おすすめ推理小説 サスペンス一覧(作家別) サスペンス原作本

横山秀夫おすすめの作品12選をご紹介~無敵の眼差しを見極める眼力~

更新日:

警察小説の第一人者の横山秀夫氏のおすすめ作品を12選ご紹介させていただきます。

個人と社会のつながりを巧妙に描いていて、特に組織の中にいる個人に視点をあてています。

強大な組織に立ち向かう個人の勇猛果敢な姿が読者を虜にしてしまいます。

信念を貫く人間の勇姿には誰でも喝采を送ってしまうものなのです。

そんな横山氏の強い信念で執筆された作品をどうぞお楽しみください。

スポンサーリンク

横山秀夫おすすめの作品12選をご紹介~無敵の眼差しを見極める眼力~

大学卒業後、新聞記者として12年間勤務したのち、1991年に投稿した作品「ルパンの消息」が、第9回サントリーミステリー大賞の佳作を受賞したことを契機に、新聞社を退社して作家の道を志すこととなります。

以後、漫画の原作や児童書の執筆、アルバイトなどを経て1998年に、「陰の季節」で作家デビューを果たします。

横山氏は常に【何を考えて何を書くかというところで勝負をしていきたい】という、

信念で執筆しているのだそうです。

何事にも決して屈しない信念を持っている、横山秀夫氏の厳選したおすすめの短編集を含む12作品をご紹介させていただきます。

1、『ルパンの消息』

15年前に自殺として処理された女性教師の墜落死は実は殺人だったというところから始まる話です。

横山氏の作品の中では一番ミステリー色が強く、二転三転する展開はその後の作品の伏線ともいえます。

タイムリミットがさらに緊張感をもたらしていて、さらに3億円事件まで絡んできます。

幻のデビュー作と言われている作品であり、その構成は卓越しています。

2、『出口のない海』

元甲子園優勝投手が自らの意思で人間魚雷「回天」に搭乗を決意する話です。

第二次世界大戦の末期を舞台とした、戦争の中で生きる人々の姿、心境が丁寧に描かれています。

空の特攻よりもさらに閉ざされた空間の中、片道切符で本当にお国のためなのかと考えてしまいます。

それこそ絶対権力の組織である軍部に立ち向かう一人の勇猛果敢な青年の姿が見事までに表現されています。

市川海老蔵主演で映画化もされた心に響く作品です。

3、『陰の季節』

D県警シリーズ第1弾であり、4編からなる短編集です。

警察内部の人間の葛藤に視点をあてた今までにはない警察小説です。

横山氏の短編は非常に密度が濃く、長編にも劣らないような読み応えのある作品が数多くあります。

小説家としてのデビュー作であり、警察内部の臨場感に迫る作品です。

4、『動機』

D県警シリーズ第2弾であり、こちらも4編からなる短編集です。

警察に絡む人間ドラマを横山氏独自の筆致で冷徹に描いているのですが、ストーリーは濃密です。

どの短編も完成度が非常に高くいつもながらに満足してしまいます。

人間の感情の移り変わりが克明に描かれている作品です。

5、『顔 FACE』

D県警シリーズ第3弾であり、似顔絵府警を主人公とした5編からなる連作短編集です。

横山氏にしてみれば異例な感じの警察小説になりますが、女性警察官ならではの視点で、葛藤と挫折がうまく描かれていて、成長していく姿に思わず応援したくなります。

頑張れと手を差し伸べたくなる作品です。

6、『第三の時効』

F県警強行犯シリーズ第1弾であり、6編からなる連作短編集です。

短編らしく速くキレのあるテンポでストーリーは展開していき、飽きることなく読み進んでいけます。

個性的な各班長(刑事)の複雑な心理状況を精微に描いた描写は流石としか言いようがありません。

ハードボイルドチックという呼び声も高く、各話の工夫された展開には驚きを隠せません。

警察小説の中の警察小説作品に間違いありません。

7、『真相』

5編からなる短編集であり、身近にいそうな人間に視点をあてている話です。

それぞれの物語の登場人物が組織や社会と戦い、人間関係に苦悩していく姿が描かれています。

横山氏お得意の警察物ではありませんが、重厚な人間ドラマが味わえる作品ばかりです。

結末にイヤミスっぽい余韻が残る作品です。

8、『半落ち』

志木和正シリーズであり、妻を殺害した現職警察官が自首するまでの謎の2日間に視点をあてた話です。

事件に関わる警察官、検事、裁判官、弁護士、刑務官、記者たちがそれぞれの立場で語る事情に惹きつけられてしまいます。

ひとつの事件を利害関係者の視点で描いていて、それぞれの内部事情が味わうことができます。

素直に涙を誘ってしまう作品です。

9、『クライマーズ・ハイ』

1985年に発生した御巣鷹山日航機墜落事故を題材にそれを追う新聞記者の話です。

地方新聞社を舞台にしてその全権デスクを任された40代男性の半生を追って描かれています。

組織のもめ事に立ち向かう組織の一員としての苦悩は臨場感がタップリと味わえ読み応えがあります。

読むだけでも横山氏の息吹が感じられ、大変勇気がもらえる作品です。

10、『震度0』

1995年発生した阪神淡路大震災の直後にN県警の刑務課長が忽然と姿を消した話です。

警察内部での野望と陰謀が渦巻いていく流れでストーリーは展開していきます。

登場する警察官はすべて私利私欲にまみれているばかりでなく、その細君までが怨念まみれという実情です。

人間は組織に所属すると価値観が変わってしまうことは、よくあることと思いながらも何か空しさを感じでしまう作品です。

11、『臨場』

臨場シリーズであり、人呼んで「終身検視官」の活躍をストイックに描いた8編からなる短編集です。

警察物ではあまり取り上げられることのない、検視官を主人公に置いた作品であり、違った側面から警察の内面が見ることができます。

人間くささが堪らなく、真直ぐな生き方が気持ちよく描かれていて清々しい気分にしてくれます。

殺伐とした事件風景の中にも温もりが感じれる作品です。

12、『64(ロクヨン)』上・下

D県警シリーズ第4弾であり、警察組織内で二つの部署及び地方と中央に板挟みになる主人公の話です。

14年前の誘拐殺人事件と家族の問題が絡み合っていく流れでストーリーは展開していきます。

警察内部の濃厚なドラマが描かれていて、これぞ本物の警察小説なんだと感じてしまいます。

佐藤浩市主演で映画化もされていて、とても人気の作品です。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか、長編・短編それぞれ濃密であり、一途を貫く人間たちの話。

小説上の話ですが覚悟がないとできませんね。身近に感じられる方もいると思います。

読んでいない作品がありましたら、是非ともこの機会に読んでみてください。

明日からの生き方が変わるかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-おすすめ推理小説, サスペンス一覧(作家別), サスペンス原作本

Copyright© サスペンスLIFE , 2019 All Rights Reserved.