おすすめ推理小説 サスペンス一覧(作家別)

怖くても読みたい!サスペンスホラー小説おすすめ30選のご紹介

更新日:

小説を愛読される方の中でもホラー要素が、あるサスペンスを読んでみたいと思う方におすすめの30選をご紹介させていただきます。

・背筋が凍りつくような怖いものが 読みたい。
・いろいろな種類の怖さを知りたい。
・人気があるサスペンスホラーが読みたい。

このようなご要望にお応えできて、ただ怖いだけの内容ではなく、小説としても大変興味深いものばかりご紹介させていただきますので、お楽しみいただけると思います。

スポンサーリンク

怖くても読みたい!サスペンスホラー小説おすすめ30選のご紹介

怖いもの見たさという言葉が有りますが、怖かったら見なければいいのにと思っても何故か気になって見てしまいます。

そんなサスペンスホラー小説30選をご紹介させていただきます。

1.『天使の囀り』貴志祐介

アマゾンの調査隊に参加したメンバーが次々と異常な方法で自殺をしていくという作品です。

怖くて読めないという方が続出するほど怖いです。

それでもやっぱり怖いもの見たさの心理に駆られて読んでしまうようです。

恐怖が消えかけた時、もう一度読むと更なる恐怖がよみがえります。

2.『黒い家』貴志祐介

生命保険金犯罪をテーマにしながらも、人間心理の奥底に潜むものを描いた作品です。

情景描写がうまく描かれていて、何度読んでも飽きがこないと評判です。

1997年の第4回日本ホラー小説大賞を受賞しています。

何が怖いって、人間が一番怖いということが解る作品なのかもしれません。

3.『汚れた檻』高田侑

うだつのあがらない、29歳の青年がペットビジネスに転職してから闇の世界へ落ちていく作品です。

話の展開にスピード感があり、読者を飽きさせることなくグイグイと引き込んでいきます。

実際にあった埼玉県の「愛犬家連続殺人事件」をモデルとしているようです。

怖いのに後戻りできないくらい、夢中に読むことができます。

4.『うなぎ鬼』高田侑

借金で首が回らなくなった男が取立て会社に身売りされ、転落していく様を描いた作品です。

漫画でも出版されていて、大変人気の作品になっています。

人間の感情と欲と罪の深さを描いていて、余韻が残ります。

人間の真の怖さが解る作品のひとつであると思います。

5.『黒面の狐』三津田信三

戦後まもない北九州の炭鉱で発生する不可解な怪死事件にまつわる作品です。

ホラーとミステリーの要素を合わせ持った内容で話は展開していきます。

筆者が数年を費やした作品なので、炭鉱の内部事情まで深く切り込んでいます。

探偵が活躍する作品が好みの方には興味深く読めるのではないでしょうか。

6.『ついてくるもの』三津田信三

「本当にあった怖い話」のような短編7選が詰まったホラー作品です。

全体的に背筋にゾクッとくる話になっていて何とも言えない後味が残るという感想が多いです。

静かな恐怖感を味わいたい方には至極の1冊になること間違いないと思います。

7.『記憶の食卓』牧野修

ふたつの物語が別々に展開していき、最後には融合する、ホラーミステリー作品です。

話のスピード感もあり、サクサク読める内容になっていて、ゾクゾク感も満載です。

驚きの連続があり、チャーハンを食べるとき、微妙に怖くなるかもしれません。

8.『そこに、顔が』牧野修

自殺した父親の日記から浮かび上がる数々のホラー現象の記述に視点をあてた作品です。

幽霊がテーマの本格ホラーであり、怖がらせる描写を随時にもりこんでいます。

夜、自分の家の壁とか天井を見るのが怖くなるかもしれません。

9.『墓地を見おろす家』小池真理子

広大な墓地に囲まれた新築マンションに越してきた一家に起こる奇妙な出来事を綴った作品です。

かなり前に書かれた作品ですが、現在、読んでも何ら古さを感じさせない正統派ホラーです。

