おすすめ推理小説 おすすめ本

百田尚樹おすすめ作品12選をご紹介~読者を楽しみの世界に誘う~

投稿日:

当サイトが厳選した、百田尚樹氏のおすすめの作品を12選ご紹介させていただきます。

大学中退後、テレビ局のプロデューサーに目をかけられ、放送作家となり、人気番組「探偵!ナイトスクープ」のチーフライターを25年以上勤めています。

そして2006年に「永遠の0」という作品を発表し、小説家デビューを果します。

スポンサーリンク

百田尚樹おすすめ作品12選をご紹介~読者を楽しみの世界に誘う~

その後数々の人気作品を発表し、2013年には「海賊とよばれた男」という作品で本屋大賞を受賞し、受賞会見で「直木賞なんかよりもはるかに素晴らしい、文学賞の中で最高の賞だ」といった言葉は注目を集めました。

そして、同年「フォルトゥナの滝」という作品で初の週刊誌連載を開始しています。

そんな百田尚樹氏のおすすめの作品を12選ご紹介いたしますので、楽しんでください。

《永遠の0》

第二次世界大戦の零戦パイロットだった宮部久蔵を追っていく物語です。

主人公である宮部久蔵が臆病者として評されるところから、物語ははじまります。

その後、様々な生き証人の話を聞くにつれて、宮部久蔵の真の姿が明らかになっていきます。

ここがポイント

死にたくないと言っていた久蔵が最後には自分から死ぬことを決断してしまうのです。

特攻隊員たちが本当に思っていたことが分かる作品です。

講談社
¥946 (2019/08/25 09:20:16時点 Amazon調べ-詳細)

《BOX!》

ボクシングに打ち込む高校生たちの話です。

二人の高校生がボクシングを通して、肉体的にも精神的にも強くなっていく様が描かれています。

ボクシングのことがあまり分からなくても、的確な解説で補いながら話が進むので、入り込みやすくなっています。

随所に見えるボクシングに関する深い知識と、躍動感溢れる練習と、試合描写には目が離せなくなってしまいます。

ここがポイント

読後感が爽やかで前向きな気持ちになれる作品です。

《風の中のマリア》

オオスズメバチの戦士であるマリアの半生を描いた話です。

蜂が主人公という変わった設定ですが、序盤から話の中に引き込まれてしまいます。

ここがポイント

擬人化された、マリアの言葉や行動は、これまで知らなかった、オオスズメバチだけでなく、他の昆虫の生態も教えてくれます。

人間と比べるとはるかに短い、成虫で30日間という一生の中で、おのおのが自分の役割を果たし、死んでいく姿に感動してしまう作品です。

講談社
¥605 (2019/08/25 09:20:17時点 Amazon調べ-詳細)

《モンスター》

醜い顔のせいで、屈辱を味わってきた女性が、整形を繰り返し、かって自分を蔑んできた者たちへ復讐をする話です。

整形・美容に関することや、風俗に関わる人間たちの、今まで知ることのできなかった世界が面白く描かれています。

この作品を読んでいると「人は見た目ではない」という言葉が説得力を失ってしまいそうになります。

ここがポイント

命を削ってまで、繰り返した整形によって、手にいれた美貌は何をもたらしてくれるのか、はたまた何を失ってしまうのか、考えさせられる作品です。

幻冬舎
¥782 (2019/08/25 09:20:17時点 Amazon調べ-詳細)

《影法師》

江戸時代、下級武士から筆頭家老にまで上り詰めた男とその竹馬の友の話です。

影の世界を生きた天才剣士の生き様を、光の世界を生きていく立場の目線で捉えています。

勘一と彦四郎、二人の男が織りなす友情と、お互いを尊敬しあっている関係が素敵に描かれています。

ここがポイント

心が震える時代小説です。

講談社
¥712 (2019/08/25 09:20:18時点 Amazon調べ-詳細)

