おすすめ推理小説 サスペンス一覧(作家別)

大石圭おすすめの10選をご紹介~すぐそこにある恐怖を描く~

更新日:

当サイト厳選の大石圭氏のおすすめを10選ご紹介いたします。

大石氏は犯罪者を主人公にした作品を書くことが多いそうですが、たとえそれが凶悪犯やストーカーであっても「絶対的な悪」にはしないということで、悪い奴だけど応援したくなるようなキャラクター描写を目指しているとのことです。

スポンサーリンク

大石圭おすすめの10選をご紹介~すぐそこにある恐怖を描く~

「履き忘れたもう片方の靴」という作品で文芸賞佳作受賞をきっかけに1993年に作家デビューを果たします。

2003年に映画、ビデオで有名な「呪怨」のノベライズを手掛けたことでも知られています。

最近では純文学からホラー路線に移り、人気を博している作家の一人です。

そんな大石圭氏のおすすめの作品10選をご紹介させていただきます。

『アンダー・ユア・ベッド』

誰からも忘れられている存在感のない男が、9年前にたった一度一緒にコーヒーを飲んだだけの女性を忘れられずに、その女性を探し出して日常を監視し始めていく。

通常であれば変態的で異常な行い、簡単に言えばストーカー行為である。

しかし、男にとっては彼女との妄想を募らせたりせず、ただ彼女に幸せでいてほしいという想いだけなのです。

異常な行動ですが何故か応援したくなる気持ちになってしまいます。

『殺人勤務医』

中絶の専門医である青年産婦人科医師が、自分が死に値すると判断した人間を地下室の檻に閉じ込めて次々に殺めていく。

残虐で生まれながらの殺人者の顔を持つ一面と満ち足りた生活を送る穏やかな顔の対比が印象的。

身勝手な自分本位の正義を振りかざす主人公には同調する気持ちにはなれませんが、何故か心のどこかにもの悲しさが残ってしまいます。

『湘南人肉医』

神の手を持つ整形外科医が人肉の魅力に憑りつかれ女性を殺してその肉を食べることに強いエクスタシーを感じてしまう。

人肉ということをなしに考えるとあまりグロテスクな印象はなく読みやすい文章で描かれている。

読み手を選ぶ作品だと思いますが、歪んだ愛を感じてしまいます。

『1303号室』

湘南の海を臨むマンションの1303号室に越してきた人が次から次へとベランダから落ちて死んでしまう。

恐怖の表現が幾度となく繰り返されるので、心の中にその恐怖がインプットされてしまいます。

この部屋に憑りついた怨念の生まれた経緯がきっちりと描かれていて、かなり恐怖を味わえます。

この作品が手元にあるだけで怖くなってしまいます。

『人間処刑台』

ルール無用のアンダーグラウンドファイトの世界で戦う日本人ファイターを濃密に描いた作品。

今までの大石氏の作品とは少し作風が異なり、リングの上での男の勝負を如実に表現している。

主人公以外のファイターも魅力的な人物描写でバトルも臨場感、タップリに表現されている。

殺伐としたストーリーですが大石氏の技が光る作品です。

『女奴隷は夢を見ない』

女性が奴隷として扱われ、その女性をセリにかけ利益を上げるブローカー達の視点で書かれている。

奴隷になるしかなかった女性たちの様々な表情が淡々と描かれていて憐れみを感じてしまう。

性的な表現もかなり出てきますが、エロさはそれほど感じませんが生々しくて確かに怖くなってしまう。

売られていく女性の絶望していく有様がリアルに感じられます。

『甘い鞭』

高校生の頃に隣家に住む男に拉致監禁、凌辱された美貌の不妊治療女医がSM嬢というもう一つの顔をもっている話。

監禁状況下での感情の捻じれや、後遺症が彼女の後の人生に歪みをもたらしている。

この女性の過去と現在を並列に描くことで人間の内なる変化を如実に表している。

虚しさと哀しみが伝わってくる作品です。

『愛されすぎた女』

女性のことをうまく愛せない切ない男とお金のせいで身動きが取れない女を描いた話。

いい年をして借金まみれの女が高収入というだけで屈折した男と結婚する。

普通の愛とは違う感覚の結婚生活を送るうちに様々なことが分かり歪んでしまう日常。

詰まるところ、甘い話には裏があるってことなのです。

『地獄行きでもかまわない』

冴えない大学生が合コンで出会った美女の関心を引くために自分はベストセラー作家だという嘘をつく。

そしてその嘘をつき続けるために自分の運命を捻じ曲げていき段々と破滅に向かっていく。

この大きな嘘は奈落の底に突き落とされると分かっていながらも自分を制することができない男。

ひとつの嘘が取り返しのつかないことになってしまう、実際にありそうで怖い話です。

『モニター越しの飼育』

リベンジポルノを題材にした作品であり、私立高校の女教師が窮地に追い込まれる。

女教師の誰にも言えない秘密が漏れると教師である自分と自分自身の葛藤の中で負の連鎖が始まる。

大石氏の言い回しや表現がとてもきれいで読みやすく、迫りくる恐怖の中でも妙な安心感が芽生えてしまう。

切ない男女の想いが交錯する作品です。

スポンサーリンク

まとめ

大石氏の刺激の強い作品はいかがでしたでしょうか。

楽しんで怖がっていただけましたでしょうか。

まだ読んでいない作品や興味を持たれたものがありましたら是非読んでみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-おすすめ推理小説, サスペンス一覧(作家別)

Copyright© サスペンスLIFE , 2019 All Rights Reserved.