おすすめ推理小説 サスペンス一覧(作家別) サスペンス原作本

辻村深月のおすすめ20作品をご紹介~若者の揺れ動く心を描く~

辻村深月氏の魅力がギッシリ詰まった、おすすめの20作品をご紹介させていただきます。

若者に絶大な人気を誇る辻村氏の作品は思春期の切ない気持を、透明感のある文章で表現していて、とても読みやすくなっています。

ハッピーエンドの作品が多数あり、読後感を爽快にしてくれます。

スポンサーリンク

辻村深月のおすすめ20作品をご紹介~若者の揺れ動く心を描く~

幼い頃から読書好きであり、特にミステリーに興味があったようで、「シャーロック・ホームズ」シリーズや「少年探偵団」シリーズを読み漁っていたそうです。

デビュー作である『冷たい校舎の時は止まる』は何と、高校生の時から書き始め、大学4年間でやっと完成した作品であり、第31回メフィスト賞を受賞しています。

そんな辻村氏の選りすぐった20作品をどうぞご堪能下さい。

1、『冷たい校舎の時は止まる  上・下』

雪の日に学校に閉じ込められた8人の高校生、不安の中、2ヶ月前に自殺があった事件を思い出してしまう話です。

じわりじわりと真相に迫っていく展開は、手に汗握るようでとても緊張してしまいます。

青春、友情など、その世代の葛藤が丁寧に描かれていて、長編ですが飽きることなく読み進んでいけます。

最後にすべてがつながり、謎が解明されます。

辻村氏のデビュー作であり、メフィスト賞を受賞してます。

2、『凍りのくじら』

藤子・F・不二雄を崇拝する父親が失踪して5年の月日が流れ、高校生になった娘に降りかかる様々な出来事。

主人公が出会いと別れを繰り返すことによって、自分の居場所を見つけていき、周囲の人と向き合っていきます。

ドラえもんのアイテムに物語がうまくはまり込んでいるのが、なるほどと感心してしまいます。

とても温かい気持ちになれる、不思議な作品です。

3、『ぼくのメジャースプーン』

主人公の小学4年生の「ぼく」が通う小学校で起きた事件がきっかけで、クラスメートが心を閉ざしてしまう話です。

果たして主人公はそのクラスメートの心を開くことができるのでしょうか。

悪意に立ち向かい、復讐とは何か、善悪の判断は何をもってするのかということを考えさせられます。

罪悪感と愛は紙一重であると感じる作品です。

4、『名前探しの放課後 上・下』

同級生の自殺をめぐり、タイムスリップしてきた主人公の高校生にふりかかる話です。

序盤は高校生の清々しさや友情が感じられ、青春ミステリーのような展開で話は進んでいきます。

中盤から終盤にかけての怒涛の展開は想像をはるかに超えています。

読み終わった後に満足感がこみ上げてきます。

5、『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』

閉鎖的な田舎で発生したある事件をきっかけに、幼馴染の二人の女性が交錯していく話です。

一人は母親を殺害し、もう一人はその彼女を追いかける、女性同士の距離感が細かく表現されています。

女性の感情が怖い位リアルに描かれていて、ノンフィクションではないかと錯覚してしまいます。

辻村氏の作品としては珍しく、苦しい気持ちになる作品です。

6、『ツナグ』

死者と生者を一度だけ引き合わせることができるという、不思議な内容が詰まった5編からなる連作短編集です。

自分が会いたいと思っている、亡くなった人は本当に自分と会うことを望んでいるのだろうか。

様々なことを考えさせられ、今を大事に生きることが大切なのが分かります。

相手を思いやることを痛切に感じる作品です。

7、『本日は大安なり』

大安の日にホテルで行われるの4組の結婚式をそれにかかわる人たちの視点で捉えた話です。

幸せいっぱいの話かとおもいきや、いろいろな複雑なことが重なり合って最後まで気が抜けません。

結婚式に出席した、いろいろな家族の形が見られて臨場感が味わえます。

最後には温かい気持ちにしてくれる作品です。

8、『オーダーメイド殺人クラブ』

中学2年の女子生徒が同じ中学2年の男子生徒に殺人を依頼する話です。

中学生の危なっかしい心の中がとてもリアルに描かれていて、思わず自分の中学時代に照らし合わせてしまいます。

作品の終盤まで重くいき苦しい展開が続いていきますが、何故か感性に共感してしまいます。

素敵な最後に乾杯したくなる作品です。

9、『水底フェスタ』

閉鎖的な田舎の高校生と都会から舞い戻ってきた美しい女性が織りなす話です。

単純な男女の恋の話かとおもいきや、想像を超えた異常な事実が次々に浮き彫りになっていきます。

辻村氏には珍しく性描写もガッツリとあり、許せない行為の伏線のように感じました。

