サスペンス一覧(作家別)

【内田康夫】浅見光彦シリーズの魅力を語る~その①~

更新日:

スポンサーリンク

はじめに

私が特に好きな作家の一人として、内田康夫氏がいます。

その中でも同氏の『浅見光彦シリーズ』は書籍・二時間サスペンスは”全て”見ております。

そんな浅見光彦ファンとして、内田康夫氏・浅見光彦シリーズに関して語ってみようと思います。

私が内田康夫に出会ったきっかけ

「死者の木霊」を自費出版で出して好評を得た内田康夫氏は其の後商業ベースとなる「後鳥羽伝説殺人事件」の発刊となるわけですが、私が内田氏の作品を初めて手にしたのは「平家伝説殺人事件」でした。

今までのミステリーにはない何か引き込まれるものがあり、その日のうちに読みきったのを今でも覚えています。週末に書店に行き、内田康夫氏の作品を3冊ほど買い込み、それもすぐに読み終わりまた次の作品を週末に探すといった具合でした。

当初の頃の内田氏の作品は○○伝説殺人事件というものが結構あり、日本の各地に伝わる伝説を題材にしたものなのかと思っていましたが、私なりにそれは内田氏の読者を自分のミステリー引き込むための布石だったのではないかと思うようになりました。

其の後あまり○○伝説殺人事件という題目はなくなりましたが、もうすでに、内田氏のファンは確立されていたのです。内田マジックです。私もそのうちのひとりです。

浅見光彦シリーズの魅力とは?

内田氏の浅見光彦シリーズは大好きで、中でも事件に出くわした時、地元の警察の刑事に犯人と疑われ、ひどい扱いをされ、職業は?と聞かれ「ルポライター」ですと答え、ゴシップ誌のそれと勘違いされ、怪しいがられ、身元紹介をするといわれ、それはやめてくださいと慌てて言うと、相手の刑事にますます怪しまれ、ひとり残されて待つあいだの彼の心境は母親の「光彦、あなた、また事件にくびを突っ込んでお兄様に迷惑をかけないでね」ということが一番の気がかりであった。

其の後、身元調査を調べに行った刑事が戻ってくるのであるが明らかに身元紹介へ行く前と様子が異なり警察署長までがにこやかな顔で「浅見陽一郎刑事局長様の弟様であるなら最初から仰って頂ければよろしかったですのに」と大変丁寧な扱いを受ける。「兄は兄ですので、」という場面が一番好きなところです。

何か日本の警察の上下関係をあからさまに表現していて、旧態依然の体制のままなのかという思いです。

浅見光彦の主人公像

いままでのテレビに登場した浅見光彦役は、
・篠田三郎
・国広富之
・水谷豊
・沢村一樹
・辰巳琢郎
・榎木孝明
・高嶋政伸
・速水もこみち
・中村俊介  の面々ですが、

私が原作に一番近いと思うのが中村俊介ではないかと思います。

ただ、水谷豊の語り口調は捨てがたいものがありました。

スポンサーリンク

まとめ

今回の記事は、内田康夫氏の作品を書店で初めて手にしたのがきっかけで、

私が浅見光彦シリーズにのめりこんだ経緯を少々語ってみました。

まだまだ語り尽くせない魅力を次回以降も少しづつご紹介していこうと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-サスペンス一覧(作家別)

Copyright© サスペンスLIFE , 2019 All Rights Reserved.