おすすめ推理小説 ホラー小説

吉村達也おすすめ作品8選をご紹介~その卓越した発想力で描写~

投稿日:

当サイトが厳選した、吉村達也氏のおすすめ作品8選をご紹介させていただきます。

大学卒業後、フジサンケイグループに入社し、ニッポン放送制作部ディレクター、編集部員を経て、扶桑社へ出向します。

扶桑社時代に書いた「Kの悲劇」で作家デビューを果し、1990年より専業作家となります。

スポンサーリンク

吉村達也おすすめ作品8選をご紹介~その卓越した発想力で描写~

また、ニッポン放送在籍中に、ラジオディレクターでありながら、オールナイトニッポンのパーソナリティを半年間担当しています。

デビューした当初は派手なトリックものを多く執筆していましたが、段々とトリックよりも人間の心理を重視するストーリー展開の作品がメインとなっていきます。

2014年5月14日に進行性胃ガンの為、60歳の人生に幕を閉じますが、自らのオフィシャルサイトに「長らくごぶさたしておりました。突然ですが、私はこの度、死んでしまいました」と発表がなされました。

そんな吉村達也氏のおすすめの作品8選をご紹介させていただきますので、どうぞお楽しみください。

《初恋》

16年前の中学生の時に、一度だけキスをした女性につきまとわれる話です。

自分にとっては淡い初恋の思い出でも、相手にしてみれば初恋はまだ終わっていなくて、現在進行形で進んでいるのです。

ここがポイント

常軌を逸した女の執念が現実にありそうで怖すぎて、人間の狂気をを感じてしまいます。

ストーカー物の原点のような作品です。

《文通》

16歳の女子高生が文通専門雑誌にペンパルの募集を出したところ、奇妙な4通の手紙が届く話です。

そしてその手紙が恐怖の始まりだったのです。

ここがポイント

文字に宿る狂気、顔の見えない恐怖、回数を重ねる毎に増していく不安、ひたひたと背後に近づてい来る不気味さがあります。

個人情報を安易に発信してしまうことが、どんなに恐ろしいことなのかが分かります。

異常な人間の怖さがわかる作品です。

角川書店
¥596 (2019/09/15 01:35:25時点 Amazon調べ-詳細)

《お見合い》

結婚前に遊びのつもりでお見合いをした女性が、相手の男性に一目惚れされる話です。

幸せ絶頂の優越感からくる想いなのか、ちょっとした油断で人は奈落の底に突き落とされてしまうのです。

お見合いに関わる様々な人たちの、自分よがりの業がおそろしく描かれています。

ここがポイント

自分がしたことは、全部自分に跳ね返ってくるものなのです。

《姉妹ーTwo Sisters》

母が亡くなり、父親と母親代わりのウンジュと暮らすスミとスヨンの姉妹に奇妙な現象が起き始める話です。

韓国映画「箪笥」の小説版であり、韓国の古典怪談である、「薔花紅蓮伝」を元に創作しています。

確かに幽霊も登場する場面もありますが、それよりも人の心の闇の方が、よっぽど不気味な印象を受けます。

ここがポイント

謎解きをされるまで、全くと言っていいほど何も見えてこない、想像力を掻き立てられる作品です。

《ビンゴ》

みんなから、いじめを受けていた女子高生のヨリコが自殺し、その後、クラスメイトが一人ずつ変死をとげる話です。

学校の教室の席順がビンゴゲームに見立てられ、ゲーム感覚で人が次々に死んでいきます。

森の中で百物語を行う部分での怪奇な出来事も怖く、25席の教室でのビンゴで死ぬ様はさらに怖いです。

ここがポイント

ミステリー要素も含んでいて、恐怖の中にも謎が生まれる作品です。

¥885 (2019/09/15 01:35:27時点 Amazon調べ-詳細)

《生きてるうちに、さよならを》

親友の葬儀や講演をきっかけに、生前葬を考える会社社長の話です。

しかし、自分よりも妻が不治の病に侵されていたり、社長の座を狙う副社長の思惑を知るなど、生前葬のことがキッカケでいろいろなことが分かってきます。

ここがポイント

ただの身勝手な男の手記のように見せかけて、妻の過去に興味を示したところから、ストーリーは意外な展開を見せていきます。

人の心の陰の部分はなかなな見えないものなのです。

《鬼の棲む家》

新婚間もない華子は古びた借家で夫の亮介を殺害してしまう、そこは呪われた家だったのです。

序盤はホラー小説のような雰囲気で、怖さが半端なく伝わってきて、中盤かけては加害者の裁判、マスコミとの関わり方などが描かれています。

そして終盤にかけては、事件に関わる複数の人間の視点で捉えられているので、サスペンス感覚でかなり楽しめます。

ここがポイント

鬼の正体に唖然としてしまいます。

¥535 (2019/09/15 01:35:28時点 Amazon調べ-詳細)

《赤ずきん》

女子大生の夕紀が、赤ずきんの呪いに巻き込まれていく話です。

ある女の子の家で家庭教師をすることになった夕紀、訪れたその家に居たのは、常識を逸脱した赤ずきんの姿をした老婆であったのです。

そのことがキッカケで夕紀は頭の中で変な声が聞こえたり、妙な幻覚を見るようになってしまいます。

ここがポイント

ラストに呪いの恐ろしさをまざまざと感じてしまいます。

¥720 (2019/09/15 01:35:28時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

まとめ

吉村達也氏の作品はいかがでしたでしょうか。

まだまだ暑さが続いていく中で、少しは涼しさを感じていただければと思います。

まだ読んでいない作品がありましたら、是非とも、この機会に読んでみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-おすすめ推理小説, ホラー小説

Copyright© サスペンスLIFE , 2019 All Rights Reserved.