おすすめ推理小説 サスペンス原作本

【厳選】ミステリーが原作で映画にもなった人気の15作品をご紹介

更新日:

ミステリー好きなら、そのミステリー小説を映像で観たいと思いませんか。

そんな方に映画化された人気のミステリー15作品をご紹介させて頂きます。

・配役が小説の登場人物のイメージに合っているのか。
・原作と違うところがあるのではないか。
・小説のほうが実感がわくのではないか。

このようなご意見・疑問が有るかもしれません。実際、管理人も自分の好きなミステリー小説が映画化されたので、観に行きました。

原作が凝縮されたところはありましたが、出ている俳優の演技がとても良かったので、それほど違和感がなくて大いに楽しめました。

映像で観ることにより、小説で描いていたものとは別の見方ができるかもしれません。

スポンサーリンク

厳選】ミステリーが原作で映画にもなった人気の15作品をご紹介

ご紹介させていただく作品はミステリーが原作で映画化されたものです。

ご存知の俳優の方の演技や原作がリメイクされた場面も楽しむことができ、映像としてのミステリーの楽しさにも浸っていただけると思います。

1.「少女」湊 かなえ

一言で言うならば『因果応報』という言葉に尽きる作品です。

原作は100万部突破の大ベストセラーです。

少女達の「死」という捉え方に視点を置いて、闇と青春を描いています。

さすがのイヤミスの女王の作品に納得してしまいます。

2.「怒り」吉田 修一

「怒り」という文字をヒントに凄惨な殺人事件を追う刑事の作品です。

日本アカデミー賞11部門受賞のヒューマンミステリーであり、先に映画のほうが人気が出て、その後原作にも火が付いたようです。

人を信じることの難しさが実感できる作品です。

3.「64(ロクヨン)」横山 秀夫

昭和64年に発生した少女誘拐殺人事件に関わる警察内部の対立等を描いた作品です。

「このミステリーがすごい!」「週刊文春ミステリーベスト10」第1位獲得、「第10回本屋大賞」「ミステリが読みたい!」第2位をそれぞれ獲得しています。

警察関係者の様々な苦しみが解る作品です。

4.「クリーピー」 前川 裕

異常犯罪者の性癖をもとにしたサスペンススリラー作品です。

「第15回日本ミステリー文学大賞新人賞」受賞作品です。

小説で読む面白さもさる事ながら、映像で観た時、出演者の演技に感動してしまいました。

私的見解で恐縮ですが、香川照之氏の演技はすばらしいの一言につきます。

5.「秘密 THE TOP SECRET 」清水 玲子

人気コミックを映画化したミステリーサスペンス作品です。

人間模様がうまく描かれていて感情の見せ方が実にうまくて感心しきりです。

生田斗真・岡田将生・松坂桃李氏の出演で、あの「るろうに剣心」の大友啓史監督作品です。

6.「だれかの木琴」井上 荒野

ひとりの男に異常な恋心を抱いていく主婦の姿を描いたサスペンスドラマ作品です。

登場人物の心の叫びが感じられる描写が印象に残ります。

最後の最後にゾクゾクッときます。驚くこと間違いないです。

7.「ミュージアム」巴 亮介

連続猟奇殺人鬼を追う刑事の作品です

かなりグロテスクな場面が出てきますが、テンポがいいのでそれほど苦になりません。

小栗旬・妻夫木聡氏の共演でこの作品も大友啓史監督作品でかなり人気があります。

最後まで緊迫した流れで進んでいくので飽きることはありません。

8.「北海道警察 日本で一番悪い奴ら」織川 隆

組織犯罪に手を染めた元警察官の暴露をもとにした作品です。

北海道警察の裏側が如実に描かれていて警察の実態が解ります。

権力の横暴は恐ろしいとしか言いようがないのでしょうか。

フィクションではないことに驚きです。綾野剛氏の迫真の演技は一見の価値が大いにあります。

9.「星籠の海」上・下 島田 荘司

主演、玉木宏氏により、ついに映画化実現された探偵、御手洗潔シリーズ作品です。

日本のシャーロック・ホームズとも呼ばれる御手洗潔が歴史の謎と犯罪を対比させてしまうあたり、さすがというほかはありません。

歴史ミステリー好きな方には見逃せない作品であることは間違いないと思います。

10.「麒麟の翼」東野 圭吾

加賀恭一郎シリーズ9作目であり、人の気持ちを考えて捜査をする刑事が主人公の作品です。

テンポよくストーリーが展開していき、目が離せなくなるくらいに二転三転していきます。

サスペンス作品でありながら、人と人との思いが重なり合う場面では思わず涙してしまいます。

東野氏の作品の中でも見逃せない作品の一つです。

11.「さまよう刃」東野 圭吾

少年法に対する問題提起を主眼とした作品です。

150万部突破の大ベストセラーであり、東野氏の作品の中でもベスト3に入るのではないかと思われます。

法律は本当に誰を守るためのものなのかということが考えさせられる作品です。

12.「贖罪」湊 かなえ

田舎町で起こった悲劇。

それに関わった者たちのその後の悲惨な人生を描写した作品です。

場面の各所に伏線が惜しみもなく使われていてストーリーは展開していきます。

後味の悪い(イヤミス)作品が好みの方にはおすすめです。

13.「さよならドビュッシー」中山 七里

火事で火傷をおった少女がピアニストを目指すというミステリー作品です。

「このミステリーがすごい!」大賞受賞作品であり、ありえない展開が続き、目が離せなくなります。

しかし、最後にはタイトルの意味が理解できる衝撃が待っています。

14.「カラスの親指」道尾 秀介

詐欺師の中年おっさん2人が中心となって展開していくユーモラスなミステリー作品です。

詐欺の種類にもたくさんの方法があることには驚きました。

騙される場面も大変多いのですが、何故か心あたたまる作品です。

最後には救われる不思議な気持ちになる作品です。

15.「告白」湊 かなえ

湊かなえ女史のデビュー作にして286万部突破の超大ベストセラー作品です。

中学校の女性教師が自分の子供を殺害されたことによる復讐がテーマになっています。

この作品から湊かなえ女史の「イヤミス」がスタートしたのです。

スポンサーリンク

まとめ

人気ミステリー小説が原作で映画になった、15作品をご紹介させていただきました。

映画を観てからミステリー小説を読む方、ミステリー小説を読んでから映画を観る方。

それぞれいらっしゃると思いますが、映像で観るミステリーの良さ感じて頂ければ、一層その作品を好きになれると思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-おすすめ推理小説, サスペンス原作本

Copyright© サスペンスLIFE , 2019 All Rights Reserved.