おすすめ推理小説 サスペンス一覧(作家別) サスペンス原作本

誉田哲也のおすすめ作品ランキング10選【姫川シリーズだけじゃない!】 

誉田哲也氏のおすすめ小説をランキング形式で、10選ご紹介させていただきます。

誉田氏といえば「姫川玲子シリーズ」があまりにも有名ですが、その他の作品も見逃すことはできません。

これからご紹介させていただく作品は、誉田哲也氏の幅広い作風をもとに厳選したものばかりです。

誉田氏は小学校時代は漫画家に憧れて、中学に入ると音楽に目覚めて漫画家を諦め、音楽に没頭しますが、30歳を目前に音楽も諦めてしまいます。

そして小説家の道を歩み始めるのです。

大手サイトを参考に人気作品を選定してますので、初めて読む方でも作品の良さを実感できると思います。

濃密な経験をした誉田氏の作品を、どうぞお楽しみください。

スポンサーリンク

誉田哲也のおすすめ作品ランキング10選【姫川シリーズだけじゃない!】

幅広い作風の誉田哲也氏の作品の特徴はなんといっても、女性を主人公にしたものが多く、かなりの作品が映像化されています。

そんな誉田哲也氏の作品を様々なランキングデータに基づいて、特に人気のある10選を厳選してご紹介させていただきます。

10位:『ハング』

冒頭は軽いタッチで始まりますが徐々にハードになり、まるでハードボイルドになってしまう、そんな作品です。

次々と目まぐるしく変わる展開に、ページをめくる手が止まらなくなってしまいます。

登場人物が次々に死んでいく、そんな醜悪な事件に捜査一課の堀田班が挑んでいくのです。

ここがポイント

やりきれなさが残る結末ですが、作者の社会に対する憎悪の顕れを示しているようにも思えます。

一読していただければ、その意味が分かると思います。

中央公論新社
¥755 (2021/05/13 21:21:00時点 Amazon調べ-詳細)

9位:『ブルーマーダー』

姫川玲子シリーズの6作目の作品であり、かなりエグい場面が次々と登場します。

ここがポイント

反社会勢力を暴力で圧倒するさまは、描写としてはエグいのですが何故が気持ちよさも残ります。

そしてその相手に立ち向かう、姫川玲子のドライさにはシビレてしまいます。

テンポのいいストーリー展開に、巻き込まれること間違いない作品です。

光文社
¥814 (2021/05/13 21:21:01時点 Amazon調べ-詳細)

8位:『感染遊戯 警部補 姫川玲子』

姫川玲子シリーズでありながら、今回、姫川は脇役に徹しているのです。

ここがポイント

なんの関連もない事件が、最終的につながっていくという、ストーリー展開になっています。

感染の意味が徐々に判明していくさまに、興味津々となり、目が離せません。

伏線が最後の最後に回収されていき、かなり楽しめる作品です。

7位:『ジウ(Ⅰ)ー警視庁特殊犯捜査係』

ジウシリーズ第一弾の作品であり、人質籠城事件を解決するために、二人の性格の全く違う女性警官が挑む話です。

スピード感のあるストーリー展開なので、飽きることなく読み進んでいけます。

ここがポイント

二人の女性警官の対比にドキドキ感を覚えながらも、次のストーリーに伏線を張っているような感覚に陥ります。

ジウシリーズの初めの一歩であり、かなりハマってしまうと思います。

6位:『ヒトリシズカ』

ストーリーごとに主人公が変わる5編からなる連作短編集です。

しかし最終的には一つに繋がる流れになっていて、物語は展開していきます。

伊東静加という一人の女性を浮き彫りにしていくさまは、大変興味をそそられ驚きを隠せません。

ここがポイント

不思議な魅力を備えた作品であり、もう一度読み返したくなってしまいます。

5位:『インビジブルレイン 警部補 姫川玲子』

ここがポイント

姫川玲子シリーズでありながら、衝撃的なシーンはそれほどありませんが、姫川の女性たる一面が垣間見ることができます。

そうは言っても、いつもの安定した面白さは健在です。

暴力団がらみの殺人事件の話ですが、警察組織の内部まで浮き彫りにされます。

映画化もされていて、誉田氏の作品の中でもかなり人気があります。

4位:『武士道シックステーン』

小さい頃からひたすら剣道に打ち込む女性、香織、そんな香織が剣道の試合で出会った早苗。

そんな二人が主人公になり、織りなす青春ストーリーです。

誉田氏が描く警察小説のイメージとは全然別ものであり、誉田氏のジャンルの広さに驚いてしまいます。

ここがポイント

共感・感動したいと思う方には、かなりおすすめの作品です。

3位:『シンメトリー 警部補 姫川玲子』

七つのストーリーが詰まった短編集であり、主人公は勿論、姫川玲子です。

サクサク読めて、彼女の魅力がかなり堪能できます。

ここがポイント

短編なのに長編のような面白さが、ギュッと詰まっているような感覚さえ覚えます。

姫川玲子シリーズのファンにとっては外せない、彼女の魅力がいっぱい詰まった作品です。

2位:『ソウルケイジ』

姫川玲子シリーズの第二弾であり、姫川の女性らしい一面も伺えます。

ストーリー的には切ない事件であり、子供に対する父親の想いが描かれていて、切なくなってしまいます。

ここがポイント

魅力的な登場人物の活躍に胸が躍る反面、驚くべき事実が次々に浮かび上がる作品です。

光文社
¥755 (2021/05/13 21:21:06時点 Amazon調べ-詳細)

1位:『ストロベリーナイト 警部補 姫川玲子』

誉田哲也氏と言ったら、ストロベリーナイトというくらいご存知の方も多いと思います。

姫川玲子シリーズの第一弾であり、彼女の衝撃のデビュー作品です。

ここがポイント

グロい表現がかなり出てきて、リアル感タップリで、ハラハラ、ドキドキの連続です。

この作品で、このシリーズにハマってしまう、読者の方が多いのも頷けます。

スポンサーリンク

《まとめ》

多種多様な作風で描く、誉田氏の作品のご紹介はお楽しみ頂けましたでしょうか。

個性的な女性が活躍する作品もあり、シリーズ化されています。

個人的に姫川玲子シリーズの大ファンですが、その他に面白い作品がたくさんあります。

まだ読んでいない作品がありましたら、この機会に是非読んでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-おすすめ推理小説, サスペンス一覧(作家別), サスペンス原作本

© 2021 サスペンスLIFE