おすすめ推理小説 サスペンス一覧(作家別) サスペンス原作本

荻原浩のおすすめ15作品をご紹介~心の葛藤をシニカルに描く~

更新日:

荻原浩氏の当サイトおすすめの15作品をご紹介させていただきます。

荻原氏の作品の特徴は上質なユーモアに富んだ文章に非常に定評があり、行間に人生の哀歌が漂っているかのように描写されています。

また次々に新しいテーマに取り組み、常に自分の可能性を見出している作家です。

スポンサーリンク

荻原浩のおすすめ15作品をご紹介~心の葛藤をシニカルに描く~

1980年に大学卒業後、広告代理店に入社するも辞めてフリーのコピーライターとして独立します。

39歳の時に小説を書き始めて、その後1997年に初めて書いた長編小説「オロロ畑でつかまえて」で、第10回小説すばる新人賞を受賞し、小説家としてデビューを果たすことになります。

その後数々の秀逸作品を発表し続け、ついに2016年「海の見える理髪店」で、第155回直木賞を受賞します。

そんな荻原浩氏の選りすぐったおすすめの15作品をご紹介させていただきます。

1、『オロロ畑でつかまえて』

村おこしをするために地元の青年会と、つぶれそうな広告代理店が協力する話です。

社会風刺もちょっぴり効いたドタバタ劇でありながら、ストーリーは展開していきます。

人間のちょっとした欲が絡んだ泥臭さをうまく演出しています。

社会の陰を描いているのですが、人間正直に生きれば何とかなると思わせてくれる作品です。

2、『なかよし小鳩組』

つぶれそうな広告代理店に舞い込んだ仕事は、ヤクザの組のイメージアップを図るという話です。

「オロロ畑でつかまえて」の続編であり、任侠ものを舞台に、父親がかわいい盛りの娘を思う感情を描いています。

笑いの中にもホロリとする場面もあり、楽しく読むことができます。

笑いがたくさん詰まっていますが、泣ける作品です。

3、『誘拐ラプソディー』

前科と借金をかかえた男が、ひょんなことから誘拐を企てる話です。

誘拐したお金持ちの子供は実はヤクザの子供であり、ヤクザや中国マフィアから追われることとなります。

スリリングでコミカルにストーリーは展開していき、飽きることなく読み進んでいけます。

安心して楽しめるエンターテインメント作品です。

4、『噂』

女子高生の間で噂になっている、レインマンの話です。

ひとつの噂が人間の心と身体を動かす巨大な力を持ったものに変わってしまうのが良く分かります。

気になる展開の連続で目が離せなく、絶妙な文章構成に驚かされます。

今までの荻原氏の作品とはガラッと変わったジャンルで驚嘆してしまいます。

本当に最後の一行にゾクッとします。

5、『神様からひと言』

ある食品会社を舞台にした、ひとりの男のユーモアたっぷりの姿を描く話です。

リストラ対象者が送り込まれる「お客様相談室」へ移動となったその男のドタバタ劇が見ものです。

人間の人生にはいろいろなことが起こることを改めて教えてくれているように思います。

元気がもらえ、よし頑張ろうと思える作品です。

6、『コールドゲーム』

過去にいじめられていた少年が、いじめたクラスメートに対して報復する話です。

現在も社会問題になっているイジメをテーマにストーリーは展開していきます。

いじめた側からの視点で描かれているので、いじめられた側の想いが本当に分っているのだろうかと思います。

改めてイジメについて考えさせられる作品です。

7、『メリーゴーランド』

超赤字テーマパークの再建に挑む市役所勤めの男の話です。

主人公の男は前職の経験を生かして様々な提案を行うのですが、頭の固い天下りの職員たちに疎外されてしまいます。

話の流れは大変ユーモアがきいていて、深刻になりすぎず、読んでいて心地よくなります。

心に響く作品ですが、もの悲しさが残ります。

8、『僕たちの戦争』

ポジティブなフリーターの青年と、昭和19年の軍国青年が時空を超えて入れ替わってしまった話です。

入れ替わった二人がそれぞれの世界で順応しようとしている姿が何とも嬉しさを覚えてしまいます。

ユーモアを交えながらも第二次世界大戦の描写は本当に感慨深いものがあります。

戦争を知らない若い世代に読んで欲しい作品です。

9、『明日の記憶』

若年性アルツハイマーにかかってしまった、50歳の男の話です。

日々記憶が消えていく自分がいて、常に焦りと不安が増大していくのが分かります。

しかし、精神的、物理的に支えてくれる家族、友人がいるから柔らかで明るい姿勢を保っていられるのです。

最後に少しだけ前向きになれます。

10、『さよならバースディ』

ボノボ(チンパンジーの一種)の研究をしていた同僚が投身自殺をする話です。

死の真相は何だったのか、研究者らしいアプローチで真実に迫っていきます。

荻原氏には珍しくユーモアな表現がほとんどなく、まさにミステリーです。

秀逸なラストに感動してしまいます。

11、『愛しの座敷わらし』上・下

東京から田舎に引っ越した家族が座敷わらしとの出会いで、家族の絆を取り戻していく話です。

家族それぞれの立場から話がゆっくりと進んでいき、家庭や学校での関係も良い方向へ向かっていきます。

座敷わらしの存在が家族の絆を強固なものにしていく様が分かります。

年代を問わず読んで欲しい、ほっこりする作品です。

12、『ひまわり事件』

隣接する老人ホームと幼稚園が相互交流をする話です。

お互いの距離を縮めていく老人たちと幼稚園児のエピソードが本当におもしろく目が離せません。

後半にはイッキにおもしろさが増し、最後まで飽きることなく読み進んでいけます。

仲間の良さを改めて実感できる作品です。

13、『砂の王国』上・下

証券マンだった男がホームレスに転落してから逆転する様子を描く話です。

生きていく中で最低限の生活をおくるうちに、人間の愚かさを知ってしまいます。

そして宗教家としての再スタートをきるのですが、教団を追われることになってしまいます。

想定内の中で想像以上の展開が待ち受けていて予測不可能になってしまいます。

かなり読み応えのある長編作品です。

14、『花のさくら通り』

さびれた商店街の再生プロジェクトを請け負うこととなった、つぶれそうな広告代理店の話です。

ユニバーサル広告社シリーズ第三弾であり、商店街の多彩な面々の思惑とか駆け引きが面白く描かれています。

荻原氏らしいユーモラスな表現もかなりあり、ヒューマンストーリーとしても興味深く仕上がっています。

ほのぼのとした気持ちにしてくれる作品です。

15、『海の見える理髪店』

6編からなる可笑しさと切なさを味わえる家族の短編集です。

想定しやすい場面設定になっているので大変分かりやすくて読みやすいです。

物語のひとつひとつに感慨深い人生が絡んできて、優しい気持ちにしてくれます。

第155回直木賞受賞作品であり、心に響く短編集です。

スポンサーリンク

まとめ

心の葛藤をシニカルに描いた荻原氏の作品はいかがでしたでしょうか。

勇気がもらえる作品が多いですが、まだ読んだことがない作品があれば、是非読んでみてください。

きっとあなたの読書ライフが広がると思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-おすすめ推理小説, サスペンス一覧(作家別), サスペンス原作本

Copyright© サスペンスLIFE , 2019 All Rights Reserved.