おすすめ推理小説 サスペンス一覧(作家別) サスペンス原作本 ホラー小説 海外もの

最恐の海外ホラー小説20選をご紹介

とても怖いホラー小説が読みたい方に、海外ホラー20選のおすすめをご紹介させていただきます。

・本当に怖いだろうか?
・日本のものとの違いはあるのか?
・読みやすいだろうか?

このような疑問に応えるべく、ご紹介させて頂く作品は映画化されたものもあり、きっとご満足いただける怖いものばかりです。

この機会に是非、海外のホラー作品の怖さを味わってみてください。

スポンサーリンク

最恐の海外ホラー小説20選をご紹介

海外のホラー小説は日本のホラー小説とは一味違った怖さがあるのです。

ご紹介させていただきます20選は、自信を持っておすすめできる怖い作品ばかりです。

是非、海外のホラー小説の怖さをこの機会に、満喫してみて下さい。

①『地獄の家』 リチャード・マシスン

怨霊に呪われた魔の館を調査しにやってきた4人に襲いかかる、恐怖と怪奇現象の話です。

ヘルハウス」というタイトルで映画化もされていますので、ご存知の方もお見えになると思います。

どこにでもあるといったオカルトホラーではなく、人間の視点や心の底にあるものに焦点を当てています。

恐怖が2倍にも3倍にも増幅する事、間違いありません。

②『アメリカンサイコ』上・下 ブレット・イーストン・エリス

昼はエリートサラリーマンの顔を持ち、夜は異常性欲を持つ殺人鬼である男の話です。

イギリスの有名新聞「ガーディアン紙必読1000冊」にも選定された作品で、映画化もされています。

殺戮が加虐的であり、グロテスクなシーンは恐怖そのものです。

③『ローズマリーの赤ちゃん』 アイラ・レヴィン

悪魔の子を産むこととなる女性の心理を描いた、古典的サスペンスホラーです。

タイトルは余りにも有名で映画化もされていて、日本では馴染みのない悪魔崇拝のことが描かれています。

何かがおかしいと思いながらも、物語に徐々に引き込まれていき、最後には驚きの結末に到達してしまいます。

蛇足ですが、映画の舞台になったアパートはかって、ジョン・レノン、オノヨーコ夫妻が住んでいた、ダコタ・ハウスです。

④『ずっとお城で暮らしてる』 シャーリイ・ジャクスン

家族毒殺事件があった屋敷で暮らしている、生き残った姉妹と叔父の周りで起こる怖ろしい出来事の話です。

モダン・ゴシックの女王の代表作であり、少女の視点から人間心理の残酷さを描いています。

二種類の恐怖が味わえてイヤミスの海外版として、まさしくハマってしまいます。

⑤『20世紀の幽霊たち』 ジョー・ヒル

17篇の作品がギッシリ詰まった怪奇的幻想短編集です。

次はどんな怖い作品と出会えるのかと思うだけで、ページをめくる手が震えながらもウキウキしてしまいます。

デビュー作ながらブラム・ストーカー賞、英国幻想文学大賞、国際ホラー作家協会賞など数々の賞を受賞しています。

筆者はあのモダンホラーの第一人者であるスティーヴンキング氏の息子です。

短編集に限って言えば、父親を超えているのではないでしょうか。

⑥『絢爛たる屍』 ポピー・Z.ブライト

同性愛者の殺人鬼たちが、青年を餌食にするグロい話です。

狂気と残虐性では、他に類を見ないという感想が多いのも分かります。

食事の前後には読まない方がいいかもしれません。

もう一度読み返すと、更なる恐怖にはまってしまいますよ。

⑦『虚ろな穴』 キャシー・コージャ

物置の床に空いた直径30センチくらいの大きな穴に、纏わる恐怖の話何か

デビュー作にしてブラム・ストーカー賞、ローカス賞を受賞しています。

床に穴があいていたら、覗き込んだり、何かモノを入れてみたくなったりしたことはありませんか。

それが恐怖への入口になっていることだって、あるのかもしれないのです。

⑧『シャイニング』上・下 スティーヴン・キング

雪に閉ざされたホテル内で起こる恐怖現象の連続、いわゆる幽霊屋敷ものと言われる怪談です。

映画化もされていて、かなりの人気があります。

狂気と正常の狭間に吸い込まれていきそうな感覚に陥ってしまいます。

閉ざされた空間の中の、恐怖を味わうことができる作品です。

⑨『吸血鬼ドラキュラ』 ブラム・ストーカー

あまりにも有名な吸血鬼ものの元祖であり、皆さんが描いているものよりも、かなり奥深い話が綴られています。

フランシス・コッポラ監督により「ドラキュラ」というタイトルで映画化もされています。

たくさんの作家が描いている、吸血鬼もののバイブル的作品です。