《輝く夜》

清々しい感動溢れる、5編からなる短編集です。

どの話もクリスマスイブが舞台になっていて、現実では到底ありえないような、まさに奇跡的なものばかりなのです。

しかし読んでいて、何故か幸せな気分になってしまい、温かくて、ジーンとした気分に誘われてしまいます。

ここがポイント

しみじみと心が打たれる感動作品です。

¥540 (2019/08/25 09:20:18時点 Amazon調べ-詳細)

《幸福な生活》

最後の一行が衝撃的な18編からなる短編集です。

どの話も20ページ程度と短く最後のページは一行で会話だけになっています。

しかし、その最後の一行が大変怖かったり、すごく衝撃だったりするのです。

どちらかと言えば、恐怖系の話が多いですが、ほっこりとさせられる話もあります。

ここがポイント

スキマ時間に読むにはピッタリの作品です。

祥伝社
¥700 (2019/08/25 09:20:19時点 Amazon調べ-詳細)

《海賊とよばれた男 上・下》

ここがポイント

日本の為に、ありとあらゆる権力に立ち向かい、どれだけの非難を浴びようとも正義を貫いた一人の男の話です。

会社が苦しい状況にあっても、社員を家族同様に扱い、誰一人として辞めさせることなく、闘っていく精神に惚れ惚れしてしまいます。

また、島国、日本に居ながら、大陸的な視野を持ち、自分の前に次々に立ちはだかる敵に対して、ゆるぎない信念で立ち向かう姿も実に魅力的です。

出光佐三(国岡鐵造)は忘れかけていた、日本人の誇りと魂を思い起させてくれます。

講談社
¥810 (2019/08/25 09:20:19時点 Amazon調べ-詳細)
講談社
¥810 (2019/08/25 09:20:20時点 Amazon調べ-詳細)

《フォルトゥナの瞳》

突然、他人の死の運命を視る力を手に入れた、自動車塗装工の青年の話です。

不思議な力を持つが故に、命の重さを計ることを強いられる主人公の姿に、いろいろなことを考えさせられます。

ここがポイント

小さな選択や行動が人生を変えていて、人は先のことが分からないから、生きていけるのかもしれないと思ってしまいます。

やりきれない思いが残る作品です。

¥2,500 (2019/08/25 09:20:20時点 Amazon調べ-詳細)

《逃げる力》

百田氏独自の持論で、人生についての根本的な考え方を語る一冊です。

「逃げること」を肯定していて、逃げることは戦うことと同じくらいに積極的な行動なのだそうです。

負けを認めること、大変さや大事さが分かりやすく描かれています。

ここがポイント

長い人生の内には、人は迷ったり、立ち止まったりします、そんな時、少しだけ背中を押してくれて、心を軽くしてくれる作品です。

¥929 (2019/08/25 09:20:21時点 Amazon調べ-詳細)

《日本国記》

日本の成り立ちから、現在までを見事なまでに、まとめ上げられている作品です。

過去の歴史を知れば、いかに今が平和で、ありがたい時世であることが分かるし、過去のつまらない権利の主張は無駄であり、守るべきものは何なのかが見えてくるのです。

ここがポイント

確かに資源も乏しく、広大な領土でもないこの日本が、世界でも稀有な存在感を示しているのは、日本人の魂が基になっているからなのです。

日本の歴史の重みが心に響きます。

¥1,944 (2019/08/25 09:20:21時点 Amazon調べ-詳細)

《夏の騎士》

かけがえのない、少年時代をテーマにした話です。

今は43歳の主人公が31年前の小学生時代を回想する場面から物語は始まります。

友人二人と共に「騎士団」というグループを結成し、昭和最後の夏に発生した、少女殺害事件に挑んでいきます。

子供の頃だって、楽しいことばかりではないけれど、勇気を出して得たことは、大人になってからの人生の糧になるのかもしれないのです。

ここがポイント

郷愁を誘い、何かを教えてくれる作品です。

新潮社
¥1,512 (2019/08/25 09:40:10時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

まとめ

百田尚樹氏の作品はいかがでしたでしょうか。

まだ読んでいない作品がありましたら、是非この機会に読んでみてください。

きっとハマってしまうと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-おすすめ推理小説, おすすめ本

Copyright© サスペンスLIFE , 2019 All Rights Reserved.