サスペンス一覧(作家別) サスペンス原作本

ミステリーファン好きに贈る『東野圭吾』作品おすすめ5選をご紹介

更新日:

ミステリー好きな方にとりましては、自分の好みの作家がいて、その作家の作品をすべて読む方、あるいはその作家の代表作品も読みながら他の作家の人気作品も読む方がいると思います。

人間というものは不思議なもので、これが好きだと思えばずっとこれでいいとその時は思うのですが時間が経つと飽きる現象が起こってきます。

次の新しいものが欲しくなります。

スポンサーリンク

ミステリーファン好きに贈る東野圭吾作品おすすめ5選をご紹介

今や絶大な人気を誇る東野圭吾氏、テレビドラマあり、映画あり、コミックあり・・・。

彼の作品が目に入らない日はないくらいの勢いです。

当初は本格的推理小説で登場したのですが段々と社会派推理小説のような現実的な推理小説に変遷しているようです。

またプライベートでは猫(捨て猫)を飼っていて、名前は「夢吉」というそうです。

さて、冒頭にも述べさせていただきましたが東野圭吾氏の作品は奥が深く飽きることなく読める作品ばかりです。

彼の作品をすべて読破することはかなりしんどいと思いますので、当サイトが厳選したおすすめ5作品をご紹介させていただきたいと思います。

おすすめ作品①【さまよう刃】

父親がどのように加害者たちに復讐していくのか、綿密な計画で実行される展開の作品で娘を持つ親の心境が解る作品です。

娘を殺した残忍極まりない犯人は少年であり少年法に守られている。

父親は娘を殺した少年たちへの復讐劇を開始する。

結局、警察組織が守ろうとしたのは被害者ではなく法律だったという最後の言葉が何とも言えませんでした。

おすすめ作品②【白夜行】

テレビの連続もので放映されましたが、原作を読むことでもっと深く入り込める作品です。

小さかった少年と少女が19年の間自分たちが犯した罪を背負いながら逃げ通し、さらに新たな罪を犯していく。

そして終焉、切なさと悲しさがあとを引く作品です。

おすすめ作品③【秘密】

サスペンスでありながら「泣ける」作品です。

切なくて読むのが辛い作品ですが、もう一度読みたい衝動に駆られます。

バス転落事故にあった親子(妻と娘)、母がかばうようにしたおかげで、娘の命は助かる。その後、母の魂が娘の身体に宿る。

父親の娘に対する接し方が微妙な変化を遂げていく。

そして謎の生活がはじまるのです。

おすすめ作品④【手紙】

犯罪加害者の家族の心境を綴った作品で東野作品を初めて読む方にはおすすめの作品です。

兄の犯した強盗殺人のせいで自分の人生が滅茶苦茶になってしまうというストーリーです。

結末は果たして、弟の生き様は変わるのでしょうか

おすすめ作品⑤【麒麟の翼】

「加賀刑事シリーズ」最高傑作と謳われる作品です。

緻密なトリックとかはなく、複雑な人間模様を描いた作品です。

日本橋にある麒麟の翼の前で腹部を刺された被害者が8分もの間、助けを呼ぶこともなく歩き続けるという場面から作品はスタートします。

労災問題も絡み社会風刺の作品との見方もできるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

たくさんの大ヒット作品を手がけている東野圭吾氏の作品はいつ読んでもその時の感想が私のなかでは微妙に変わってきます。

人間模様を題材とした作品が多いように思えてなりません。

それだけいろいろな人間を観察し人間の奥底にある、決して表には出さないような像を描いていることが彼の人気の所以であると思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-サスペンス一覧(作家別), サスペンス原作本

Copyright© サスペンスLIFE , 2019 All Rights Reserved.