしく驚愕と戦慄の犯罪小説です。

《犯人に告ぐ》

顔の見えない連続殺人犯をテレビの公開捜査を通じて追い込もうとする警察小説。

史上初の劇場型捜査の幕が上がり、果たして警察は犯人を舞台に引き上げることができるのか。

被害者遺族の心情や世論だけでなく内部の敵とも戦わなければならない刑事の苦労が伝わってくる。

まさしく警察小説の傑作です。

《クローズド・ノート》

自室のクローゼットから前住人の残したノートを見つけた女子大生の香恵。

そこには教師として、また恋する女性として精一杯生きる姿が書かれてあった。

ノートによって大きく変わり始める日常生活、恋愛や友情の悩みを抱えた香恵はノートに励まされていく。

ノートを残してくれた先生にエールを送りたくなります。

《ビター・ブラッド》

新米刑事の佐原夏輝は初めての現場で少年時代に別離した父親で刑事の島尾明村とコンビを組むこととなる。

コミカルなタッチの展開なのに大筋としてはかなりシリアスに描かれている。

軽快な会話の割には結末はズシンとくる重さがあります。

どれだけ離れていてもお互いを思いあっていれば家族は成り立つものだと実感してしまいます。

《犯罪小説家》

日本クライム文学賞を受賞した作家が映画化の話で監督に翻弄されながら過去の自殺幇助サイトの事件に巻き込まれていく話。

映画化の件が主流となっていくのかと思いきや、一昔前にニュースで騒がれていた「ネット集団自殺」が主軸となりストーリーは展開していく。

序盤は疑心暗鬼になりながらも何とか読み進んでいけて、終盤に登場人物たちの歪みに惹き込まれ、仕掛けられたトラップにはまってしまう。

最後のページがシビレます。

《殺気!》

女子大生の佐々木ましろは人の殺気を感じることができる能力がある。

二十歳の成人式の日に旧友たちと出会い、記憶のない拉致監禁事件を思い出してしまう。

そして思い出したくもない過去の事件の真相に迫っていく。

要所要所でましろの能力は発揮されていく。しかし本当の目的は人それぞれの立場、思考、行動を読者に伝えようとしていることなのです。

あたたかいラストの青春ミステリーです。

《つばさものがたり》

自分の身体に重い秘密をかかえたまま、東京での修行を終えたパティシエールの小麦は故郷の北伊豆で念願のケーキ店を開店する。

家族愛に包まれて周囲に応援されながら夢を育む小麦、頑張りや空振りもあるけど常に自分の進むべき道を追求していく。

すごくゆったりと時間が流れていく感じで、ストーリーが進むにつれ目頭が熱くなってしまいます。

家族や大切な人たちのことをあらためて考えさせてくれる作品です。

《検察側の罪人》上・下

自らの正義を貫くベテラン検事の最上、そして最上に憧れ実直に仕事を遂行する沖野、やがて二人の正義は微妙にズレが生まれズレはさらに深くなっていく。

検事、最上の正義と、その下で働く検事、沖野の正義のせめぎ合いが一番の見どころです。

法が絡む非常に難解なテーマであるものの無駄なものは一切なく登場人物も見事に描かれていてそれぞれの信念が伝わってくる。

気持ちのいい余韻が残る作品です。

《望み》

どこにでもあるごく普通の平和な家族の日常からある日息子が事件に巻き込まれていなくなる。息子は被害者なのか加害者なのか。

無実を信じその死を覚悟する父と加害者であっても生きていてほしいと願う母の葛藤を臨場感たっぷりに描いている。

序盤は真相を追うストーリー展開で目まぐるしく、終盤に至っては分からない状態が続く怖さがあります。

望みという言葉の意味を考えさせられます。

スポンサーリンク

まとめ

雫井脩介氏の作品はいかがでしたでしょうか。

幅広い作風を感じていただけたと思います。

ドラマ化や映画化された作品もありますので、是非楽しんでください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-おすすめ推理小説, サスペンス一覧(作家別)

Copyright© サスペンスLIFE , 2019 All Rights Reserved.