先の読めない展開と、タップリのリアリティ感で楽しめる作品です。

10、『鍵のない夢を見る』

5編からなる短編集で、それぞれのストーリーが日常で起こりそうで起こらないような話です。

どの話も犯罪をテーマにしていて、女性目線で描かれているのが新鮮に思えます。

追い詰められる女性心理が見事に表現されていて、女性の弱い部分と汚い部分が炸裂します。

第147回直木賞受賞作品にふさわしい作品だと思います。

11、『島はぼくらと』

瀬戸内海に浮かぶ島の高校生4人組と島に来た青年が出会う話です。

今どきの感覚と島独自の感覚を持ち合わせている高校生は純粋であり、好感がもてます。

島特有のしがらみや軋轢も描かれていて、臨場感がタップリと味わえます。

胸が熱くなる作品です。

12、『朝が来る』

養子を貰った者と渡した者を描いた話です。

渡した側からの突然の電話に戸惑ってしまう、貰った母親の心情が痛いほどわかります。

どちらの母親の目線にたっても、とても苦しくなってしまいます。

いろいろな形の家族があっても、いいのではないかと思える作品です。

13、『かがみの孤城』

突然部屋のかがみが光りだして、不思議な世界に魅せられていく不登校児の話です。

かがみの中の世界には自分と似た境遇の人間が7人も居たのです。

子供たちの不安や苦しさが、ひしひしと伝わってきてやるせなさが残ります。

待を裏切らない、読んで良かったと称賛する声が多い作品です。

14、『スロウハイツの神様 上・下』

スロウハイツというアパートで共同生活を送っていた、6人に色々なことがふりかかる話です。

独特な個性に溢れた者たちが織りなす日々の行動は読んでいても、とても楽しく感じてしまいます。

中盤から終盤に向けての怒涛の展開はある意味、序盤の伏線ともいえるような感じです。

心に温かさが感じる作品です。

15、『サクラ咲く』

3編からなる短編集で、中高生の気持ちを素直に描いている話です。

内容的には連作短編のように、ほのかにつながっていて、学校という世界の楽しさを味合わせてくれます。

はらはらドキドキして胸にグッときて、学生時代に戻りたくなってしまいます。

多感な時期にもう一歩踏み出す勇気をくれる作品です。

16、『家族シアター』

全7編からなる家族の物語です。

様々な家族の生きざまをいろいろな視点から捉えていて、実に愛情に満ちあふれています。

平凡な日常にありそうな話ですので身近に感じるだけではなく、心に響きます。

家族に接する温かさと難しさを教えてくれる作品です。

17、『光待つ場所へ』

3編からなるスピンオフ短編集であり、他の作品を読んでいなくても十分楽しめます。

青春の楽しい思い出や苦い記憶を思い出させてくれます。

人間はそれぞれいろいろな思いを抱えて生きているのが分かります。

勇気と希望を与えてくれる作品です。

18、『青空と逃げる』

不倫していた父親が交通事故に遭い、残された家族が逃げるという何とも分からない話です。

本当は何が起こったのか、事実はどうなっているのか、結末が気になります。

逃避行の途中に旅先で出会う人たちの優しさが、身に染みるのが唯一の救いとなります。

他人に対する信頼を捨てない気持ちも大事なことが分かります。

19、『ロードムービー』

辻村氏のデビュー作「冷たい校舎の時は止まる」の5編からなるスピンオフ短編集です。

小中学生が心に不安を抱えながらも、切なく成長していく様子がうまく描かれています。

今、自分がやるべきことは何なのか、それぞれのひたむきさに惚れ惚れしてしまいます。

不思議な読後感に浸れる作品です。

20、『太陽の坐る場所』

高校時代のクラス会があっても来ない、今は人気女優となった一人の女性に視点をあてた話です。

引きずっている過去、さまざまな気持ちが交錯する中、飽きさせない展開で話は進んでいきます。

自分が生きてきた過去の光と闇が、あからさまに分かるような感覚に陥ってしまいます。

周りに流されない、芯の強い人間になりたいと思う作品です。

スポンサーリンク

まとめ

辻村深月氏のおすすめ20作品はいかがでしたでしょうか。

自分の青春時代を懐かしく振り返れた作品もあったと思います。

もう一度戻れるなら、あのキラキラ輝いていた時代に戻りたい。

そんなあなた、どっぷりと辻村作品に浸ってください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-おすすめ推理小説, サスペンス一覧(作家別), サスペンス原作本

Copyright© サスペンスLIFE , 2019 All Rights Reserved.