サスペンス一覧(シチュエーション別) サスペンス一覧(作家別) サスペンス一覧(役者別) サスペンス原作本 列車モノ

サスペンスドラマシリーズおすすめ3選のご紹介

更新日:

新聞に毎日目を通す方、何かいいテレビ番組がないかと思う方はテレビの番組欄に目がいきます。

そこで、本日見たい番組のチェックや録画予約を行います。

ニュース番組・バラエティ番組・歌番番組etc・・・。

そして必ずと言っていいほど2時間サスペンスが番組欄に有りあります。

昼間の時間帯なら再放送(たまにBS放送でゴールデンタイムに再放送がありますが・・・。)があります。

サスペンス好きな方にとっては楽しみのひとつとなります。

お茶を飲みながら推理していく楽しさは時間を経つのも忘れがちで、主婦の方であれば食事の準備を忘れてしまいがちなのではないでしょうか。

スポンサーリンク

サスペンスドラマシリーズおすすめ3選のご紹介

現在も人気で相も変わらない2時間サスペンスを観る方はシリーズで判断する方、出演俳優で判断する方、またはその両方で判断する方と様々ですが、とにかく人気が高い番組であることは確かです。

サスペンスの女王とかサスペンスの帝王とかの呼び名のある俳優もいるほどです。

私が数々の2時間サスペンスを観てきた中でもおすすめしたい、シリーズ三選を出演俳優のプロフィールも交えながらご紹介していきたいと思います。

シリーズ①タクシードライバーの推理日誌:渡瀬 恒彦

渡瀬恒彦は本名であり、俳優で兄の渡哲也の弟であり、一時今は亡き大原麗子と結婚生活を営んでいた時期もありました。

サラリーマンからの転身で主にアクション映画やヤクザ映画に出ていました。

この作品の原作は笹沢左保の「夜明日出夫の事件簿」シリーズで、渡瀬恒彦扮する大同交通のタクシードライバーである夜明日出夫(通称:夜明さん)がタクシードライバーの視点を通して、乗客が関わった事件(ほとんどが殺人事件)を解決していくという作品。

いわゆる『巻き込まれ型』の推理サスペンスです。

元警視庁捜査一課強行犯第7係の警部補であったが辞職し、妻とも離婚してひとり暮らしをしています。

シリーズとしては1992年から継続して放映されており、サスペンスとしては異例の長寿シリーズです。

現実ではありえない警察関係者とのやり取りも面白く、複雑な人間関係なども垣間見える作品であると思います。

渡瀬恒彦氏のご冥福をお祈りいたします。

シリーズ②狩矢警部シリーズ:船越 英一郎

船越英一郎、本名:船越栄一郎(読み方同じ)俳優で司会者であり、父は俳優の船越英二、妻は女優の松居一代。テレビドラマでデビュー。

今や【サスペンスの帝王】と呼ばれている。

『狩矢警部シリーズ』は実際に存在しないシリーズで山村美紗作品を原作に謎解き役の主人公を狩矢警部に置き換えて制作されています。

船越英一郎扮する狩矢荘助、京都府警本部刑事部捜査一課警部が活躍する2時間サスペンス。

京都好きな方には堪らない京都の名所・旧跡が出てきます。

テレビの映像なので実際の景色などがみれる為、行ってみたい衝動にかられます。

ちなみに狩矢警部は大の和菓子好きで洋菓子は嫌いとの事です。

さすが、京都ならではの設定です。

シリーズ③十津川警部シリーズ:高橋 英樹

高橋英樹(本名も同じ)高校在学中に日活ニューフェース

第5期として日活株式会社に入社。

時代劇シリーズの『桃太郎侍』などで活躍していて、時代劇のイメージがかなり強い俳優であるが現在はドラマよりもバラエティ番組の出演が多い。

作品は西村京太郎の『十津川警部シリーズ』が原作で当初は『西村京太郎トラベルミステリー』であった。

相方の亀井刑事もいろいろな俳優が演じていますが、やはり、一番印象に残っているのは愛川欽也ではないでしょうか。

当初、十津川警部はあまり動かず亀井刑事役の愛川欽也がメインであった。

十津川警部が高橋英樹に変わってから積極的に演じるようになったとのことです。

時刻表を駆使したドラマ展開、いつ見ても飽きのこないシリーズのひとつだと思います。

また、前出の渡瀬恒彦も長い間、十津川警部を演じていました。

スポンサーリンク

まとめ

様々なテレビ番組がある中で人気が衰えない二時間サスペンスの魅力は一体どこにあるのでしょうか。

”必ず正義は勝つ‘‘という気持ちが観ている人に感動を与えるのか、それとも犯人を予想することによって脳が活性化して、若さが保ててボケ防止になるのか(これは私の想像ですが)と思ったりします。

サスペンスドラマファンにおすすめの3選をご紹介させていただきました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-サスペンス一覧(シチュエーション別), サスペンス一覧(作家別), サスペンス一覧(役者別), サスペンス原作本, 列車モノ

Copyright© サスペンスLIFE , 2019 All Rights Reserved.