おすすめ推理小説 サスペンス一覧(作家別) サスペンス原作本

人間の心理を巧みに描く!乃南アサの15作品をご紹介

バラエティーにとんだ作風で知られている、乃南アサ氏、その中でも当サイトおすすめの15作品をご紹介させていただきます。

ホラーミステリー、社会派小説、心理サスペンスなど、乃南氏の作風は多岐にわたっていて、その多才さが伺えます。

そしてどの分野の作品も本当に面白くて没頭して読んでしまいます。

スポンサーリンク

人間の心理を巧みに描く、乃南アサの15作品をご紹介

乃南氏は実際に刑務所などにも出向き、重い犯罪を犯した服役囚の姿も目の当たりに見ているのです。

そんな経験が作品にもかなり反映されていますので、かなり臨場感が味わえるのだと思います。

また、無類の相撲好きであり、早くから会場に入り、観戦しているようです。

やはり、目で見て触ってという風に経験することが、創作活動にも生かされているのではないでしょうか。

そんな乃南氏の選りすぐった15作品をご紹介させていただきます。

1、『幸福な朝食』

女性の心のずっとずっと奥のほうに持っている、「欲」に視点をあてている話です。

ここがポイント

一人の女性のゆっくりと、しかも確実に壊れていく姿が描かれていて、背筋も凍ってしまうようです。

こうも簡単に人間というものは壊れていくものなのでしょうか。

不気味さもありますが、切なさにも沈んでしまいそうになります。

乃南アサ氏のデビュー作です。

2、『微笑みがえし』

表面上は仲良しの女性4人組が、お互いのことを嫉妬したり見下したりする話です。

男同氏では分からない女性特有の心理描写が、うまく描かれています。

ここがポイント

ホラー顔負けのリアリティに満ちた展開であり、イッキ読み必至です。

人をどこまで許せるかがテーマのような作品です。

3、『風紋』上・下

女子高生にふりかかる様々な試練、殺された母親、家庭を顧みない父親、家庭内暴力を繰り返す予備校に通う姉の話が詰まっています。

ここがポイント

女性作家らしい細やかな描写の陰に、男性的な力強いストーリー展開になっているので、飽きることはありません。

見えない残酷な傷を負う家族に残されるものは何か、戸惑いしか残さされていないのでしょうか。

様々な思いが絡む合う、複雑な心境になる作品です。

4、『凍える牙』

殺人事件の真相を突き止めるために、警視庁の女性刑事、音道貴子が立ち上がる話です。

ここがポイント

歯車が合わない中年親父刑事とコンビを組まされることになるのですが、同じ目的を持って、挑んでいく二人は、やがて息も合ったコンビになっていくのが、分かります。

長編ですが、長さを感じさせないストーリー展開で、グイグイ引き込まれてしまいます。

直木賞受賞作品であり、物語の楽しさに浸ることができる一冊です。

5、『結婚詐欺師』上・下

40代のプロの男性結婚詐欺師が、一人の刑事によってじわりじわりと追い詰められていく話です。

ここがポイント

刑事の視点で話は進んでいき、結婚詐欺師の手の内も面白いほど堪能できます。

私は絶対騙されないという人ほど、危ないのかもしれません。

心理描写とキャラクター設定がうまくマッチしていて、とても楽しめる作品です。

6、『女刑事音道貴子 花散る頃の殺人』

6編からなる短編集で全体に無理のないストーリー展開で構成されていて、とても読みやすくなっています。

主人公の音道刑事の人となりの行動がコンパクトにまとめられているので、とても親しみが湧いてしまいます。

ここがポイント

何気ない平凡な日常の中に潜んでいる魔物のようなものが、見え隠れして人を不安に陥れてしまうことが分かります。

スキマ時間に読むには最高の短編集です。

7、『涙』上・下

結婚式を翌月に控えた女性が、一方的に別れを告げられた男性を追いかける切ない話です。

ここがポイント

ひたむきに真相を追い求める女性の姿があまりにもけなげで、何かしら心に迫ってくる寂しさを感じてしまいます。

それにしても、こうまでして、執着する女性の気持の真実が最後には明らかになっていくのです。