最後まで気を抜けない緊迫感は小池女史の持ち味がかなり出ている作品だと思います。

10.『血の季節』小泉喜美子

幼い少女を惨殺した犯人が捉えられた独房で、奇妙なことを話始めるところから作品はスタートします。

「このミステリーがすごい!2014年版」の企画である、「復刊希望!幻の名作ベストテン」第2位作品です。

現在のミステリーとは一味違う、幻の名作ミステリーと言われているのも分かる気もします。

11.『1303号室』大石圭

湘南の海が一望できるマンションの最上階の1303号室で頻繁に起こる謎の自殺を取り上げた作品です。

書籍の表紙の美人な女性とは裏腹に、その内容の恐怖から抜け出れなくなるかもしれません。

何とあの「呪怨」の原作者の作品であり、恐怖にドップリ浸れること間違いありません。

12.『粘膜人間』飴村行

「本当は怖いおとぎ話」版のような作品です。

スラスラと読みやすい文体で独特の世界観が有り、完成度の高いことは間違いないと思います。

第15回日本ホラー小説大賞、長編賞を受賞した作品で筆者の処女作でもあります。

この手のグロ小説が好きな方には堪らない1冊だとおもいます。

13.『屍鬼』小野不由美

人口1300人の村で発見される3体の腐乱死体、そこから端を発する作品です。

日本の田舎の閉鎖的な部分が良くわかります。

アニメ化、漫画化されるほど、人気も絶大なものがあります。

全5巻からの小説になりますので、じっくり恐怖を味わいたい方には打って付けの作品です。

14.『リカ』五十嵐貴久

出会い系サイトで出逢ったリカという女性と対決する様を描いた作品です。

単なるストーカーとの対決に思えない身の毛もよだつ展開になっていきます。

第2回ホラーサスペンス大賞受賞作品です。

読み始めたあと怖さに後悔しても先に進むしかありません。

15.『鼻』曽根圭介

ホラーユーモア3篇からなる短編作品です。

非現実的な話ですが、読み返したくなる人が続出しています。

日本ホラー小説大賞短編賞受賞した作品です。

不気味な世界観があり楽しめる作品であることは間違いないと思います。

16.『夜は一緒に散歩しよ』黒史郎

母親が亡くなってから、幼稚園に通う娘が奇妙な絵を書き始めたり、奇行を行うようになる内容の作品です。

だんだんと日常が壊れていき、じわじわと徐々に沸き上がってくる怖さが実感できます。

第1回「幽」怪談文学賞大賞を受賞した作品です。

何とも言えない怖さで2度読みはできないと思います。

17.『二十螺旋の悪魔』上・下 梅原克文

人間のDNAを視点においたSFバイオホラー作品です。

派手なアクションがあったり、サイバーパンク描写があったりで楽しめます。

まさにハリウッド映画の醍醐味を味わえるような展開に驚きです。

SFものが好きな方には見逃せない1冊です。

18.『ぼっけえ、きょうてえ』岩井志麻子

明治から大正にかけての岡山を舞台にした4話からなる、短編作品です。

表題のぼっけえ、きょうてえとは「とても、怖い」という意味であるようで、表題の作品の他に、「密告函」「あまぞわい」「依って件の如し」の3点が収められています。

貧困社会ゆえの惨劇がとてもリアルに描かれています。

第13回山本周五郎賞、第6回日本ホラー小説大賞をそれぞれ受賞しています。

女性独自の観点からの描写に驚きを隠せません。

19.『夜までに帰宅』二宮敦人

「夜」をテーマにした高校生が遭遇するサバイバルホラー作品です。

人間社会の恐ろしさを表現していて、ハラハラ・ドキドキの連続です。

話のテンポもよく、さらりと読めるものを探している方にはかなりおすすめです。

20.『祝山』加門七海

肝試しを行った旧友から相談のメールが届くところから始まるリアルホラー作品です。

ジワリジワリと忍び寄る怖さが実感できます。

