おすすめ本 サスペンス一覧(作家別)

高村薫おすすめ作品11選をご紹介~形のないものを言葉で描く~

当サイトが厳選した、高村薫氏のおすすめ作品を11選ご紹介させていただきます。

大学卒業後、外資系商社勤務を経て、執筆活動に専念します。

1990年、金塊強奪計画を描いた「黄金を抱いて翔べ」という作品で日本推理サスペンス大賞を受賞し、作家デビューを果たします。

スポンサーリンク

高村薫おすすめ作品11選をご紹介~形のないものを言葉で描く~

その後も数々の作品を発表し、リアリティに満ちた社会派ミステリー作家としての地位を確立していきます。

文体も作風も硬質であり、女流作家をイメージさせないところが、高村氏の特徴なのです。

また、描写力の確かさに定評があり、映像化された作品も数多く、生み出しています。

そんな高村薫氏のおすすめの作品を11選ご紹介いたしますので、お楽しみください。

『黄金を抱いて翔べ』

大阪の街でしたたかに生きる6人の男たちによる、金塊強奪計画の話です。

魅力ある登場人物達がそれぞれの個性を発揮して、犯罪の準備に臨んでいく姿は、何かに憑りつかれたようにも見えます。

ここがポイント

男たちをそこまで突き動かすものは、一体何なのだろうか・・・。

それぞれの生い立ちや運命が絡み合い、世の中の不条理への反逆が形となって、計画は進んでいきます。

サスペンスフルな語り口に圧倒される作品です。

¥649 (2019/11/20 11:45:30時点 Amazon調べ-詳細)

『わが手に拳銃を』

裏社会で生きる、銃に取り憑かれた男たちが、非常な戦いにのめり込んでいく話です。

文章の迫力もさることながら、旋盤作業や拳銃の解体手順なども事細かに描かれています。

残虐な描写や暴虐シーンはあまりありませんが、紛れもなく、ハードボイルド作品です。

ここがポイント

見事に闇社会の冷酷を描いている作品です。

¥130 (2019/11/20 11:45:31時点 Amazon調べ-詳細)

『リヴィエラを撃て』上・下

リヴィエラというコードネームを持つ男と彼が関わったある機密書類を巡る事件の話です。

殆どがイギリスが舞台で、中国政府や日本の警察、外務省なども絡んで、血で血を洗う謀略合戦が繰り広げられます。

表の顔と裏の顔、敵と味方の区別も分からないくらいに混乱してしまいます。

ここがポイント

男たちの熱き戦いが見れる作品です。

¥781 (2019/11/20 11:45:32時点 Amazon調べ-詳細)
¥693 (2019/11/20 11:45:33時点 Amazon調べ-詳細)

『マークスの山』

合田雄一郎刑事シリーズの第一弾で、過去に「アルプス」で起きた事件から、被疑者、被害者、刑事やその他の関係者に視点をおいて、描かれている話です。

警察内部の描写や捜査、犯行の推理の一つひとつに、心が踊らされてしまいます。

ここがポイント

人間描写が凄く巧妙で、謎に包まれた事実を読む者の興味を高めながら、次々に明らかにしていく様は見事です。

濃いミステリーが堪能できる作品です。

『地を這う虫』

元刑事を主人公にした4編からなる短編集です。

今は別の職業に就いている、元刑事が、ふとした事件をきっかけに刑事本能が目覚めていきます。

しかし、結局、周囲の人間模様の闇の中に埋没してしまうのです。

ここがポイント

出過ぎた演出を意識的に排して、目の前の道を地道に生きていくしかないのです。

生きていくことの困難さが分かる作品です。

¥524 (2019/11/20 11:45:34時点 Amazon調べ-詳細)

『照柿』上・下

合田雄一郎刑事シリーズの第二弾で、一人の人妻に心を奪われ、理性を失い、道を踏み外していく男二人の話です。

ここがポイント

男女間の執着心や嫉妬心が中心に描かれていて、狂い墜ちていく心情に圧倒されてしまいます。

作品全体から伝わる熱気は凄まじく、閉鎖された工場の炉の色と、そこから想定される照柿色が徐々に男の神経を蝕んでいきます。

緊張感や緊迫感に痺れる作品です。

¥693 (2019/11/20 11:45:35時点 Amazon調べ-詳細)
¥649 (2019/11/20 11:45:36時点 Amazon調べ-詳細)

『レディ・ジョーカー』上・中・下

合田雄一郎刑事シリーズの第三弾で、大手ビール会社を狙った、企業テロの話です。

多少のアレンジはありますが、グリコ森永事件をかなり忠実にプロットしていて、内部犯行説の解釈で描かれています。

実際の事件もこうだったのではないかと思わせるリアルさもあり、目が離せなくなるほどの怒涛の展開です。

ここがポイント

レディ・ジョーカーというタイトルの秀逸さに納得してしまう作品です。

¥825 (2019/11/20 11:45:37時点 Amazon調べ-詳細)
¥869 (2019/11/20 11:45:37時点 Amazon調べ-詳細)
¥781 (2019/11/20 11:45:38時点 Amazon調べ-詳細)

『李

複雑な心情を抱えた青年が、一人の殺し屋と出会い、数奇な運命を辿る話です。

現実にはあり得ない、幻のような展開ですが、精緻な描写力に感動してしまいます。

ここがポイント

非常な裏社会と表の日常の社会、そして、矛盾と複雑さを抱えた主人公の心情が丁寧に描かれています。

壮大な男たちのロマンに浸れる作品です。

¥847 (2019/11/20 11:45:39時点 Amazon調べ-詳細)

『空海』

高村薫氏による空海の姿を綴る話です。

当時の人々にとって、宗教は何だったのか、そしてどう変貌していったのかが、分かりやすく解説されています。

カメラ映像の70点と共に半分が紀行文で構成されています。

ここがポイント

宗教というものにどう向き合ったらいいのか、改めて考えさせられる作品です。

¥1,980 (2019/11/20 11:45:40時点 Amazon調べ-詳細)

『太陽を曳く馬』上・下

合田雄一郎刑事シリーズの第四弾で、理由なき殺人事件の世情を踏まえ、宗教と真っ向から対峙する話です。

今までの合田シリーズとは少し趣が異なり、事件解決云々よりも、宗教学云々といった感じで、ストーリーは展開していきます。

宗教としての強度を孕んだオウム真理教と、もはや強度を持ち得なくなった伝統仏教の対比が描かれています。

ここがポイント

もはや小説の枠を超えている作品です。

¥1,980 (2019/11/20 11:45:40時点 Amazon調べ-詳細)
¥1,980 (2019/11/20 11:45:41時点 Amazon調べ-詳細)

『冷血』上・下

合田雄一郎刑事シリーズの第五弾で、2002年、クリスマス前夜、東京郊外で起こった医師一家殺人事件の話です。

序盤は犯行から逮捕されるまでを描いていて、中盤から終盤に至っては犯人の取り調べという展開で、話は進んでいきます。

ここがポイント

検察に送るための詳細な取り調べの中で、動機や犯意の解明をしていきますが、明らかにならず、不条理さを覚えます。

とにかく、圧倒される作品です。

¥781 (2019/11/20 11:45:42時点 Amazon調べ-詳細)
¥737 (2019/11/20 11:45:43時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

まとめ

高村薫氏の作品はいかがでしたでしょうか。

まだ読んでいない作品がありましたら、是非この機会に読んでみてください。

高村氏の良さが堪能できると思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-おすすめ本, サスペンス一覧(作家別)

Copyright© サスペンスLIFE , 2019 All Rights Reserved.