古典ではありますが、ジワリジワリと迫りくる恐怖感に慄いてしまいます。

⑩『キャリー』 スティーヴン・キング

家庭では虐待され、学校ではいじめにあう少女が、全てのものに復讐する話です。

巨匠スティーヴンキング氏のデビュー作であり、幾度となく映画化されていて人気があります。

話自体はシンプルな展開で推移していきますが、読後感は複雑極まりない心境になってしまいます。

⑪『氷の双子』 S・K・トレメイン

双子の娘の一人の死に伴い、引越しをして再起をはかろうとする夫婦にふりかかる悪夢、サイコスリラーです。

刊行するやいなや、人気が急騰し英紙で1位を獲得しました。

壊れていく母親の心情が描かれていて、イヤミスっぽさと同時に心理的怖さが残る作品です。

⑬『淑やかな悪夢』 シンシア・アスキス他

12篇を集めた有名作家による怪談短編集です。

収められている作品はどれも人気がありますが、中でも「黄色い壁紙」の人気が高いようです。

恐怖感にはそれぞれの手法があり、バリエーションに富んだものばかりですので飽きることがありません。

スキマ時間を利用して読むには、最適のゾクっとくる話ばかりです。

⑭『ジキル博士とハイド氏』 ロバート・ルイス・スティーブンスン

現在では誰もが知っている、二重人格の代名詞となっている「ジキル博士とハイド氏」、その言葉の元になった話です。

あまりにも有名でドラマ化や映画化も幾度となくされていて、実際にモデルとなった人物もいたようです。

単なる二重人格者の話に終わることなく、きちんとホラー要素をもった作品であり、一読して頂ければなるほどと納得できます。

⑮『隣の家の少女』 ジャック・ケッチャム

隣家に引越ししてきた二人の少女が狂気にかられた母親により、虐待が繰り返されるという話です。

異様さがこの上もなく感じ取れる、グロテスクな描写の連続です。

かのスティーヴンキング氏が大絶賛するのも納得できます。

違った怖さを痛感できるイヤミス作品に間違いないと思います。

⑯『ぼくが死んだ日』 キャンデス・フレミング

舞台はアメリカ、シカゴであり、少年・少女たちが自分たちが死んだ日のことを語っていくという9話からなる連作短編集です。

各作品の語り手の話術で、様々な趣向で楽しませてくれる内容となっています。

恐怖感を味わいながらも、読後感は意外にスッキリした感覚の作品です。

⑰『邪悪な少女たち』 アレックス・マーウッド

25年前に少女二人が犯した幼女殺害事件、そしてまたその少女二人が偶然にも出会い、その真実が明らかになる話です。

アメリカ探偵作家クラブ賞最優秀ペーパーバック賞を受賞しています。

イヤミスという内容だけでは片付けられない、人間の心の奥深さ分かる作品です。

⑱『丘の屋敷』 シャーリイ・ジャクスン

丘の上に立つ幽霊屋敷に訪れた3人の男女にふりかかる、様々な怪奇現象の話です。

怪奇小説の中でも群を抜いてすばらしいと、巨匠スティーヴンキング氏が絶賛しています。

ストーリー展開は割合ゆっくりなのですが、その分想像力がかなりかき立てられます。

人間の心の奥底に潜んでいる不気味さが分かる作品です。

⑲『ルインズ-廃墟の奥へ』上・下 スコット・スミス

行方不明になった弟を探しに、ジャングルへ向かう兄に降りかかる恐怖の話です。

そしてジャングルの奥で遭遇した恐怖は、何だったのか。

アメリカのホラー小説ブログではかなり絶賛されていて、映画化もされています。

日本のホラーにはない絶妙な結末を、楽しんでいただける作品です。

⑳『黒衣の女 ある亡霊の物語』 スーザン・ヒル

亡くなった老婦人の館で起こる、忍び寄る恐怖を描いた話です。

「ウーマン イン ブラック」というタイトルで映画化もされた正統派ゴーストストーリーです。

ジワリジワリと迫り来る展開は、何ともいえないモダンな恐怖を味わうことができます。

古き良きイギリスを知るには、もってこいの作品です。

スポンサーリンク

まとめ

海外のホラー小説は日本のホラーとは少し趣の違った作品もあり、ホラー小説好きな方には勿論のこと、初めて手に取る方でもかなり楽しめると思います。

ご紹介させて頂きました作品は殆どが映画化されていて、大変人気の怖い作品ばかりです。

様々な恐怖に浸って、楽しんで頂けましたら幸いに思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-おすすめ推理小説, サスペンス一覧(作家別), サスペンス原作本, ホラー小説, 海外もの

© 2021 サスペンスLIFE