おすすめ推理小説 サスペンス一覧(作家別) サスペンス原作本

【予想を裏切るラストに衝撃】歌野晶午のおすすめ20選をご紹介

更新日:

当サイトで厳選しました歌野氏のおすすめ作品20選をご紹介させていただきます。

大物ミステリー作家、島田荘司氏のお墨付きをもらった歌野氏は、「長い家の殺人」でデビューを果たします。

そして、本格ミステリー作家への階段を上り始め、2003年に発表した、「葉桜の季節に君を想うということ」で、ついに大ブレイクを果たします。

しかしここまで来る道のりの途中には作品に対するバッシングもあり、断筆していた時期もありましたが、見事に復活を遂げています。

スポンサーリンク

【予想を裏切るラストに衝撃】歌野晶午のおすすめ20選をご紹介

デビュー当時は本格的なミステリーを執筆していましたが、断筆後は「ROMMY越境者の夢」という最初の作品で、大胆な変身を遂げ、かなり異彩を放った作品を執筆するようになります。

それからは年に1~2冊のペースで新作を発表し続けています。

作風では【どんでん返し】といえば、歌野氏と言われるくらい、読者は騙されます。

さあ、歌野氏の仕掛けがいっぱい詰まった作品を20選ご紹介いたしますので、どうぞ楽しんでください。

1、『葉桜の季節に君を想うということ』

元私立探偵に持ち込まれた悪質極まりない霊感商法の調査を皮切りに、様々な話に発展していく物語です。

騙されることの連続でストーリーは展開していきます。

本当にたくさんの謎が詰まった作品であり、再読したくなる作品に間違いないと思います。

タイトルからはとても想像できない内容に驚愕すること間違いありません。

2、『ずっとあなたが好きでした』

13編からなる短編小説であり、単純な恋愛小説のように見えますが、実は歌野氏の仕掛けがたくさん隠されている作品なのです。

どの話もうまくまとまっていて、いつもの歌野氏らしいと読み進んでいくと、ラストの3話で驚愕します。

ただの恋愛小説ではなかったのです。いい意味で期待を裏切られる作品に間違いありません。

3、『密室殺人ゲーム王手飛車取り』

見ず知らずの5人がネット上で繰り広げるリアルな殺人ゲームに参加する話です。

章ごとに出題される趣の違う問題には悩まされますが、5人の掛け合いが大変面白く、その先が読みたくなります。

序盤から伏線はいたるところに張り巡らされていて、驚愕の連続です。

物足りなさが続くラストの終わり方も次作への伏線でしょうか。

4、『春から夏、やがて冬』

スーパーに勤める保安員が万引きした女を捕まえたところから、ストーリーは展開していきます。

人間の心の葛藤があらわに描かれていて救いようのない話なのかとおもいきや、思わぬ展開へ進んでいきます。

しかし、これほど人間味溢れたミステリーに出会うこともそうないと思います。

読み終えた後の衝撃が半端なくて呆然としてしまいます。

5、『ハッピーエンドにさよならを』

ハッピーエンドではない11編からなる短編集です。

様々なテイストが味わえる作品が詰まっていて飽きることがありません。

実際に現実で起こりそうな出来事ばかりなのですが、歌野氏らしさはどの作品にも健在しています。

読んだ後に恐怖を感じでしまう読者が多いようです。

6、『死体を買う男』

何とも気持ち悪いタイトルですが、かの江戸川乱歩と萩原朔太郎が探偵となり、自殺の真相を探るといった話です。

内容は大変合理的なストーリー展開になっていて、飽きることはありません。

乱歩と朔太郎もかなり魅力的に描かれているかと思いきや、意外にコミカルです。

アイデアをいっぱい詰め込んで最後にビシッと決める技は流石です。

7、『絶望ノート』

いじめを受けている中学2年生の生徒が日記として綴っている、「絶望ノート」がこの作品のすべてを物語っています。

最初は淡々といじめの実態を綴っているのかな、くらいで読んでいて、やるせなくなるのですが、途中から一気に加速してどんな思考で、こんなことが思いつくんだと、驚愕してしまいます。

