ご当地モノ サスペンス一覧(作家別) サスペンス原作本

【参考】浅見光彦シリーズの中で難解事件だと思う厳選3作品をご紹介

更新日:

ミステリー小説を読む読者にとって事件がどのように展開して、解決に向かっていくのかが一番の興味となるところだと思います。

事件が難しくて難解なほど、次はどうなるのだろうとか何故あの場面であんなことが起きてしまったのだろうとか思いは様々です。

主人公が戸惑うほど、読者は作品の内容に惹きつけられてしまいます。

食事をするのも忘れる程、夢中になって読んだ作品は読者の方々の中にもあるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

【参考】浅見光彦シリーズの中で難解事件だと思う厳選3作品をご紹介

どうやっても、事件に辿り着けない、糸口さえ見つけられない、過去に似通ったケースもない、どんな風にすすんでいっていいかわからない。

そんな『浅見光彦シリーズ』の中でも光彦が謎解きに苦労した三作品を私なりに独断と偏見でご紹介させていただきたいと思います。

見方を変えればみえてくるもの、場所を変えれば判明するもの・・・。

光彦の活躍にはらはら、ドキドキ感を持ちながら進めていきたいと思います。

その①『秋田殺人事件』

タイトルが地名+殺人事件なのも10作ぶりで、これ以降は浅見シリーズはタイトルに『殺人事件』が付かなくなる作品になります。

秋田県副知事の私設秘書として普段のラフな格好とは違い、スーツにネクタイ姿で登場となる光彦。

欠陥住宅を巡る巨額の使途不明金問題等事件に挑んでいく光彦。

欠陥住宅といいますと、当時世間を騒がした姉○建築士による手抜き工事が発覚し新聞やテレビを賑わしていました。

その後日本各地では建物の補強工事が数多くあったことを覚えています。

珍しく今回の作品は賢兄の警察庁刑事局長、浅見陽一郎からの依頼であり、堂々と胸を張って事件に関わっている内容です。

キーワードは〔警告、秋田には魔物が棲んでいる。〕という手紙でであり、魔物探しに東奔西走する光彦です。

作品の内容に深く触れますとネタバレになってしまう恐れがありますので、この辺でやめておきます。

過去にこの作品を読んだ方も、また、これから読もうと思っている方も事件のからくりを模索しながら読んでみてはいかがでしょうか。

その②『坊ちゃん殺人事件』

タイトルと同じく、浅見家の「坊ちゃん」が活躍する作品です。

作品の紹介ではこの『坊ちゃん殺人事件』を読む前に、夏目漱石の『坊ちゃん』を読んだほうが面白さが倍増するはずと書かれています。

遠い昔、学生時代の感想文などで書くために読んだことくらいで作品の内容など、すっかり忘れてしまった方のほうが多いのではないでしょうか。

ただ『坊ちゃん』に出てくる登場人物のニックネームをうっすら覚えていれば十分たのしめる作品だと思います。

事件が2転3転する作品でほとんど登場人物がニックネームで書かれている作品です。

「あれっ、これって、誰だったかな」と前に戻って確認する必要があるかもしれませんが、浅見光彦自身が記した危険な事件簿!と銘打ってあるだけあって実に読み応えがあります。

いままでの○○殺人事件とは違った意味合いで読むことができると思います。

内田康夫氏には珍しい遊びゴコロのある作品です。

その③『歌枕殺人事件』

浅見家の正月恒例行事のカルタ(百人一首)大会で、光彦と決勝戦で対決した、東京都カルタ大会の女王、朝倉千恵の父親が3年前に殺害された未解決事件の調査からはじまる作品。

タイトルの歌枕の意味はご存知の読者の方もいると思いますが、敢えて解説させていただきますと、

1 和歌に多く詠み込まれる名所・旧跡。
2 和歌に詠み込まれる特殊な語や句。名所・枕詞・序詞など。
3 歌を詠むのに典拠とすべき枕詞・名所などを記した書物。「能因歌枕」など。

引用:コトバンクより

この作品の特徴は光彦が事件を解明する前に2回も投げ出そうとしたことと、いつもヒロインから慕われる光彦がヒロインとその相手の男性に嫉妬するところです。

キーワドは歌枕の「末の松山」です。日本三景の厳島、天橋立と並ぶ一つとして松島を訪れて、『歌枕殺人事件』の現場を巡って名探偵の気分を味わってみてはいかがですか。

スポンサーリンク

まとめ

日本警察の長い歴史の中には未解決事件が多数あります。

中でも30年以上も前に発生した三億円事件、グリコ森永事件そして最近と言っても10数年前になりますが、世田谷一家殺人事件など多数の未解決事件があります。

警察の地道な捜査、マスコミ各社の情報提供呼びかけにも関わらず未解決です。

ミステリーの世界でも難解事件はありますが必ず何かしらの解決に導いてくれます。

難解な事件の作品をあなたの推理で解決に導きながら読んでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-ご当地モノ, サスペンス一覧(作家別), サスペンス原作本

Copyright© サスペンスLIFE , 2019 All Rights Reserved.