ホラー系を読んだ方の中でも最近では一番怖かったという感想が多いです。

誰の身にでも起こりそうな隣にある恐怖を味わえると思います。

21.『死霊列車』北上秋彦

東京と出雲で発生した謎の狂犬病により日本がゾンビ化の危機に、さらされるというタイムリミットホラー作品です。

まるで映画のようなストーリー展開なので飽きることなく読んでいて楽しくなります。

列車がメインなので、自分も列車の乗客になったかのような気分に浸れます。

22.『赤いべべ着せよ』今邑彩

鬼女伝説が伝わる街で起こる幼女殺人に絡むホラーミステリー作品です。

人間の心理状態は本当に紙一重でこうも変貌してしまうのかと思うくらいです。

まさに現実味がある恐怖が味わえます。

衝撃のラストの展開でさらに驚くこと間違いありません。

23.『深く深く、砂に埋めて』真梨幸子

過去に一世を風靡したひとりの女優によって転落していく男たちを描いた作品です。

社会を生き抜く為、自分の願望に正直な女性の姿が手に取るように分かります。

その正直さと類いまれな美貌が男たちを狂わせていったのです。

ラストのシーンでこのタイトルにした意味がしっくりくるのが解ります。

24.『夜市』恒川光太郎

「夜市」「風の古道」2篇が収められているファンタジーホラー作品です。

いつも見ている当たり前の世界の向こう側には「世にも奇妙な物語」風な違った世界が存在するのです。

「夜市」で第12回日本ホラー小説大賞を受賞しています。

終わりのない「怖さ」が感じられる2作品だと思います。

25.『おしまいの日』新井素子

幸せだった夫婦に突然訪れる危機を描いたサイコホラー作品です。

ひとりの主婦が遭遇する「正常」と「異常」は本当に紙一重なのかもしれません。

夫婦にとって、人間にとって、大切なものは何かを教えてくれる1冊だとおもいます。

26.『アミダサマ』沼田まほかる

産廃処理場の冷蔵庫から発見された幼子のミハル、そのミハルの周りで起こる事象に、端を発し展開していくホラーサスペンス作品です。

人間の欲望、傲慢が良くわかる作品であり、仏教の世界も垣間見ることができます。

得体のしれない安心と恐怖が同時に味わえる作品です。

27.『夜行』森見登美彦

10年前、京都鞍馬の火祭りで仲間の一人が失踪したことに端を発するファンタジーミステリー作品です。

筆者の風景描写がとても秀逸なので、思わず行ってみたくなります。

読み進んでいくことにより不思議な気持ちになっていくのが解ります。

幻想と現実が交錯するような世界を感じ取っていただけると思います。

28.『ぼぎわんが来る』澤村伊智

「ぼぎわん」という得体の知れないものに振り回されるノンストップホラー作品です。

今まで読んだホラーサスペンスの中で最高に怖かったとの声がかなり多いです。

選考委員全てが賞賛して、第22回ホラー小説大賞を受賞しています。

30.『お見世出し』森山東

こちらは京都を舞台にした3篇を収録したサスペンスホラー短編作品です。

表題の他には「お化け」「呪扇」が収められていて、京都ならではの、様々なしきたりとかが分かりやすく表現されています。

第11回日本ホラー小説大賞短編賞をタイトルの「お見世出し」で受賞しています。

表紙の怖さに圧倒されるかもしれませんが中身にはもっと圧倒されます。

スポンサーリンク

まとめ

怖いけど、読んでみたい!そんなサスペンスホラー小説を30選、厳選してご紹介させていただきました。

きっとお気に入りのサスペンスホラー小説を見つけていただけると思います。

この機会に少しだけ、足を踏み入れていただき怖さに浸ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-おすすめ推理小説, サスペンス一覧(作家別)

Copyright© サスペンスLIFE , 2019 All Rights Reserved.