おすすめ推理小説 サスペンス一覧(シチュエーション別) サスペンス一覧(作家別) サスペンス原作本

密室ミステリー小説好きな方に読んで欲しい名作10選

ミステリー小説には、沢山の種類があります。

その中でも人気がある密室ミステリー作品を、ご紹介させていただきます。

全ての扉は鍵が掛かっていて閉まっていたはずなのに、部屋の中には死体がある。

犯人はどうやって殺人を行い、そして逃亡したのだろうか・・・・。

様々な密室の謎を楽しみたい、作者が巧妙に仕掛けた謎に挑戦してみたい。

そんな方におすすめしたい密室ミステリー10作品をご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

密室ミステリー小説好きな方に読んで欲しい名作10選

私が今まで3000冊以上読んだミステリー小説。

その中から特に厳選させていただいた、密室ミステリー小説10選をご紹介させていただきます。

密室トリックを解明することを何よりも楽しみにしている方、是非、作者が巧妙に仕掛けたトリックを見破って、作品の醍醐味を味わっていただきたいと思います。

名作①『密閉教室』法月綸太郎

法月綸太郎氏の記念すべきデビュー作であり、数々のトリックが使われています。

学校内の密室の教室で起きた不審死、それは自殺なのか他殺なのか。

その事件の謎に、クラスメイトの工藤が挑んでいきます。

ここがポイント

展開が内容ごとに区切られているので、大変読みやすくて、楽しめます。

密室ミステリーを初めて読む方にも、おすすめの1冊です。

名作②『本陣殺人事件』横溝正史

金田一耕助名探偵が初登場する、横溝正史氏の代表作のひとつです。

婚礼の夜に旧家で起きる密室殺人を若かりし名探偵である金田一は事件を解明できるのか。

ここがポイント

幾重にも張り巡らされた伏線が駆使されている作品であり、密室トリックの草分け的作品であることは間違いないと思います。

名作③『鍵のかかった部屋』貴志祐介

密室をテーマにした4編からなる連作短編集です。

防犯コンサルタントの榎本と弁護士青砥のドタバタコンビが密室殺人事件に挑んでいきます。

ここがポイント

犯人は判明しているが、密室の謎が解けない。

短い時間で密室ミステリーを読みたい方には、最適の作品であると思います。

名作④『花の棺』山村美紗

山村美沙氏が京都を題材にした、最初の作品になります。

名探偵キャサリン嬢、初登場の作品であり、メイントリックも駆使されていて、かなり楽しめます。

ここがポイント

京都の情緒も味わえる作品で、何故か魅入られてしまいそうになる作品です。

名作⑤『46番目の密室』有栖川有栖

ご存知、火村英夫名探偵、初登場の作品となります。

雪に閉ざされた館が舞台であり、完全な密室ミステリー作品です。

簡単なのに、謎めいた密室トリックをあなたは解くことができますでしょうか。

ここがポイント

火村とアリスのやりとりが面白い作品になっています。

名作⑥『密室の鍵貸します』東川篤哉

東川篤哉氏のデビュー作となります。

ここがポイント

ユーモア的な要素が強いミステリーですが、密室トリックが駆使されていて、楽しめる作品になっています。

前出の有栖川有栖氏が、一押しで推薦されています。

名作⑦『翼ある闇メルカトル鮎最後の事件』麻耶雄嵩

こちらの作品も麻耶雄嵩氏のデビュー作となります。

人里離れた、富豪の一族が住む屋敷で発生する連続殺人。

首を切断された死体や密室殺人、本格ミステリらしい設定と題材が目白押しです。

ここがポイント

騙されるシーンが沢山出てくる作品で、大どんでん返しが好みの方にはたまらないと思います。

島田荘司、綾辻行人、法月綸太郎の三氏が揃って大絶賛されています。

名作⑧『過ぎ行く風はみどり色』倉地淳

猫丸先輩探偵シリーズ2作目の作品であり、密室殺人、降霊会、超心理学などが味わえます。

ここがポイント

ミステリ的アイデア、猫丸先輩の個性及び優しさが見事に表現されています。

倉地氏の優しさが伝わる展開になっていて、気持ちいいくらいに騙される作品に仕上がっています。

名作⑨『放課後』東野圭吾

第31回江戸川乱歩賞受賞作品であり、東野氏のデビュー作品です。

ここがポイント

次々に起きる事件や気になる登場人物、後に残る苦い余韻に引きつけられてしまいます。

青春ミステリーでありながら、驚愕の結末が待ち受けているのです。

東野圭吾氏ファンなら、見逃せない必読作品であることは間違いないと思います。

講談社
¥704 (2022/10/06 15:55:44時点 Amazon調べ-詳細)

名作⑩『七つの棺ー密室殺人が多すぎる』折原一

折原一氏のデビュー短編集であり、黒星警部が初登場します。

ここがポイント

7編からなる作品全てに密室トリックが駆使されており、気軽に謎解きに挑戦できます。

折原氏のその後の活躍の礎になった作品と言っても、過言ではありません。

まとめ

おすすめの密室ミステリー10作品をご紹介させていただきました。

今や大家のミステリー作家のデビュー作もあり、楽しんでいただけたと思います。

まだ読んでいない作品がありましたら、是非この機会に読んでみて下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-おすすめ推理小説, サスペンス一覧(シチュエーション別), サスペンス一覧(作家別), サスペンス原作本

© 2022 サスペンスLIFE