最後まで翻弄されっぱなしの作品であり、結末の衝撃度はハンパないです。

8、『ディレクターズカット』

テレビ局のやらせ取材に視点をあてた作品です。

簡単に言えば若者の暴走と大人の暴走が引き起こす悲惨な話です。

悪意のない欲望がどこまで通用するのか、理性は消えてしまったのか、という難解な問題にもぶち当たります。

いずれにしても、後味の悪さはイヤミスを超えています。

9、『家守』

5編からなる短編集で、どの話も家をテーマにしています。

ストーリー展開に何かしらのアクセントを持たせていて、ボリューム感も多分にあります。

全体的に暗いイメージはあるものの、はずれがない描写に安心して読めてしまいます。

短編集でありながら、かなりの読みごたえがある作品です。

10、『ガラス張りの誘拐』

連続少女誘拐殺人事件の犯人が自殺して事件は終結したかのように思えたが、実はそうではなかった。

話は3部構成になっていて、最後まで読まないとつながりが分からないという仕掛けです。

読者をいい意味で裏切る常習犯の歌野氏、やはり何かあると思っていました。

ミステリーの楽しさを教えてくれる作品です。

11、『魔王城殺人事件』

小学校5年生の探偵団が主人公なり、死体消失事件に巻き込まれていくといった話です。

かなり、子供向けに書かれた作品のように思いますが大人も楽しめます。

子供のころはやはり、好奇心が旺盛で、「見たらダメ」とか「行ったらダメ」、みたいなことに対して、子供は反対のことをやりたがるものです。ドラマ化がされそうな作品です。

12、『密室殺人ゲーム2.0』

前作の「密室殺人ゲーム王手飛車取り」につづく2作目と思いきや、釈然としないまま物語は展開していきます。

中盤からようやく本筋にはいり、前作を逆手に取った流れになっていました。

前作以上の奇想天外なトリックが多く大いに楽しませてくれます。

最後の最後に驚きが隠されています。

13、『そして名探偵は生まれた』

難事件を解決したお礼に招かれた別荘で招待主が殺された。

そして、そこはクローズド・サークルであった。

そんな話を含めた3つの中編とボーナストラックからなるパズラー・ミステリーです。

かなり遊び心がある作品でブラックジョーク満載だったり、緊迫感が溢れたり、トリックが駆使されたりと、楽しませてくれます。

気が抜けない作品ばかりでおすすめです。

14、『正月十一日、鏡殺し』

歌野氏初の7編からなる短編集であり、日常に潜む陰湿な人間模様を描いた作品です。

大掛かりなトリックはありませんが、人間の心の闇に視点を当てています。

心理描写の秀逸さに見事に引き込まれ、臨場感がタップリと味わえる作品ばかりです。

イヤミス作品以上と言ってもまちがいないです。

15、『ジェシカが駆け抜けた七年間について』

人を陥れようとする計画に7年もの月日を要したする叙述ミステリー作品です。

心理的なトリックが駆使されていて、さらには時系列のトリックも使われています。

ミステリーを超えた上質なスポーツ的な読み物としても楽しめます。

タイトルのように七年間を駆け抜けた感覚に浸れる作品です。

16、『舞田ひとみ14歳、放課後ときどき探偵』

短編ミステリーが6編収められている、中学生になった舞田ひとみが、メインとなって活躍する話です。

同級生を含む3人の周りで起こる事件にいろいろな視点から関わっていきます。

タイトルから結構ゆるいミステリーのように思われがちですが、なかなか結構シリアスな内容になっています。次作にも期待を馳せる作品です。

17、『放浪探偵と七つの殺人』

8編の傑作短編を収録したミステリーです。

全般的にコンパクトにまとめられていて、ちょっとしたスキマ時間に読むにはピッタリです。

快適なほどに騙されるトリックは健在で、快感さえ感じてしまいます。

異なる楽しみ方ができて、納得できるオチやテンポの良さにもしっくりくる作品です。

18、『世界の終わり、あるいは始まり』

連続する誘拐殺人事件に我が子が関わっているのではないかと懸念を抱く父親。

そしてその不安が段々と大きく膨れ上がっていく、親子のコミュニケーションの問題なのか。

現実と妄想の間に渦巻く、疑念の気持ちが明確に分かってきます。

一味違う歌野作品が堪能できます。

19、『さらわれたい女』

借金だらけの便利屋を訪ねたのは美しい人妻、「私を誘拐してください」という奇妙な依頼。

引き受けたはいいが、やがてその依頼がとんでもないことに発展していく。

人間の表と裏の心理を描いた作品であり、結末への展開は驚きの連続です。

歌野氏の隠れた名作の一つです。

20、『ROMMY越境者の夢』

歌手のROMMYが絞殺死体で発見され、さらにその死体が切り刻まれてしまった。

ストーリー展開は大変テンポが良く、様々な謎や違和感もラストでスッキリ解消されます。

驚きの展開から切ないテーマにたどり着いた途端、悲しさと感動が溢れてきます。

歌野氏、起死回生の作品でもあり、気持ちよく騙される作品です。

スポンサーリンク

まとめ

テンポがよく、さらさら読めるミステリーでありながら、2転3転は当たり前、さらにその先にも驚愕の展開。

そうです、それが歌野晶午なのです。

選りすぐりの20選をご紹介させていただきました。

ミステリーの世界にどっぷりと浸って騙されてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-おすすめ推理小説, サスペンス一覧(作家別), サスペンス原作本

Copyright© サスペンスLIFE , 2019 All Rights Reserved.