おすすめ推理小説 サスペンス一覧(作家別) サスペンス原作本 医療もの

知念実希人おすすめ10作品のご紹介~ミステリーと医療の融合~

スピード感溢れる、知念実希人氏のおすすめの10作品をご紹介させていただきます。

内科医のかたわら2011年「誰がための刃 レゾンデートル」という作品で、第4回ばらのまち福山ミステリー新人賞を受賞し、翌年に同作で、作家デビューを果たします。

知念氏は執筆スピードもかなり速いことで有名で、次々に新作を発表し続けています。

スポンサーリンク

知念実希人おすすめ10作品のご紹介~ミステリーと医療の融合~

現役の医師と作家という二束のわらじを履いているにも拘わらず、その作品の緻密さには感服してしまいます。

また、現役医師という事もあり、医療現場の描写もリアリティさが発揮されていて臨場感が味わえます。

本人曰く「医者としての経験が、作家としての自分を鍛えてくれたところも大きい」と語っています。

そんな知念氏のおすすめの作品を10選ご紹介させていただきますのでお楽しみ下さい。

1、『誰がための刃 レゾンデートル』

末期癌に侵された若い男性外科医が、連続殺人鬼の「ジャック」と関わっていく話です。

ここがポイント

まるでハードボイルド作品のような展開であり、主人公のカッコよさに惚れ惚れしてしまいます。

終盤は焦燥感に駆られて、登場人物に感情移入してしまいそうな感覚に陥りそうになり、物語の中へと引きづりこまれそうになってしまいます。

知念氏のデビュー作であり、精神を鍛えてくれる作品です。

2、『天久鷹央の推理カルテ』

天才女医が、診断困難な患者の病気の謎を解き明かしていく、4話が収録された短編集です。

ここがポイント

病院内で起こる不思議な現象や、患者の謎を解明していくというストーリーで、物語は展開していきます。

現役の医師の知念氏らしく、医学的要素が程よく加えられているので、医療のことも良く分かり楽しめます。

軽快なテンポで、読むことができる作品です。

3、『仮面病棟』

ここがポイント

療養型病院を舞台にした、クローズドサークルミステリーです。

ひとつの謎が終わると、またひとつの謎という風な展開が続き、飽きることなく、目が離せなくなってしまいます。

二転三転する状況と、心理戦にハラハラ感が半端なくドキドキ感も満載です。

ノンストップで、読んでしまう程、楽しめる作品です。

4、『黒猫の小夜曲』

黒猫に姿を変えた死神が、未練を残す地縛霊を開放していく話です。

色々なトリックが散りばめられているので、謎解きが好きな方は、かなり楽しむことができます。

ここがポイント

それぞれのストーリーが深くつながっていて、まさかの展開にるのですが、最後のどんでん返しに唖然となってしまいます。

ほろりとなるラストが、待っている作品です。

5、『神酒クリニックで乾杯を』

医療ミスで職場を追われた主人公の医師が、謎のクリニックで謎の仲間と共に事件解決に挑む話です。

医療現場なのに、派手なアクションシーンとかがあり、ストーリーもテンポよく展開していきます。

ここがポイント

まるでコミックを読んでいるような軽快さで、サラッと読めてしまいます。

メディカル・エンタメミステリー作品です。

6、『白銀の逃亡者』

致死率95%の奇病である感染症から、生還したヴァリアントたちの話です。

医療と政治をうまく絡めた内容で、ストーリーは展開していきます。

ここがポイント

手術とかの描写は専門的な知識に裏打ちされた、緻密な構成であり、医療知識が無くても楽しむことができます。

大変スピード感にあふれていて、ワクワクした展開が連続する作品です。

7.『あなたのための誘拐』

謎の犯罪者ゲームマスターと、警察を追われた刑事のリベンジマッチの話です。

ここがポイン

序盤は推理ゲームのような展開が続き、中盤からは高揚感が途切ない緊張の連続となります。

その後の展開も二転三転しますが、最後には予期せぬ驚愕の結果が待ち受けているのです。

あまりにも、ラストが怖すぎです。

¥702 (2022/05/27 21:46:17時点 Amazon調べ-詳細)

8、『時限病棟』

廃病院が舞台となっていて、5人の男女が、6時間以内にそこからの脱出を強いられるゲームのような話です。

ここがポイント

せまりくるタイムリミット、その焦りで登場人物が疑心暗鬼な様相を示してくるので、興奮度は高まっていきます。

想像を超える展開が、数度繰り返されて目が離せなくなり、徐々に真相が明らかになっていきます。

登場するピエロが、不気味で怖すぎます。

9、『屋上のテロリスト』

ポツダム宣言を受諾しなかった日本は、東西に分断され、そして70年後、女子高生が首謀するテロに巻き込まれていく話です。

ここがポイント

数々の場面が同時に展開されていきますが、複雑に絡まっているわけではないので、テンポもよく、楽しめます。

エピソードが入り乱れますが、スピード感があり、キビキビとした展開になっています。

待ち受ける衝撃と、感動のラストに、エンターテインメントを感じてしまう作品です。

10、『崩れる脳を抱きしめて』

病院実習生の医師が、脳腫瘍を患う女性との間に心を通わせていく話です。

ハッピーエンドに進んでいくと思いきや、実は裏に衝撃の真相が隠されていて、あたたかな表面から逃れていってしまうのです。

ここがポイント

トリックも仕込まれていて、最後の最後まで読めない展開になっています。

二転三転しますが、読後感のいい素敵なラストになっています。

スポンサーリンク

まとめ

知念実希人氏の作品のご紹介は、お楽しみ頂けましたでしょうか。

スピーディーな展開で、イッキ読みしてしまうくらい面白い作品の数々。

そんな知念氏のミステリーにはまっていただけたでしょうか。

これからもたくさんの面白い作品を心待ちにしてしまいます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-おすすめ推理小説, サスペンス一覧(作家別), サスペンス原作本, 医療もの

© 2022 サスペンスLIFE