おすすめ推理小説 サスペンス一覧(作家別)

五十嵐貴久おすすめの11選をご紹介~幅広い作風で魅了する~

更新日:

当サイト厳選の五十嵐貴久氏のおすすめの作品11選をご紹介させていただきます。

五十嵐氏は気分が紛れるからという理由で、日中は家の中で仕事をするよりも外(喫茶店等)で仕事をすることが多いとのことです。

そして大学ノートにしたためたその原稿を家で推敲しながらパソコンに打ち込んでいくそうです。

毎月のように新刊を出しているので、さぞかし忙しいと思いきや、「明日できることは、明日に回す」主義のようです。

スポンサーリンク

五十嵐貴久おすすめの11選をご紹介~幅広い作風で魅了する~

自宅の仕事部屋には余分なものは一切置かない主義のようで、過去の資料とか読んだ本はよほどのことがない限り処分しているようです。

面白いと思った映画に刺激を受けることも多く、週に2~3本は昔の映画を観るとのことです。

映画好きなところも相成って、エンターテイメントに富んでいる、ジャンルレスな作品を発表し続けています。

そんな五十嵐貴久氏のおすすめの作品を刊行順に11選ご紹介いたしますので楽しんでください。

《リカ》

出会い系で知り合った顔も分からない、リカという女に付きまとわれる男の話。

最初は順調に思えた関係が徐々におかしな方向へと進んでいきます。

逃げ場もなく追い詰められていく主人公。

そしてリカはもはや人間の域を超えた憎しみや怨み、そして妬みから生まれた化け物と化してしまうのです。

想像したくないホラー作品です。

《交渉人》

コンビニ強盗をした三人組の犯人が、人質五十人を盾に病院に立て籠もる話。

序盤はネゴシエーターのスペシャリストの石田警視正の巧みな誘導がメインで展開していきます。

終盤にかけては犯人逃走から発生する人質の殺害等衝撃の真実が明かされていきます。

社会への問題提起もあって楽しめます。

《1985年の奇跡》

1985年を背景にした弱小野球部の奇跡の躍進の話。

弱小野球部にスーパー高校生のエースが入部したことにより、公式戦未勝利の野球部が甲子園を目指していきます。

序盤は単なる青春根性もののような話なのですが、終盤にかけては加速度的に軽快なテンポとユーモアで心の襞をくすぐる物語へと展開していきます。

エンタメの見本のような作品です。

《Fake》

興信所の調査員たちが依頼された浪人生のセンター試験で合格させるために完璧なカンニングをさせるが、実はそれは罠だった話。

そして騙された調査員たちは依頼者への復讐を企て、10億円をかけたポーカー勝負にでます。

登場人物のキャラクターも分かりやすくテンポよく、進む展開もうまく描かれています。

そして圧巻は最後のどんでん返し。ハラハラさせられますが面白く読める作品です。

《2005年のロケットボーイズ》

超小型人工衛星の制作に挑む、工業高校生たちの笑いや涙を結集した圧倒的青春物語。

主人公をはじめ登場人物たちの大半は、ハミ出し者で、その連中が一弾となって駆け抜ける姿は最高です。

青春を謳歌する主人公達が、羨ましく思えるロマンのある作品です。

《誘拐》

誘拐犯と警察の行き詰まる攻防を描いた話。

現職総理大臣の孫が誘拐され、犯人は旅行代理店を辞めたばかりの男。

そして男が出した要求に、政府は混乱の渦に巻き込まれていきます。

動機は身代金目的なのか、復讐なのか、はたまた政治的目的が本位なのだろうか。

手口は決して現実的とは言い難いですが、先のことを読みたくさせるプロットです。

《誰でもよかった》

渋谷駅前のスクランブル交差点で突然発生した無差別殺人の話。

殺人方法もかなり強烈で話に圧倒されそうになります。

実際にあった秋葉原の事件を思い出してしまいます。

犯人は人質を取り、近くの喫茶店に立てこもり、交渉人が指揮をとり犯人に挑んでいきます。

タイトルが表す真意がわかる作品です。

《リターン》

関係者を震撼させた「リカ」の事件から10年が経ち、またあのリカが動き出す話。

ブランクを全く感じさせないリカの化け物ぶりは健在であり、歪んだ愛情を持ち、独自の倫理と世界で生きています。

今回は警察組織とリカの対決で、リカを追い詰めていく展開は興味深く描かれています。

やはり怖すぎます。

《贖い》上・下

東京・埼玉・愛知の三つの場所で発生する幼児の殺害事件の話。

被害者の年齢も性別も違う三件の事件が、やがて一つの共通点から繋がっていきます。

捜査線上に浮かんだ犯人の像は、周りの誰もがイイ人だと評する定年間際の男性。

何十年も前の出来事が、関わった人たちの人生を狂わせてしまうことがあるのです。

何かやるせなくなってしまう作品です。

《炎の塔》

高さ450mを誇る日本一の超高層ビルで大火災が発生し、消防士たちが命を賭して消火と救助活動に挑む話。

映画「タワーリング・インフェルノ」にインスパイアされた話であり、映画を観ているような臨場感があります。

まさかの消火方法には驚きますが、伏線がうまく張られていて無理がなく、最後まで緊張感が途切れません。

読んで良かったと思える作品です。

《リバース》

あの「リカ」の生い立ちが家政婦の幸子の視点で描かれて、語り口調形式で進んでいく話。

一見すれば幸せそうな家族なのに、その奥底には計り知れない恐怖が蔓延していたのです。

いかにして「リカ」という人間が育てられたか、どういう少女時代を過ごしたのかが分かります。

シリーズの中では一番怖さが滲み出てくる作品です。

スポンサーリンク

まとめ

多彩な作風の五十嵐貴久氏の作品はいかがでしたでしょうか。

まだ読んでいない作品がありましたらこの機会に是非読んでみてください。

きっと気に入っていただけると思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-おすすめ推理小説, サスペンス一覧(作家別)

Copyright© サスペンスLIFE , 2019 All Rights Reserved.