おすすめ推理小説 サスペンス一覧(作家別) SF

山田正紀おすすめ作品8選をご紹介~想像できないことを想像する~

投稿日:

当サイトが厳選した、山田正紀氏のおすすめ作品8選をご紹介させていただきます。

大学卒業後、同人誌「宇宙塵」で作品を発表していましたが、編集者に託した中編小説がSFマガジンに手渡されることとなり、1974年「神狩り」という作品がSFマガジンに掲載されて、作家デビューを果します。

そして徐々にSF作家としての地位を固めていくことになります。

スポンサーリンク

山田正紀おすすめ作品8選をご紹介~想像できないことを想像する~

SF作品においては、本格的な作品からエンターテインメントに徹した作品まで幅広く、古典的な題材を取り上げることもあり、マニアックなファン層にも支持を得ています。

また、近年では、新本格ミステリに軸足を移し、ミステリ作品も数多く発表しています。

そんな山田正紀氏のおすすめ作品8選をご紹介させていただきますので、お楽しみください。

《神狩り》

人間を支配し、面白半分で弄ぶ神の支配から逃れるために戦う人間達の話です。

人間が神の文字を解読することによって、神を狩り出すという設定になっています、

ここがポイント

つまり、言語によって神を捉えることが、神を捕えてしまうという発想が斬新で衝撃的なのです。

想像できないことを想像する、熱量が凄い作品です。

¥799 (2019/09/14 13:31:55時点 Amazon調べ-詳細)

《謀殺のチェス・ゲーム》

ヤクザに追われる若いカップルのエピソードを軍事アクションと組み合わせた話です。

日本全土をチェスボードにしたかのようなチェスゲームであり、自衛隊の最新鋭の哨戒機を巡り、二人の戦略専門家による知力を尽くした頭脳戦が展開していきます。

また一方でヤクザに追われる若いカップルや自衛隊内部の敵対勢力の存在により、状況が変化していきます。

ここがポイント

リアリティの追求よりもスピード感やエンターテインメントに徹した作品です。

¥864 (2019/09/14 13:31:56時点 Amazon調べ-詳細)

《火神(アグニ)を盗め》

通称アグニと呼ばれるインドの最新鋭の原子力発電所に仕掛けられた、爆破装置を取り除くことになっただめサラリーマンたちの活躍の話です。

国際的な陰謀に巻き込まれ、一旦は日本へ帰国した、だめサラリーマンたちだったのですが、会社からは厄介者扱いを受けてしまいます。

ここがポイント

そして反撃に出る決意を固め、再びインドへ向かい、プロのスパイたちも出し抜いて、だめサラリーマンたちが自信を取り戻していく姿が何ともカッコ良く感じてしまいます。

シリアスで感動的な作品です。

《おとり捜査官 1 触覚》

警視庁科学捜査研究所、特別被害者部の北見志穂が、女性が被害者となった事件のおとり捜査を行う話です。

対象は犯人だけでなく、女性蔑視やおとり捜査を良く思わない刑事に妨害されながらも、事件解決に挑んでいきます。

おとり捜査の場面描写は緊迫して迫力もあり、捜査進捗もテンポよく進み楽しめます。

ここがポイント

素晴らしいアイデアをコンパクトにした贅沢な作品です。

《人間競馬 悪魔のギャンブル》

ガーゴイルによって、与えられた特殊能力を使って繰り広げられる、4人の男女の殺意の交錯の話です。

登場人物たちの愛憎と殺意と思惑が、絡み合っていく展開はとても面白く、決着はどうなるのだろうかと思ってしまいます。

それぞれの特殊能力を生かし、それぞれの目的に向かって生きて行くのですが、意外なところでその人生は交錯し殺意を抱いてしまうのです。

ここがポイント

ブラックながらも思いのほか爽快になれる作品です。

《ファイナル・オペラ》

終戦直前の昭和20年を舞台に、八王子の神官の一族が代々演じてきた、能「長柄橋」の秘密と能の上演中に起きた、14年前の殺人事件の真相を検閲図書館の黙忌一郎が、解き明かす話です。

語り手の奇妙な記憶、魂が変化した蝶のアオムラサキ、輪廻転生、贖罪等たくさんの事が絡んできます。

ここがポイント

現実と夢幻の狭間を彷徨うような酩酊感の果てに謎は解かれていきます。

読後感が素晴らしく余韻の残る作品です。

¥2,160 (2019/09/14 13:31:58時点 Amazon調べ-詳細)

《復活するはわれにあり》

余命宣告を受けた、車椅子の実業家が、ハイテク車椅子でハイジャッカーに立ち向かう話です。

逃げ場のない船上で繰り広げられる緊迫した攻防戦であり、思わず手に汗を握ってしまいます。

それにしても、ハイテク車椅子、「サイボイド」の威力というか、性能は凄いの一言に尽きます。

ここがポイント

山田氏、久々の冒険小説に乾杯です。

《ここから先は何もない》

三億キロの彼方の小惑星から、4~5万年前のものと目される、化石人骨が発見される話です。

そして、その人骨を巡り、曲者揃いのチームが米軍施設に侵入し、人骨の謎を解く展開になります。

ここがポイント

この作品の醍醐味は終盤部分の怒涛の謎解きであり、最後に至って明らかになるテーマはまさに山田氏の真骨頂です。

JPホーガンの「星を継ぐもの」のオマージュであり、超高度なハッキング、宇宙SF、超人工知能、人類誕生の謎といった要素を盛り込んで、壮大な話に仕上げている作品です。

¥2,052 (2019/09/14 13:31:59時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

まとめ

山田正紀氏の作品はいかがでしたでしょうか。

まだ読んでいない作品がありましたら、是非この機会に読んでみてください。

楽しさが広がりますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-おすすめ推理小説, サスペンス一覧(作家別), SF

Copyright© サスペンスLIFE , 2019 All Rights Reserved.