おすすめ推理小説 サスペンス一覧(作家別)

小池真理子おすすめ小説12選をご紹介~人間模様を鋭く描く~

更新日:

当サイトが厳選した小池真理子氏の小説を12選ご紹介させていただきます。

小池氏は人間の内面にある感情や日常に潜んでいる恐怖を描き出す、心理サスペンス、ミステリー及び恋愛小説で大変人気があります。

10年ほど前に湊かなえ氏が描いた小説が「イヤミス」として流行りましたが、元祖、イヤミスの女王は小池真理子氏ではないかと思います。

スポンサーリンク

小池真理子おすすめ小説12選をご紹介~人間模様を鋭く描く~

読者の心に突き刺さるような重厚で濃密な恋愛小説や、人間模様を鋭く描いたサスペンスやミステリーなど、デビュー以来たくさんの作品を発表し続けていて、数々の賞も受賞しています。

そんな小池氏の選りすぐった作品を12選ご紹介させていただきますのでどうぞお楽しみください。

《墓地を見おろす家》

広大な墓地に囲まれた新築の格安マンションに越してきた一家を襲う恐怖の話です。

エレベーターでしか行けない地下の倉庫があったり、マンションの住民が引っ越していったりとかじわりじわりと恐怖を感じてしまいます。

ここがオススメ

後味が悪いラストで読んだ後も尾を引くような作品です。

いくら安いからといってもこんなマンションに住みたくないですね。

《妻の女友達》

表題作の他5編が収録された小池氏の初期短編集です。

どの作品も独特な雰囲気のあるミステリーになっていて、結末もイヤミスっぽさを残しています。

ここがオススメ

どこにでも転がっていそうな話に意外性を持たせるテクニックは流石です。

こういう軽く楽しめる短編集が案外クセになります。

《無伴奏》

学生運動が盛んだった時代を背景に繰り広げられた恋愛の話です。

20年前の恋愛を回想する形で物語は進んでいき、青春を謳歌した時代を懐かしくも悲しく描いている。

青春の恋の思い出としては重く辛いものだと感じますが、それなりに共感できる部分も多くあります。

ここがオススメ

本当の恋の苦悩と葛藤を描いた作品はなんだか共感してしまいます。

《柩の中の猫》

年老いた画家の主人公が30年前をふりかえる形で語られる話です。

裕福な父子家庭で起こる心理サスペンスであり、猫にしか心を開かない小学生の娘と父そして主人公の私の静かな生活に入り込んでくる一人の女性によって心理的バランスが崩れてしまいます。

後半ドキドキの展開に怖さが増していき、人間の黒い部分に迫っていきます。

ここがオススメ

ドキドキする心理描写にクギ付けになります。

《会いたかった人》

タイトルの「会いたかった人」を含む6編からなる短編集です。

ここがオススメ

幸せに包まれた状態から徐々にあるいは一気に奈落の底に突き落とされる話ばかりを集めています。

日常に潜む恐怖を浮き彫りにしたサイコサスペンスであり、どこかで観たような記憶さえ呼び起こしてしまいます。

巧みな心理描写に恐れ入ります。

《危険な食卓》

この作品もタイトルの「危険な食卓」を含む8編からなる短編集です。

どの話も大変うすら怖くて最初の一行でかなり惹きつけられてしまいます。

少ないページの中に人の心の裏側が凝縮されていて、ゾクッとしてしまいます。

ここがオススメ

ありふれた日常の中に潜む恐怖がそこにあるのです。

《記憶の隠れ家》

「家」にまるわる6編からなる短編集です。

ここがオススメ

昔の記憶はいつしか自分の都合のいい形に変わっていたり、心の奥底にしまい込んだりしてしまうものです。

そんな記憶がふとしたきっかけで蘇ってしまうことになってしまうのです。

家に隠された過去の思い出が恐ろしさに変わっていったらどうしますか。

どの作品もゾクッとする内面の怖さがあります。

《恋》

あの浅間山荘事件の陰にかくれるように発生した殺人事件の話です。

死期を悟った女がその誓いを破ってまで語った恋とはいったい何だったのだろうか。

倒錯した人間関係を描くことで純粋な恋心が炙り出されてきます。

ここがオススメ

学生運動が盛んだった時代に流れる虚無感と響きあいながら展開していく耽美で官能的な作品です。

《欲望》

自分が愛する男が性的不能であるという、とても切なくて凄絶な恋愛小説です。

露骨な描写はあまりありませんが雰囲気が官能的です。

妻子ある男と肉体関係を持ちながらも惹かれているのは別の男というわがままな欲望。

ここがオススメ

究極の恋愛が描かれている作品です。

《ノスタルジア》

不倫相手の男が亡くなり15年後に訪ねてきた、その息子とまたしても恋に落ちる話です。

不倫相手の男と瓜二つの息子と逢引きを重ねていくのですが何かがおかしい。

男性作家では描けない繊細さと巧みさがにじみ出ている筆致で圧倒されます。

ここがオススメ

静がでおそろしいサスペンス作品です。

《狂王の庭》

戦後間もない東京の旧華族に嫁いだ主人公と義従弟との恋を回想で綴る話です。

小池氏の真骨頂が如何なく発揮されたバロックロマンであることには間違いありません。

ここがオススメ

美しいものに引きずり込まれて堕落していく人妻の有様がとても耽美に描かれています。

三島由紀夫氏の「春の雪」を彷彿させる作品です。

《夜の寝覚め》

6編からなる恋の短編集です。

不倫を軸とした恋愛小説集でありながら、ただの不倫話に終わらせないセンスで描写しているところは流石です。

ここがオススメ

小池氏ならではの感情を抑えた抒情的な文章はまさに芸術作品のようであり、美しい。

余韻に浸ってしまう短編集です。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。小池氏の人間心理をついた作品は堪能していただけたでしょうか。

たくさんの作品を世に送り出している小池氏。

この機会に読んでいない作品がありましたら是非読んでみてください。

あなたの明日からの生き方に変化があるかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-おすすめ推理小説, サスペンス一覧(作家別)

Copyright© サスペンスLIFE , 2019 All Rights Reserved.