切なすぎる名作に間違いないと思います。

8、『未練ー女刑事音道貴子』

音道刑事が遭遇する、男同士の絆が無残に引き裂かれていく様子を描いた、表題作を含めた5編からなる短編集です。

事件に関わるたくさんの人間がとてもリアルに描かれていて、臨場感がタップリと味わえます。

ここがポイント

辛くて救いがなく、やりきれなさが残る話ばかりですが、それでも人は何かに救いを求めるものなのです。

心が揺れ動く短編集です。

9、『鎖』上・下

占い師夫婦と信者4人が惨殺された事件に、音道刑事が挑んでいく話です。

ここがポイント

またまた相方との相性が合わず、今度は単独で捜査をすることになるのですが、思いもよらぬ展開になります。

中盤から終盤にかけては、まさに手に汗握るような展開で目が離せません。

状況表現のリアリティさと人間の描写に、思わず引き込まれてしまう作品です。

10、『晩鐘』上・中・下

事件が起き、殺された遺族と加害者の家族にふりかかる話です。

同氏執筆の「風紋」の続編であり、あれから7年も経っているのにまだ、悲しみは収まらなかったのです。

ここがポイント

やはり、被害者側の家族も加害者側の家族も一生抱えていく問題だったのです。

月日が経ち、世間は忘れた事件でも、当事者たちには終わりは来ないのでしょうか。

たくさんの人に読んでいただきたい作品です。

11、『しゃぼん玉』

犯罪を犯した孤独な青年が逃げ込んだ先は過疎の村、そしてそこで青年が変貌を遂げていく話です。

不幸な家庭環境で育った人間は知らず知らずのうちに、自分の思惑とは逆の方向へ進んでいってしまうのでしょうか。

ここがポイント

寂しさゆえ、温かさがあれば、人間は何度でも立ち直ることができるということが分かります。

本当の優しさを与えられる人間こそ、すばらしい人間だと感じた作品です。

12、『風の墓碑銘』上・下

音道、滝沢の両刑事が登場するシリーズの第6作であり、白骨死体の発見から、認知症老人の殺害事件へと発展していく話です。

序盤はスローテンポで刺激に乏しかったのですが、中盤から終盤にかけては、独特の緊迫感のあるテンポでストーリーは展開していきます。

ここがポイント

二人共お互いに反発しながらも、一目置いている微妙な距離感が、何とも言えず好感を抱いてしまいます。

人物描写の巧みさが光る作品です。

13、『いつか陽のあたる場所で』

刑務所で知り合った二人の女性が、新しい人生を下町で始める話です。

下町での日常は初めて味わう、筒抜けな人情溢れる街であり、ささやかな幸せが味わえる街だったのです。

しかし自分たちの過ちは家族も巻き込んで、犠牲者にしていることも事実なのです。

ここがポイント

幸せはささやかなのが一番だと思える作品です。

14、『すれ違う背中を』

「いつか陽のあたる場所で」の続編であり、下町の生活にも慣れてきた二人に新たな出来事が起こる話です。

日常生活の中にあるささやかな幸せに、感謝しながら生きていく二人の姿が描かれています。

素敵な二人ではあるけれども犯した罪の償いは、この先も十字架を背負って生きていかなければならないことなのです。

ここがポイント

しかし、分かり合える人がそばにいることの、幸せも感じる作品です。

15、『地のはてから』上・下

極寒の地、北海道、知床で逞しく生きる開拓民の少女の話です。

読み進んでいくほどに、苦しくて、とても厳しくて、どうしようもない気持ちが溢れてきます。

ここがポイント

自然に生きるひと時の素晴らしさと、厳しさを味わうことで、人間の強さが備わっていくのが分かります。

その時代を生き抜くということの辛さが分かる作品です。

スポンサーリンク

まとめ

乃南アサ氏の作品のご紹介は、お楽しみ頂けましたでしょうか。

まだ、読んでいない作品がありましたら、是非この機会に読んでみて下さい。

きっとご満足いただけると思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-おすすめ推理小説, サスペンス一覧(作家別), サスペンス原作本

© 2021 サスペンスLIFE