サスペンス原作本 管理人コラム・雑記

内田康夫『浅見光彦シリーズ』に登場する魅力的ヒロインBEST4

更新日:

ほとんどの小説やテレビドラマ・映画等では主人公がいて、またそれに対するヒロインがいて、作品が進行していきます。

逆にヒロインが主人公の場合も多々あります。

テレビや映画では顔が見えるので自分好みのヒロインが出るとその仕草や言動に惚れ惚れしてしまいがちですが、小説の場合はその作家の表現で自分なりのヒロインを想像し、こういう性格でこの容姿ならこの女優が適任とかという想像の楽しみもひろがるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

内田康夫『浅見光彦シリーズ』に登場する魅力的ヒロインBEST4

『浅見光彦シリーズ』には必ずと言っていいほどヒロインが登場します。

事件の関係者であったり、また事件の当時者であることもあります。

性格も様々でいろいろな場面でその性格が浮き彫りにされていきます。

いずれのヒロインも最終的には浅見光彦に惹かれていくのです。

しかし、彼の方はうすうす気配を感じていながらいいところまで行く場合もあるのですが、最終的に踏み切ることができなく結局、それっきりになってしまいます。

管理人なりの主観で恐縮なのですが、彼、浅見光彦に合う魅力的なヒロイン4名を4作の『浅見光彦シリーズ』の中から選定させていただきました。

ヒロイン①「平家伝説殺人事件」に登場、稲田佐和

「後鳥羽伝説殺人事件」に次ぐ伝説シリーズ第二弾。

浅見光彦の登場は本作品で終わりにしようと思った内田康夫氏でありましたが読者からの強い要望でシリーズは継続されるようになったようです。

さて、ヒロインの稲田佐和ですが作品の中の言葉で「祖父が、浅見さんのこと、とてもいい人だって、言ってました」。

という問いかけに対して、浅見の返答は「あなたは、どうなのです」と問いかけ、さらに佐和が「え? ・・・」と答える場面がありますが、浅見光彦がここまで積極的な言葉を発することは珍しいです。

さらに、光彦を積極的にさせた場面があります。

警察署に佐和が連行されたとき、警察に関係を聞かれると光彦は佐和のことを「恋人です」とはっきり言っています。

いつもヒロインから好意を持たれる光彦ですが、この作品においては光彦が好意を持っていることが伺われます。

ヒロイン②「高千穂伝説殺人事件」「歌わない笛」に登場、本沢千恵子

2作品に登場する、本沢千恵子、聡明で美人なヒロインですが、少し気の強い性格のようです。

作品の中のやり取りで光彦に「ここでご一緒させていただいてはいけないんですか」と同室したホテルで投げかける言葉。たじろぐ光彦。

一室の仕切りに座卓を衝立替わりにして、同じ部屋に泊まり、そのまま朝を迎える。

据え膳食わねば男の恥を地でいっている光彦ですが何とも男として情けないやら悲しいやらどうしようもないです。光彦にとっては甘えてくる女性よりも、少し位、気の強い女性が向いているのかもしれません。

内田康夫氏も2作品に本沢千恵子を登場させたということは、それだけ彼女が魅力を持った女性であることを認めている証ではないでしょうか。

ヒロイン③「ユタが愛した探偵」に登場、式香桜里・湯本聡子

浅見光彦最大の危機(?)とされている作品です。(浅見光彦女性ファン)

「浅見さん、私を抱いて・・・・」香桜里はそう言って、上体を凭せかけてきた。というフレーズが作品の中にあります。

沖縄のユタという、言うなれば恐山のイタコのような存在がこの作品のヒロイン式香桜里です。

沖縄が舞台となっている作品だけに登場人物の多くが沖縄の方言を話しており、あまり聞き慣れない言葉が独特な雰囲気を醸し出しています。

いままでの浅見光彦シリーズとは一風変わった感じが、深く印象に残った作品でした。

ただこの作品にはもうひとりのサブヒロイン、少し気の強い、琵琶湖テレビ報道部記者の 湯本聡子の登場も注目です。

私は式香桜里が言った言葉「いちどだけ、『香桜里』って呼んでください」が妙に印象に残っています。

スポンサーリンク

まとめ

魅力的な女性は街を歩いていると、その容姿からしか想像はできませんが、たくさん見受けられます。しかしその性格までは分かりません。

人それぞれ、魅力的な女性の捉え方は異なると思いますが、『浅見光彦シリーズ』に登場するヒロインはどれも魅力的です。

その中でも、私が自分の独断と偏見で選ばせていただいたのが、これらの4作品に登場する4人です。控えめでおしとやか、気は強いがまっすぐ等・・・・。

その女性なりの良さを持っていると思います。

独身のあなた、あなたの身の回りにも魅力的な女性はたくさんいると思います。

もう一度、見渡してみてはいかがでしょうか。

きっと、見つかるはずですよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-サスペンス原作本, 管理人コラム・雑記

Copyright© サスペンスLIFE , 2019 All Rights Reserved.