サスペンス一覧(シチュエーション別) サスペンス一覧(作家別) サスペンス一覧(役者別) サスペンス原作本

思わず観たくなるサスペンス映画おすすめ7作品のご紹介

更新日:

サスペンス小説は映像化されているものもかなりあり、自分が小説の中で抱いていたイメージとは違ったものになっていることもあります。

映画によってはかなり簡素化されているものも有り、原作と少し違うかなと思うこともあります。

原作を読んでいるからこそ、映像で見る細かい部分にたいして比較しながら鑑賞するたのしみも広がっていきます。

自分のお気に入りの小説を室内で読むのもいいですが、たまには大迫力でお気に入りのサスペンスの映像を楽しんでみるのもいいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

思わず観たくなるサスペンス映画おすすめ7作品のご紹介

過去から現在に至るサスペンス映画のおすすめを厳選してご紹介させていただきます。

出演している俳優等の好みはひとそれぞれに違うと思いますが、その俳優の良さが遺憾無く発揮されている作品ばかりですのでお楽しみいただけると思います。

作品①『アンフェアthe end』

雪平夏美演じる篠原涼子の主演。

原作、秦建日子女史、3度目の映画化作品。

主人公の雪平の父親が亡くなった理由とか、何故雪平が警察官になったのかなどが解る作品です。

テレビドラマの衝撃が強いだけに、管理人自身、是非映画館で見たいと思い、映画館に出かけ、音響とか画面に圧倒されながらも、大いに楽しめた作品です。

作品②『凶悪』

実際に起こった事件「上申書殺人事件」の映画化作品です。

どんな役でもうまくこなしてくれる山田孝之主演です。

雑誌記者である藤井(山田孝之)が死刑囚からの手紙を受け取り取材し事件にのめりこんでいきます。

殺害シーンとかが相当えぐいので心してご覧になられた方がよろしいかと思います。

作品③『予告犯』

生田斗真主演作品です。

心通じる若者たちで引き起こす、警察・裁判では罰せらない、事象を彼ら自らの手法で裁いていく、世直し作品です。

しかし真の目的は別のところにあったのです。

果たしてその目的とは一体何だったのでしょうか。

作品④『僕だけがいない街』

藤原竜也主演作品です。

ピザ屋でアルバイトをしている売れない漫画家が突如小学生時代に、

タイムスリップするというストーリー展開になっています。

過去に殺害された母の真相を突き止めるべく現在と過去を行き来しながら、真相解明へと迫っていきます。

作品⑤『ヘルタースケルター』

沢尻エリカ主演作品です。

岡崎京子女史の同名コミックの映画化であり、全身整形を施した芸能界のトップスターが陥っていく姿を描いています。

自分を破壊し、その周りの人も破壊していく、ラストは不思議な結末でしたが、何かしら爽快感に浸れる作品です。

作品⑥『D坂の殺人事件』

推理小説の巨匠、江戸川乱歩氏の小説を映画化した作品です。

祥子主演です。

名探偵明智小五郎シリーズでD坂の大通りにある喫茶店で、語り手が明智小五郎と知り合うところから始まり、明智こそ犯人でないかと疑い始めるところから物語は展開していきます。

作品⑦『悪の教典』

伊藤英明主演作品です。

殺人の序章は主人公が両親を殺害するとこらから始まります。

数々の経歴を経てその後教師となった蓮実聖司こと伊藤英明が次々に自分に都合の悪い人間を殺害していくというストーリーで、かなりどぎついシーンの連続です。

スポンサーリンク

まとめ

小説・漫画等の人気作品が映画化され楽しみは広がっています。

マスメディアで大々的に宣伝されたり、友人のおすすめであったりと様々です。

今回は私なりにサスペンス映画に視点をあてて、おすすめをご紹介させていただきました。

各男優・女優の演技を大きな画面で楽しんでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-サスペンス一覧(シチュエーション別), サスペンス一覧(作家別), サスペンス一覧(役者別), サスペンス原作本

Copyright© サスペンスLIFE , 2019 All Rights Reserved.